HOME > 研究科 > GSIM > 研究科概要 > 3ポリシー

3ポリシー

国際経営学研究科修士課程

 

●教育研究上の目的

国際経営学研究科は、特に新興国の発展に寄与することに重点を置き、グローバル・ビジネスと社会的リーダーシップのための「賢明な」(すなわち社会的責任への使命感を持つ)人材を養成することを目的とする。この目的の二つの重要な要素として、社会的責任(SR)とグローバル・ビジネス(GB)に対する能力醸成がある。国際経営学研究科はこの目的達成に向け、募集活動、就職サポート、教育・研究・業務など様々な分野において革新的施策を実践していく。国際経営学研究科の目的におけるSRは、研究科もその修了生も経済的利益のみに捉われず、社会的価値創出に対する使命感をもって活動すべきであるという信念に基づいている。
国際経営学研究科は、SRについて主に以下の事柄に重点を置く。
- ステークホルダーである、日本企業、政府機関、地域社会等の社会的責任に対する施策を支援する
- 特にアジア、アフリカの新興国からの留学生のニーズに配慮しつつ、学生が社会的責任に対する使命感を持った指導者となるよう、教育活動を展開する。国際経営学研究科の目的におけるGBは、研究科を取り巻く全ての構成員のニーズに焦点を当てる。学生や教員にとっては、堅実な理論と実践を基盤に、グローバル・ビジネスの絶え間なく変化するダイナミクスの最前線に立つことが自分自身のキャリアやプロフェッショナリズムを向上させるために不可欠である。また、他のステークホルダーである、日本企業や政府機関等にとっては、ビジネスの営利目的と社会的リーダーシップを両立できる学生を研究科が育成していることが重要である。
国際経営学研究科は、GBについて主に以下の事柄に重点を置く。
- アジア・アフリカの新興国からの留学生を含め、学生がグローバルなマインドセットを獲得するように教育する。
- 学生が他国のビジネスや文化を理解し、修了後に自国の発展に貢献できるよう支援する。
- 日本の企業、政府機関、地方中小企業やその他のステークホルダー(日本で活動する外資系企業等)が社会的責任に視座を据えつつグローバル化できるよう支援する。また全ての授業を英語により行う。

 

●アドミッションポリシー
◎学生受入れに係る理念
広く門戸を開き、国内及び国外から、専門の如何を問わず、多彩な背景を持つ人材を受入れ、学生間の相互交流を通じて実践的学識の充実を期待する。◎入学者選抜の方法
入学者の選抜は、学生受入れの理念に基づき、国内居住者と海外居住者について行う。
◎選抜基準
国際大学国際経営学研究科は、明日のグローバルリーダーとなる人材の養成を目的し、下記の基準に照らして入学者を選抜する。
1. 大学院で学ぶ動機(モチベーション)が明確であること。
2. 学部での学業成績が本学での教育・研究活動に必要な水準を満たしていること。
3. グローバル化が進む組織を牽引するリーダーとなる意欲と資質をもっていること。
4. 本学における高い教育研究過程に耐えうる人間的成熟度をもっていること。
5. 様々な国籍・背景を持つ本学学生の一員として、社会人としての健全な価値観を持ち、異文化を理解し、コミュニケーションを図り、世界的な人的ネットワークを築く意欲と資質をもっていること。
6. グローバルビジネスを理解し、社会的責任を担って職務を遂行する意欲と資質をもっていること。
7. 教育・研究活動に必要な英語能力を習得していること。

 

●カリキュラムポリシー
(1)グローバル・ローカルを問わず、現実のビジネス社会における諸課題の解決や実践に活用しうる高度の教育機会を提供する
(2)広範で多彩な能力・視野・信念を持つ有為の学生達が相互に刺激しあい切磋琢磨する多国籍・多文化構成のグループをベースとした有為な教育環境を醸成する。
(3)様々なビジネス分野において革新と創造を担う研究者や実務家とのパートナーシップによる教育研究機会を導入する。
(4)マネジメントの基本となるスキルと機能的な知識を鍛錬し、効果的にかつ社会的責任を担って職務を全うしうる力をつける。

 

●ディプロマポリシー
所定の修業年限在学し、各プログラムにおいて定められた授業科目の履修により所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえ学位論文及び最終試験に合格すること。

GSIM