HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2022/07/01
ニュース

新潟日報(6月30日)/ 修了式の記事「世界舞台に活躍を 国際大で修了式」が掲載されました

2022/06/23
Radio

ラジオNikkei(6月21日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ======== テーマ:ウクライナ侵攻と物価高 ======== 「-ロシアのウクライナ侵攻が続き戦況が予断を許さない状態にある中、欧州を始め、世界でエネルギーと食糧価格が急上昇しています。欧州が強い経済制裁を実行しロシアへのエネルギー依存を断つことを目指していること、ウクライナには依然、穀物の輸出余力があるもののロシアがこれを海上で妨げていることが直接の原因です。 -これに対し、主要国の中央銀行は利上げを実施していますが、その効果は限定的です。さらにフランス・英国などで、物価上昇により国民が政府に対する反発を強め、政治の不安定化につながっています。 -同時に、中近東・アフリカなどの途上国でも、食糧の不足を中心とした深刻な影響が生じています。周辺には、2011年末以降の「アラブの春」以降、政治的に不安定なままの国が多いことが懸念されます。」

2022/06/20
ニュース

日経ヴェリタス(6月19日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授の記事「岐路に立つ日本のエネルギー戦略(3) エネ基本計画は夢物語、帳尻合わせ、亡国の危機」が掲載されました

2022/06/20
Web

日本経済新聞(6月18日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授のコメントが記事「原発事故、東電に全賠償責任 救済指針の見直し焦点に」に掲載されました

2022/06/17
ニュース

中部経済新聞(6月11日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)の記事「ウクライナ侵攻とインド太平洋戦略」が掲載されました

2022/06/09
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)では、下記の通り2022年度修了式を挙行いたします。 ———————————————————— ▪大学院学位記授与式 日時: 2022年6月25日(土)10:30-12:25 会場:南魚沼市民会館 大ホール ———————————————————— 式典の模様はIUJオフィシャルYoutubeチャンネル @tubeiujでライブ配信されます。   ≡≡≡≡≡≡≡ 一般のお客様のご来場に関して  ≡≡≡≡≡≡≡ 安全・安心な運営のため、式典にご来場予定の方は事前にお申し込みをお願いします。 電話またはメールにて、お名前・住所・電話番号をお知らせください。 国際大学(IUJ)総務室 📞 025-779-1111 (平日のみ午前8:30‐午後5:00まで) ✉ oga-soumu@iuj.ac.jp   以上 ====== お問い合わせ先: 国際大学(IUJ)総務室 025-779-1111 =====

2022/06/09
Web

日本経済新聞(6月9日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授のコメントが記事「LNG消えた年500万トン 安定供給の責任は誰にエネルギー危機 日本の選択㊦」に掲載されました

2022/06/08
Web

President Online(6月7日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授のインタビュー記事「世界中を悩ませる「LNGの脱ロシア化」で、欧州には不可能かつ日本にしかできない最善のエネルギー源 石炭火力を毛嫌いするヨーロッパでは発想も出てこない」が掲載されました

2022/06/06
ニュース

毎日新聞・新潟(6月3日)/ 魚沼市の小学生が来学し学生と交流したイベントの記事「ダンス踊り文化体験 魚沼の宇賀地小6年生 留学生と交流会」が掲載されました

2022/06/06
ニュース

毎日新聞・新潟(6月4日)/ 学生が参加した田植えイベントの記事「「収穫が楽しみ」国際大生田植え 南魚沼」が掲載されました

2022/06/06
ニュース

朝日新聞(5月31日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授のインタビュー記事「泊原発運転差し止め判決「北電らしい判決」」が掲載されました

2022/06/03
ニュース

新潟日報(6月1日)/ インターナショナルフェスティバルの記事「多様な文化、肌で感じて 国際大で3年ぶりフェス」が掲載されました

2022/06/01
Radio

ラジオNikkei(5月24日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ======== テーマ:ウクライナ侵攻とバイデン米大統領来日 ======== 「-ロシアによるウクライナ侵攻が長期化する見通しが高まっています。西側諸国の追加的な支援は今後、ウクライナにとってプラスとなる一方、ロシアは南部を固め東部に戦力を集中しつつあります。但しロシア軍の戦死者増加の事実が浸透すれば、ロシア国内の反発が高まることが予想されます。 -バイデン大統領の来日中に立ち上げられた(IPEF)は、互いの関税引き下げを伴わず、貿易・サプライチェーンなどの分野で協力するインド太平洋経済枠組みです。 参加を表明したASEAN7か国にとっては、中国とのバランスを考える上で、インフラ支援などのメリットを得られることがIPEFに前向きに協力する条件になります。 一方、インドにとっては、ロシアとの友好関係を持ち、国内経済の改革途上でもあるため、関税引き下げを伴わない緩やかな枠組みにはむしろ取り組みやすい面があります。 -以上のように考えれば、IPEFが経済面でアジアの新興国に具体的なメリットを示せれば、中国・ロシアを念頭においた「経済と安全保障の好循環」への道が開かれることになるでしょう。」

2022/05/20
ニュース

中部経済新聞(5月14日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)の記事「ウクライナ侵攻と企業戦略」が掲載されました

2022/05/13
ニュース

4月29日、 各界で功績があった人をたたえる2022年 春の叙勲の受章者の発表があり、本学、山口 昇 教授(国際関係学研究科)が 「瑞宝中綬章」を受章しました。 <瑞宝中綬章> 日本の勲章の一つで、瑞宝章6つのなかで3番目に位置し、国及び地方公共団体の公務、または公共的な業務に長年にわたり従事して功労を積み重ね、成績を挙げた人を表彰する場合に、男女に共通して授与される勲章です。 お問い合わせ: 入学・就職支援室 025-779-1539 media@iuj.ac.jp

2022/04/28
Radio

ラジオNikkei(4月26日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ======== テーマ:ウクライナ侵攻と新興国経済 ======== 「第一に、前回3月29日の出演で述べたロシアの「三つの誤算」について、ウクライナが徹底抗戦しロシアの作戦の甘さが目立っていること、欧州が各国間の利害を超え結束し経済制裁などを行っていることは、現在も変わっていません。 一方、ロシア国内で戦争に対する反発は、厳しい統制を受ける市民、既得権益を手放したくない新興財閥に加え、現状、戦況を知る軍・情報部門もプーチン氏に反旗を翻すことは難しい状況です。 ひいてはロシアが自壊するという見方に変わりはないものの、今後プーチン氏が戦争の着地点をいつ、どう見極めるかが焦点になりつつあります。 第二に、新興国への影響は、経済規模の大きい中国・インド・ブラジルなどと、経済規模が小さく資源を持たない中小国に分けて考える必要があります。 前者が先進国に代わりロシアからのエネルギーを引き受けることは、ロシアにとってもメリットがあります。 一方、後者への影響は深刻です。元々貿易赤字などを抱えている国がエネルギー・食料価格の上昇により打撃を受け、各国の通貨が下落すれば輸入物価がさらに上昇する、という悪循環に陥ることになるでしょう。」

2022/04/28
Frontpage Article @ja

インターナショナル・フェスティバルをキャンパスにて開催いたします。 このイベントは南魚沼市と共催で毎年開催している学園祭です。 過去2年は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い開催を断念しましたが、本年はIUJ40周年祭と共に開催する運びとなりました。 世界が集まるIUJならではの多文化を存分に知ることができるイベントです。お子様からご年配の方まで、どなたでもお楽しみいただけます。日本語・英語を使ってIUJの学生と国際交流をしてみませんか。 多くの皆様のお越しをお待ちしています。 ※ご来場の方は「来場事前登録」をしてください。安全・安心な運営のためご協力をお願いします。登録所要時間は1分です。 (事前登録なしでも当日受付できます。) ======================================= インターナショナル・フェスティバル 📅 2022年5月28日(土) 🕒 1:00 PM – 7:00 PM 第1部:《世界を旅する Around the World @ IUJ 》 1 PM – 3 PM 各教室 第2部:《ステージパフォーマンス Culti Fiesta 》 3 PM – 7 PM 体育館…

2022/04/18
ニュース

4月23日(土)に開催を予定しておりました「南魚沼ミライアイデアソン」につきまして、 本ワークショップ会場の運営組織にて新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生したことに伴い 実施を『延期』させていただくことになりました。 ワークショップの実施に当たっては、市内の感染状況が落ち着いた時期に再度実施を検討する方針です。 新たな実施日が決まり次第、改めてご案内いたします。 イベント開催を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、 ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 国際大学  スーパーグローバル大学推進室 門山・石坂

2022/04/15
ニュース

中部経済新聞(1月15日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)の記事「プーチン氏、三つの誤算」が掲載されました

2022/04/15
Web

日経ビジネス(4月14日)/ 橘川武郎副学長・国際経営学研究科教授のインタビュー記事「日本に迫る電力危機、LNGの買い負け避けよ」が掲載されました