HOME > 研究科 > GSIR > 研究科概要 > 3ポリシー

3ポリシー

修士課程
教育研究上の目的
国際関係学研究科は、時代の潮流を見通す長期的なビジョンと多様な価値観を認識し理解できるグローバルな視野を有し、国際社会が抱える広範囲で多様な課題に対して高度な分析能力と問題解決能力を発揮できるプロフェッショナルを養成することを目的とする。

 

アドミッションポリシー
◎学生受入れに係る理念
広く門戸を開き、国内及び国外から、専門の如何を問わず、多彩な背景を持つ人材を受入れ、学生間の相互交流を通じて実践的学識の充実を期待する。
◎入学者選抜の方法
入学者の選抜は、学生受入れの理念に基づき、国内居住者と海外居住者について行う。
◎選抜基準
キャンパスの国際的な知的環境の創造に寄与し、重要な政策課題を共に学び、国際場裡で実践活用できる人材を養成することを主眼とし、下記の基準に照らして選抜します。
1. 大学院で学ぶ動機(モチベーション)が明確であること。
2. 学部での学業成績が本学での教育・研究活動に必要な水準を満たしていること。
3. グローバル化が進む組織を牽引するリーダーとなる意欲と資質をもっていること。
4. 本学における高い教育研究課程に耐えうる人間的成熟度をもっていること。
5. 様々な国籍・背景を持つ本学学生の一員として、社会人としての健全な価値観を持ち、異文化を理解し、コミュニケーションを図り、世界的な人的ネットワークを築く意欲と資質をもっていること。
6. 教育・研究活動に必要な英語能力を習得していること。

 

カリキュラムポリシー
・ 修士(全学位分)

 

ディプロマポリシー
・ 修士(国際関係学)
・ 修士(政治学)
・ 修士(国際開発学)
・ 修士(経済学)
・ 修士(公共経営学)
・ 修士(公共政策学)
・ 修士(国際公共政策)

 

カリキュラムマップ(英語のみ)
・ 修士(全学位分)

 

博士後期課程
教育研究上の目的
博士後期課程では、時代の潮流を見通す長期的なビジョンと多様な価値観を認識・理解できるグローバルな視野を有し、かつ国際社会が抱える広範囲で多様な課題に対して自立して研究活動を行い、また高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を備えた人材を養成することを目的とする。

◎経済学クラスター
数理、統計的分析手法を包含した経済学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関その他の組織体において経済開発・経済政策に関連した業務に従事する高度専門的職業人を養成する。

◎公共経営学クラスター
公共経営学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関で効率的な経営管理などの業務に従事する高度専門的職業人を育成する。

◎国際関係学クラスター
安全保障など複雑性を増している国際関係学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関で外交や安全保障政策の立案・執行などの業務に従事する高度専門的職業人を育成する。

 

アドミッションポリシー
国内外に広く門戸をひらくという建学の理念に沿い、国内居住者と海外居住者とに分けて入学者を選抜し、本学修士課程出身者のみならず、広く国内外から入学者を受け入れる。
選抜は書類審査及び面接試験により行い、次の能力等を有している者を受け入れる。〇博士後期課程の高度な研究に必要な研究能力や研究計画を有している者
〇博士後期課程の高度な研究を英語で遂行するために必要な英語能力を有している者
〇博士後期課程コースワークに必要な経済学、公共経営学、あるいは国際関係学の修士レベルの専門知識又はそれに準じる知識を有している者。

 

カリキュラムポリシー
・ 博士(全学位分)

 

ディプロマポリシー
・ 博士(国際関係学)
・ 博士(経済学)
・ 博士(公共経営学)

 

カリキュラムマップ(英語のみ)
・ 博士(全学位分)

GSIR