HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2019/06/21
IM ニュース

国際大学(IUJ)は、7月6日(土)に開催される日本学生機構(JASSO)主催イベント「外国人学生のための進学会」に参加します。 大学院進学をお考えの方は是非IUJブースにお越しください。教職員が大学概要、入試、奨学金等をご説明します。 多くの皆様のお越しをお待ちしています。 IUJは、世界60か国・地域出身の集まる大学院大学です。キャンパスでの常用語は英語です。世界から集まる学生と共に学び共に暮らす在学中に、世界にネットワークが築けます。 国際経営学研究科は、MBAプログラム、MBA1年制プログラム、日本・グローバル開発学プログラムを置き、2018年2月には、世界的な認証評価機関AACSBより国際認証を取得し、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認められました。 イベントのPDF版チラシはこちら >>> 外国人学生のための進学説明会 本学ブースにお越し予定の方は、資料準備のため事前にお申込みください。 お申込みフォームはこちらです。 お問い合わせ 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学です。 ◇日本で初めて100% 英語による授業を導入した大学院大学 ◇国際経営学研究科が2018年にAACSB国際認証取得 ◇真に国際的な学習環境:アジア・アフリカを中心に世界約60か国・地域から約340名(日本人比率約15%)が原則キャンパスに住み、クラス内外で共に学ぶ。 ◇修了生は129か国・地域出身。強固なネットワークを構築。 ◇平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業(タイプB)に採択 ◇授業料半額免除制度あり こちらからIUJパンフレットをご覧いただけます。 在学生・修了生のプロフィールがオフィシャルInstagram #meetiujstudents からご覧いただけます。

2019/06/21
IM ニュース

国際大学(IUJ)は、7月21日(日)に開催されるアゴスジャパン主催イベント「アジアMBA夏祭り」に参加します。 アジアのトップビジネススクールが集まるイベントです。進学をお考えの方は是非お越しください。 IUJのブース(15:00~17:00)では、学校説明、修了生から体験談が聞けます。 多くの皆様のお越しをお待ちしています。   IUJは、世界60か国・地域出身の集まる大学院大学です。真の国際的なキャンパスでは、常用語は英語です。世界から集まる学生と共に学び共に暮らす在学中に、世界にネットワークが築けます。 国際経営学研究科は、MBAプログラム、MBA1年制プログラム、日本・グローバル開発学プログラムを置き、2018年2月には、世界的な認証評価機関AACSBより国際認証を取得し、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認められました。   第7回 アジアMBA夏祭り  ~アジアのトップMBA校が一堂に集結!50名を超える各校卒業生が人気上昇中のアジアMBAでの学び×生活×卒業後のキャリアについて語る~ ◇日時: 2019年7月21日(日) 13:30-17:00 ◇会場: AP渋谷道玄坂渋東シネタワー ◇参加費: 無料 イベント詳細はアゴス・ジャパン ウェブサイトをご覧ください。   本学ブースにお越し予定の方は、資料準備のため事前にお申込みください。 お申込みフォームはこちらです。   お問い合わせ 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学です。 ◇日本で初めて100% 英語による授業を導入した大学院大学 ◇国際経営学研究科が2018年にAACSB国際認証取得 ◇真に国際的な学習環境:アジア・アフリカを中心に世界約60か国・地域から約340名(日本人比率約15%)が原則キャンパスに住み、クラス内外で共に学ぶ。 ◇修了生は129か国・地域出身。強固なネットワークを構築。 ◇平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業(タイプB)に採択 ◇授業料半額免除制度あり こちらからIUJパンフレットをご覧いただけます。 在学生・修了生のプロフィールがオフィシャルInstagram #meetiujstudents…

2019/06/19
Frontpage Article @ja

  この度、6月11日以来、各報道機関から発表されております本学における人種的な問題につきまして、皆様に多大なご迷惑おかけしておりますこと、改めて心よりお詫び申し上げます。   3月11日、大学の設置する投書箱に一部特定地域の学生に対する体臭に問題がある、対応するようにとの匿名の投書があり、同日、本学の担当職員が投書と合わせて、その学生の名前を教えてほしい内容の文書を掲示しました。   この掲示を見た一部特定地域の学生から、特定地域名が明記された投書を掲示板に貼り出すことは人種的偏見につながるとのクレームがありました。たしかにこれは大学側のミスでしたので、翌12日に掲示を外すとともに、本学担当職員は不適切な対応であったことを深く反省し、一部特定地域の学生に対するお詫び文を掲示板、メール、フェイスブックで出しました。   さらに3月22日に一部特定地域の本学学生団体が本職に対して「張り出された投書の内容と投書を受けての大学側の対応は人種問題に対する感受性に欠けるところがある、大学として何らかの対応を望む」、という趣旨の抗議文が出されました。   本職は、本学担当職員に対して対応が不適切である旨の厳重注意を行い、4月2日に一部特定地域の本学学生団体代表7名と面談、「あってはならない人種的問題が本学にあったことを大変残念に思う、また投書の掲示は間違っていた。さらに、大学としての対応を考える。」とその場で謝罪を致しました。   同日、本学倫理委員会委員長から全学生に対し人種的偏見などについての注意喚起メールを発信しました。(なお、本メールはシステムの関係で一部学生には届いていないことが後日判明したため、6月17日に全学生向けに再送信をしております。)   その後、再発防止のため4月中に多文化理解をテーマにワークショップを3回開催し、延べ約8割の学生が参加しました。   世界60カ国からの学生が集う本学におきまして、人種的偏見は一番あってはならない問題として細心の注意を払っておりましたが、このような事象が発生したことを反省し、今後同様な問題がおきないよう、人種的平等や相互理解の促進に一層の注意をはらうとともに、学生・教職員へのワークショップ、人種問題についてのガイドラインの作成などの啓蒙活動を行ってまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。   国 際 大 学  学長 伊丹 敬之

2019/06/14
IR ニュース

The Japan Times(6月12日)/ 国際関係学研究科後期博士課程Michael Bosackさんの記事「China’s Senkaku Islands ambition」が掲載されました [The Japan Times] https://www.japantimes.co.jp/opinion/2019/06/04/commentary/japan-commentary/japanese-mediation-u-s-iran-tensions-makes-sense/#.XQHZSRb7SUl

2019/06/13
IR ニュース

The Japan Times(6月4日)/ 国際関係学研究科後期博士課程Michael Bosackさんの記事「Why Japanese mediation of U.S.-Iran tensions makes sense」が掲載されました [The Japan Times] https://www.japantimes.co.jp/opinion/2019/06/04/commentary/japan-commentary/japanese-mediation-u-s-iran-tensions-makes-sense/#.XQHZSRb7SUl

2019/06/12
IR ニュース

AFP通信/ 「阿部首相12日からイラン訪問 米との緊張緩和働き掛け、成果は?」に、Michael Bosackさん(国際関係学研究科後期博士課程)のコメントが掲載されました。 https://www.afpbb.com/articles/-/3229450?page=1&pid=21312738

2019/06/11
Frontpage Article @ja

南日本新聞(6月7日)/ 「国防の最前線・南西諸島 識者に聞く」に、山口昇副学長・国際関係学研究科長のコメントが掲載されました

2019/05/22
Frontpage Article @ja

5月25日(土)、学生主体で、アフリカの文化や経済、人、今後の成長を考える「Africa Day」をキャンパスで開催します。 IUJでは、日本の大学で最も多くの、JICAアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブプログラム研修生(JICA Master’s Degree and Internship Program of African Business Education Initiative for Youth)を受け入れています。 イベントでは、アフリカ大陸を東・西・南・北・中央の5地域に分け、地域ごとに学生による発表やパネルディスカッションを通して詳しくアフリカ諸国を紹介していきます。 使用言語は英語ですが、日本語同時通訳があります。予約不要。 座学後はBBQを通してネットワーキングを予定しています。 皆様のお越しをお待ちしています。 ===== Africa Day 日時:2019年5月25日(土)午前11:00~午後1:30 場所:国際大学(IUJ)松下図書情報センター(MLIC)3Fホール 言語:英語(日本語同時通訳あり) 参加費無料。予約不要。 1:30~ キャンパス内BBQエリアでネットワーキングBBQあり ===== –IUJアフリカコミュニティからのメッセージ– IUJでは約60名のアフリカ出身学生が学んでいます。その多くは将来、祖国の行く末を担う人材として選抜されて来日しています。 この度、学生勇姿で、教授や外部関係者を招き、アフリカの文化や経済、人、そして今後の成長を考える”AFRICA DAY アフリカ・デー”を開催することにいたしました。 みなさんはアフリカについてどの程度ご存知でしょうか? アメリカやヨーロッパ、中国、インド、そして日本を足し合わせたのと同じくらい広いアフリカの大地。世界平均3.1%を上回る実質GDP成長率3.4%のアフリカの経済、現在12.5億人から2050年には倍増し25億人に達するといわれる人口、54カ国に2,000の言語、3,000の民族。 IUJ初の試みとなる今回のイベントでは、アフリカを5地域に分けプレゼンテーションと複数のキーノートスピーチ、パネルディスカッションを通してアフリカについてご紹介します。 座学を通じて、あるいはその後のネットワーキングBBQを通じて、アフリカについての知識を深めてみませんか?   =====…

2019/05/13
IM ニュース

朝日新聞新潟(5月11日)/ 「おにぎり”初代世界一”はラオス」の記事で、4月27日に開催したイベント 握飯世界一決定戦が掲載されました 朝日新聞: https://www.asahi.com/articles/ASM4W5V5VM4WUOHB00Q.html

2019/05/13
IR ニュース

ラジオNikkei(5月7日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーで 解説しました テーマ:「米中貿易戦争と日本企業」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/

2019/05/10
Frontpage Article @ja

プログラムのPDF版はこちら>>>日本語発表プログラム

2019/05/10
IM ニュース

日本経済新聞(5月9日)/ 「日本経済史学ぶ修士プログラム」の記事で、日本・グローバル開発学プログラムについて掲載されました 日本経済新聞: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44537870Y9A500C1L21000/

2019/05/10
IM ニュース

新潟日報(5月9日)/ 「自国の味 日本で進化 おにぎり世界一決定戦」の記事で、4月27日に開催したイベント 握飯世界一決定戦と学生のコメントが掲載されました 新潟日報: https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20190509467813.html

2019/05/10
IM ニュース

毎日新聞 新潟(5月9日)/ 「南魚沼産コシヒカリで『握飯世界一決定戦』」の記事で、4月27日に開催したイベントと学生のコメントが掲載されました。 毎日新聞: https://mainichi.jp/articles/20190509/ddl/k15/040/153000c

2019/05/08
Frontpage Article @ja

4月27日、国際大学(IUJ)と南魚沼市の共催でIUJ学園祭「インターナショナル・フェスティバル2019」が開催されました。 IUJの体育館と野外広場が会場となり、地域の住民の方など約1,500名の来場者が訪れました。日本を含む59か国・地域の学生たちは、野外特設会場では、国や地域ごとにブースに分かれ、母国の料理を販売しました。今年は16のブースが並び、学生たちは自ら作った料理の販売を通して、来場者との交流を楽しみました。食を通して世界を旅している気分になれたのではないでしょうか。 体育館のステージでは学生たちが民族衣装を身にまとい、18のチームがダンスや歌等で母国の文化を披露しました。また、地域住民による太鼓などの伝統芸能などのステージパフォーマンスも行われ、外国人学生が日本の文化を知る機会もありました。ステージパフォーマンスの最後には、多国籍学生の有志が集まり歌を披露し、世界が集まるIUJが1つになりフィナーレとなりました。 昨年に続き、特別イベントとして「握飯世界一決定戦 Onigiri World Championship」が南魚沼市と共催で同時開催され、注目を集めました。本学が位置する南魚沼市はお米の産地であり、コシヒカリが有名です。この南魚沼コシヒカリのPRを目的とし、南魚沼市と国際大学(IUJ)が手を結び、留学生6チームが、母国の文化や歴史、想いがつまったオリジナルおにぎりを生み出しました。また、本年は地域の食に関わる企業様3チームも日本代表として参加されました。IUJの学生はおにぎり作りは初めてのため、悪戦苦闘しながら数百個のおにぎりを作り終えました。各チームによるおにぎりの発表、審査員による審査、ご来場の方のアンケートにより世界一のおにぎりが決定しました。世界一のおにぎりはラオスチームの「アオカイおにぎり」です!おめでとうございます。 ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。 来年もお待ちしています。 尚、インターナショナル・フェスティバル2019は、『公益財団法人中島記念国際交流財団助成』(独)日本学生支援機構実施事業からの助成金を受給し、開催しています。 ======= 入学・就職支援室 広報担当 025-779-1539 media@iuj.ac.jp =======

2019/05/07
IM ニュース

テレビ新潟(5月9日)/ 「夕方ワイド」で、握飯世界一決定戦とインターナショナルフェスティバルの様子が放送されます ===== 5月9日(木) Teny 夕方ワイド 16:00前後 =====

2019/05/07
IM ニュース

毎日新聞 新潟(5月6日)/ 「国際大で学園祭 各国の料理並ぶ」の記事で、4月27日に開催したインターナショナルフェスティバルとベトナム出身Nguyen Minh Quanさんのコメントが掲載されました。

2019/05/07
IM ニュース

日本農業新聞(4月30日)/ 「ラオスが世界一に 握り飯で初の決定戦 新潟県南魚沼市6国際大留学生ら」の記事で、4月27日に開催した握飯世界一決定戦が掲載されました。

2019/04/26
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)では、志願者向けオンライン説明会を開催いたします。 インターネットにアクセスできる環境があれば、世界中どこからでも参加することができます。 オンライン説明会の中で参加者はチャット形式で質問が可能です。お申込み後、参加方法の詳細をメールにてお送りさせていただきます。 ※参加者はWebカメラ、マイクは不要です。 オンライン説明会 ======================== 5月25日(土) 午前10:00~午前11:00 内容:国際大学プログラム概要・入試情報の説明など 言語:日本語 ======================== ご参加の方はこちらのお申し込みフォームにご登録ください。   説明会、オープンキャンパスのスケジュール; <東京事務所での説明会> 5月15日(水)19:00-20:00 6月8日(土)14:00-16:00 7月10日(水)19:00-20:00 <オンライン説明会> 6月19日(水)19:00-20:00 7月20日(土)10:00-11:00 <オープンキャンパス> 7月30日(火)11:00-(15:00)夏期英語集中講座の授業見学あり ご参加お申し込み、上記日程以外での年間のイベント情報はこちらをご覧ください。 お問い合わせ: 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学で、現在2つの研究科で下記の修士プログラムを提供しています。2018年に国際経営学研究科がAACSB国際認証を取得、また、両研究科ジョイントプログラムの「日本・グローバル開発学プログラム」を開始しました。 ◇国際経営学研究科 ・MBAプログラム ・MBAプログラム(1年制: 原則として職歴5年以上の方が対象) ・日本・グローバル開発学プログラム ◇国際関係学研究科 ・国際開発学プログラム…

2019/04/25
IR ニュース

FM Port(4月25日)/ Mint フレーバーに、学生センター事務室室長信田グレチェンが出演し、今週土曜日開催の学園祭インターナショナルフェスティバル、握飯世界一決定戦、国際大学についてを話します。 FM Port Mintフレーバー http://www.fmport.com/corner/index.html?key=23769ebedac04b46a4b5e23b2cb201b8