HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2019/10/31
カテゴリーなし

掲題の構想に関しては、未だ本学として決定されてはいませんが、風評或いは憶測で間違った理解を内外に招かないように、本学の基本的な考えを以下に致します。 記 本学は建学以来40年近くに亘り、地元新潟県と南魚沼市をはじめとした魚沼地域との共存と、多面的なご支援を受けております。 当然のことながら、大学からのゴミや廃棄物は他の住民と同じく、市処理センターのお世話になっています。 今般、地域2市1町より、新しく最先端の技術で、本構想並びに、その立地に困っておられるとのことにて、本学として地元地域の環境の整備と発展にお役に立つのであればと、地元の方々の概ねの同意を条件として、用地提供要請のお申し出を原則としてお受けしました。 一部住民の皆様の間には心配されるご意見がありますことは承知しております。しかしながら昨今、このような公共施設新設に関しては、社会的必要性は認識するものの、自分の近くには作ってほしくないという風潮が散見されますが社会的責任という視点を忘れてはなりません。本学は、広い視野と高い志が求められる将来の指導者、世界のビジネスリーダーや各国の行政官を、国際的な環境で高等育成を行う大学院大学として、日本における廃棄物処理の技術水準の高さなど、客観的知見を基に、この施設の建設が地元地域の発展につながるのであれば、協力を惜しむべきではないという判断をしました。 南魚沼市は本学の学生・教職員に対しこれまでに3回、本構想に関する説明会を開催しており、最新のクリーンセンターの見学会も、合計4回にわたり学生と教職員が参加しております。 参加した留学生の多くは、将来、母国のリーダーになる人材ですので、日本の先端技術と周辺環境への配慮を高く評価し、正確に状況を理解しております。彼ら彼女らは異口同音に本件での見識を新たにし、勉強になったとの意見であります。 本学は昨年、途上国の若者たちに日本の経験とモデルを母国の発展に役立てて貰うものとして、明治維新以来の日本の発展その経験を論理的に学問する、「日本・グローバル開発学」の教育プログラムを開設しました。 環境に充分に配慮した最先端技術の本プロジェクトは、開発・公共政策或いは企業経営を学ぶ、本学の学生にとっても、開発事業の最適なケースモデルとなると理解をしております。 また、本件は国連が提唱し、日本政府も全面的に支援をしている「持続可能な開発目標(2030SDGs)」の趣旨にも沿うものとして、自然環境、或いは健全な本学キャンパスへの配慮などは当然のこととして、世界の最先端のセンターになるであろうことは、当局からも請け負われていますので、本センターと付帯公益施設の実現は、本学の更なる発展に資するものと理解し、その推進に期待をするものであります。 なお、本構想は、事業主体である行政当局が民主主義のルールに則り、最大多数の利益の為に公正公明に進められ、我が国の厳しい環境アセスメント等を経る為、その実現までには未だ数年を要すると思われますが、今後とも本学は、地元地域社会との互恵の精神で進めて参ります。                             学校法人 国際大学   本構想に関しては、南魚沼市のホームページにて掲載されています。 http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/

2019/10/24
IR ニュース

South China Morning Post(10月22日)/ 「Will South Korea and Japan reconcile after PM’s visit for emperor’s enthronement?」に国際関係学研究科 信田 智人教授のコメントが掲載されました [South China Morning Post] https://www.japantimes.co.jp/

2019/10/18
Frontpage Article @ja

日経新聞(10月17日)/ ECBラガルド体制に有吉特任教授の記事が掲載されました 記事「ECBラガルド体制」: https://r.nikkei.com/

2019/10/18
Frontpage Article @ja

読売新聞(10月16日)/ 防衛省参与に信田氏ら3人に信田智人教授の記事が掲載されました 記事「防衛省参与に信田氏ら3人」: https://www.yomiuri.co.jp/

2019/10/08
Frontpage Article @ja

10月4日(土)、 北岡伸一JICA理事長・元国際大学学長による特別講義「日本の近代化と福沢諭吉」がキャンパスで行われました。この講義は、昨年開始されたJICA開発大学院連携プログラムとしてIUJがJICAと共同で運営している新プログラム「日本・グローバル開発学プログラム」の授業の一環で行われたものです。 北岡JICA理事長は、明治維新後の政治、外交の歴史など日本の近代化の概要を説明し、江戸時代から明治初期の福沢諭吉の影響について講義を行いました。 講義後には、会場を埋めた100名以上の留学生による活発な質疑応答が行われました。  

2019/10/03
Frontpage Article @ja

9月27日(金)  国際大学(IUJ)は新入生歓迎の日を挙行し、新入生160名の新たな一歩を歓迎しました。本年度は、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米など、世界39カ国・地域出身者から成ります。 式典の冒頭にて伊丹敬之学長は、 「多様性に富んだ国と文化が集まるIUJでは、日本文化を体験するだけでなく、異文化交流ができる機会になるでしょう。」と述べました。 その後、Maung Aung Myoe国際関係学研究科長、Wenkai Li国際経営学研究科長、竹内 明弘言語教育センター長より教員の紹介があり、ティーパーティへと移りました。会場の至る所で学生同士が写真撮影を行い、たくさんの笑顔が溢れました。 ご列席いただきました来賓の皆さまには、心よりお礼申し上げます。 新入生の皆さま、これからのIUJでのご活躍に期待しています。 ===== 入学・就職支援室 広報担当 025-779-1539 media@iuj.ac.jp =====

2019/10/01
TV

NHKニュース7(10月2日)/ 国際大学グローバルコミュニケーションセンター山口真一研究員が出演しました 「フェークニュースについて」 https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-01&ch=21&eid=02877&f=650

2019/09/17
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)新パフレット2019-2020が公開されました。 下記よりフルページをご覧いただけます。 PDF版: https://www.iuj.ac.jp/admission/pdf/2020/IUJBrochure_J.pdf デジタル版: https://online.flippingbook.com/view/496330/ 以上 ========== お問い合わせ: 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ==========

2019/09/11
Frontpage Article @ja

この度新潟県受託事業として新潟県内大学生向け異文化コミュニケーション研修を以下の通り実施しました。 ・日 程:2019年9月4日(水)~2019年6月6日(金) ・会 場:国際大学キャンパス ・参加者:16名(新潟県立大学、新潟経営大学、新潟薬科大学、長岡造形大学) ・国際大学留学生ファシリテーター:8名7ヵ国(ネパール、フィジー、ウズベキスタン、モロッコ、レソト、ベトナム、ブルンジ) ・主な科目:ソーシャライジング、異文化コミュニケーション、プレゼンテーション 本研修は、海外インターンシップへの参加や、海外展開する企業への就職を希望するなど英語に関心のある学生を対象とした3日間の短期プログラムです。国際大学の多様性に満ちた教育環境の下、主にアジア・アフリカを中心とした多様な留学生とのグループワークを通じて、語学力の向上を図りました。 ソーシャライジング プレゼンテーション ======= 入学・就職支援室 研修企画チーム 025-779-1445 ndp@iuj.ac.jp =======

2019/09/10
Frontpage Article @ja

本学では、以下の通り新入生歓迎の日を実施いたします。 約40カ国160名の学生が期待を胸に新たな一歩を踏み出します。 ========== 日時:9月27日(金)午後2時から4時 会場:国際大学(IUJ) 体育館 (新潟県南魚沼市国際町777番地) プログラム: 午後2時~3時: 歓迎イベント 歓迎の挨拶 学長 伊丹 敬之 来賓ご紹介 新入生紹介* 役職者紹介 教員紹介 国際関係学研究科 研究科長 ミョー マウン アウン 国際経営学研究科 研究科長 リー・ウェンカイ 言語教育研究センター長    竹内 明弘 午後3時~4時: ティーパーティー ========== *世界中からキャンパスにやって来た新入生が、国ごとに一人ひとり紹介されます。 美しい民族衣装を身にまとった学生も多く、とてもなごやかな雰囲気です。 以上 本学への入学にご関心のある方、企業等の人事ご担当者の皆様で、この機会にキャンパス見学を希望される方は、以下までご連絡ください。 入学・就職支援室 電話:025-779-1104 メール:contact@iuj.ac.jp 新入生歓迎の日の模様は本学の Youtube チャンネルよりご覧いただけます。キャンパスにお越しになれない方も、ぜひ御覧ください。 Stay Tuned for…

2019/09/09
Web

JICAウェブサイト(9月5日)/ TICAD7サイドイベントレポート1.「『日本・グローバル開発学プログラム』はアフリカの発展にどう貢献できるか、JICA長期研修員が世界に発信!」 の記事に、8月27日に開催したIUJシンポジウムとパネリストで2019年修了生Omerさんについて掲載されました https://www.jica.go.jp/tokyo/topics/2019/ku57pq00000lfrvw.html

2019/09/09
IR ニュース

ラジオNikkei(9月3日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーで 解説しました テーマ:「TICAD7後のアフリカ」 日本政府が提唱する「インド太平洋構想」は、単に政治・防衛面のみならず経済・ビジネス面でも、近年経済成長著しい東アフリカ諸国との関係強化を進める上で重要と述べました。 http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_7183.html

2019/09/09
IR ニュース

The Japan Times(9月6日)/ 国際関係学研究科後期博士課程Michael Bosackさんの記事「The national police Agency and the Senkakus」が掲載されました [The Japan Times] https://www.japantimes.co.jp/opinion/2019/09/06/commentary/japan-commentary/national-police-agency-senkakus/#.XXX1iS77SUl

2019/09/02
Frontpage Article @ja

8月27日(火)、パシフィコ横浜アネックスホールにて、第7回アフリカ開発会議サイドイベント IUJシンポジウム「日本型開発学の可能性 -アフリカの発展と人材育成-」を開催しました。 ===== メインスピーカー:伊丹敬之学長 パネリスト兼モデレーター:山口昇副学長・国際関係学研究科長 パネリスト:松山良一国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長、元駐ボツワナ日本国特命全権大使 パネリスト:2019年度MBAプログラム修了生・スーダン出身 オマール アワッド エルバシャ モハメッドアハメッドさん ===== 伊丹学長よりIUJの紹介とシンポジウムのテーマである日本・グローバル開発学プログラムについての説明がありました。日本は欧米以外の国で先進国となった初めての国であり、日本の発展から原則を抽出して学ぶことは、各国の将来のリーダーにとって重要であることを強調しました。 山口副学長は、江戸時代からの日本の高い識字率について言及し、それが250年あまりに渡って平和が続いたことによるものであること、平和と教育は国家の発展に非常に重要な要素であることを述べました。 松山所長は、アフリカの将来の発展には民間部門が重要な役割を果たすと述べました。 アフリカの天然資源の大きな可能性に触れ、これからの成功の鍵は、キャパシティビルディング(能力強化)であり、 IUJがそのキャパシティビルディングを続けていくことを強調しました。 オマールさんは、日本の第二次世界大戦後の急速な発展からアフリカの国々が学ぶ点が多いこと、自らがJGDPの2つのコースを受講し、学んだ点などを紹介しました。ネルソン・マンデラ氏の言葉、“Education is the most powerful weapon which you can use to change the world.”で締めくくりました。 続いて、日本の経験から学べる教訓、JGDPプログラムと欧米型の開発学との違い、そしてJGDPプログラムがアフリカの将来の発展にどう役立つかを議論しました。 パネリストは、日本の経験とアジア諸国での成功事例から学んだ教訓を活用し、アフリカ諸国に適用する方法についての考えを述べ、重要なのは、状況や環境に応じて適用させること、両当事者が協力して段階的に計画を実行すること、 さらに、カウンターパートと関わりあうことだと述べました。 質疑応答ではナイジェリアやエジプトからの参加者から活発な質問や意見が出ました。 山口副学長は、IUJのアフリカ出身学生と日本人学生の間で、今日のような意見交換と知的交流が繰り広げられることを望んでいると述べてシンポジウムを締めくくりました。   シンポジウムはほぼ満席の参加者を迎えて行われました。 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。 ===== 入学・就職支援室 広報担当…

2019/08/20
Frontpage Article @ja

国際大学の修了生20名以上が継続教育とネットワーキングのためのイベント「IUJ修了生ネットワーキングフォーラム」に参加、修了年度は1985年から2018年と、幅広い年代の修了生が六本木にある国際大学東京事務所に集まりました。 今回の特別講義は、国際大学の特任教授、Mohammed K. Ahmed博士による異文化コミュニケーションについてのテーマでした。 参加した修了生やゲストの方々は、単一的な見方ではなく、複眼的にものを見ることがいかに重要であるかを改めて認識しました。 また、単なる印象だけでなく、より深く人を知ることの大切さ。たとえば、「どちらの出身ですか?(Where are you from?)」ではなく、「地元はどちらですか?(Where are you local?)」と尋ねること。 この小さな違いによって、まず相手の現在の文化的な状況を知り、それから、さらに「どちらの出身ですか?(Where are you from?)」と尋ねることで、相手をより知ることができる、というお話がありました。 Ahmed教授は、このようなことは異なる国の人とコミュニケーションをするときだけでなく、同じ国の人との間でも重要であると強調しました。 バングラデシュ人と日本人は違うけれど、同じ日本人でも大阪の人と東京の人では異なります。(なぜ、関東と関西ではエスカレーターで立つ側が違うのでしょう?) このような問題について、さらに気づきや理解を促すために、Ahmed教授はいくつかの印象深いTed x Talksを紹介して下さいました。参加者の多くは、スクリーンに映し出された情報を熱心に写真に収めていました。 講義の後は、ネットワーキングと情報交換の時間が続きました。イベント終了の時間が過ぎると、参加者の皆さんは、立ち去りがたい気持ちで、会場を後にしました。 このような継続教育の機会が年に3~4回位あると嬉しい、という声を多くの方からいただきましたので、今後も継続して企画していきたいと考えています。 最後に、講義をしてくださったAhmed教授、協力いただいた国際大学のスーパーグローバル大学推進室、国際大学同窓会の皆さんに感謝申し上げます。 国際大学 同窓会事務局

2019/08/13
Frontpage Article @ja

産経新聞(8月11日)/ マハティール首相 国際大学名誉博士号授与式が掲載されました 記事「国際大がマハティール首相に名誉博士号 福岡で授与式」: https://www.sankei.com/region/news/190811/rgn1908110004-n1.html

2019/08/13
Frontpage Article @ja

読売新聞(8月10日)/ 「官僚機構の統率 源泉 長期政権 語る」に信田智人教授の記事が掲載されました

2019/08/09
Frontpage Article @ja

ミャンマー政府国境省職員研修プログラムを以下の通り実施いたしました。 ・研修名:Training Program for Capacity Development for Leadership Potential for Government Officials at the Ministry of Border Affairs in Myanmar ・日 程:2019年5月~2019年7月 ・主会場:ヤンゴン (ミャンマー) 国境省研修所、及び国際大学キャンパス・東京 ・対 象:ミャンマー連邦政府国境省中級幹部職員 本研修プログラムは、国境省職員の英語によるコミュニケーション及びリーダーシップ能力向上、公共経営に関わる能力開発のため、公益財団法人日本財団からの助成を受けて実施しております。 閉会式 (於 ヤンゴン) 講義 (於 国際大学) 視察(於 国会議事堂) 修了式(於 日本財団)    

2019/08/09
Frontpage Article @ja

日本経済新聞(8月7日)/ マハティール首相 国際大学名誉博士号授与式が掲載されました 記事「国際大、マハティール首相に名誉博士号」: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48319740X00C19A8L21000/

2019/07/30
Frontpage Article @ja

進研アド「大学院へ行こう!『先輩の声』」/ 2018年度MBA1年制プログラム修了生熊谷陽介さんの記事が公開されました。 http://www.daigakuin.ne.jp/schools/kokusai-grad/senpai-01.html