HOME > NEWS&TOPICS一覧 > ジャパンビジネスモデルコンペティション新潟ラウンド開催

ジャパンビジネスモデルコンペティション新潟ラウンド開催

2016/11/28 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, IM ニュース, IR ニュース, カテゴリーなし, クローズアップ, ニュース, 告知 ] [作成者:

2016年11月27日(日)、長岡技術科学大学に於きまして「JBMC-NIIGATA 2016」が開催されました。
これは北越銀行様と南魚沼市地域産業連絡協議会(ICLOVE:アイクラブ)の主催と長岡技術科学大学
(NUT)及び国際大学(IUJ)の協賛により実施されたものです。
これまでのビジネスプランコンテストとは異なり、事業からの利益が上がるかどうか、ビジネスモデルにおける仮説及び検証をきちんと行っているか、起業がどれだけ現実的であるかに重点が置かれ、ビジネス経験豊富な現役の経営者や専門家、大学教授らの審査員により審査されます。本学からも副学長のジェイ・ラジャセケラ教授、伊藤晴祥准教授が審査員として参加しました。

全15チームの応募があり、予選を通過した11チームがこの本選に挑みました。11チームの内訳は国際大学が3チーム、長岡技術科学大学が2チーム、事業創造大学院が2チーム、新潟大学が4チームとなっています。

JBMC Niigata 2016

JBMC Niigata 2016

厳正な審査の結果、国際大学チーム(Ha PhungさんとChau Nguyenさん)のフリーマーケット商品をネットを活用して情報交換するという”Hanoi Zstore”が最優秀賞の北越銀行賞を受賞し、北越銀行頭取の荒城 哲様から賞状と副賞の30万円が授与されました。また、新潟大学チームの結婚式ギフトカタログを絵本にした”えほんカタログ”がもう1つの最優秀賞のICLOVE賞を受賞し、JBMC新潟ラウンド実行委員長である、本学の加瀬公夫学長から賞状と副賞の30万円が授与されました。

最優秀賞を受賞したIUJと新潟大学の2つのチームは来年2月に東京で開催されるJBMCの全国大会に出場することになっています。また、全国大会での優秀者はその後アメリカのハーバード大学で開催されるIBMC世界大会への出場権を獲得します。

IUJは、これからも起業家の育成や地域の発展のためJBMC新潟ラウンドの実施に尽力して参ります。