HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2019/08/20
Frontpage Article @ja

国際大学の修了生20名以上が継続教育とネットワーキングのためのイベント「IUJ修了生ネットワーキングフォーラム」に参加、修了年度は1985年から2018年と、幅広い年代の修了生が六本木にある国際大学東京事務所に集まりました。 今回の特別講義は、国際大学の特任教授、Mohammed K. Ahmed博士による異文化コミュニケーションについてのテーマでした。 参加した修了生やゲストの方々は、単一的な見方ではなく、複眼的にものを見ることがいかに重要であるかを改めて認識しました。 また、単なる印象だけでなく、より深く人を知ることの大切さ。たとえば、「どちらの出身ですか?(Where are you from?)」ではなく、「地元はどちらですか?(Where are you local?)」と尋ねること。 この小さな違いによって、まず相手の現在の文化的な状況を知り、それから、さらに「どちらの出身ですか?(Where are you from?)」と尋ねることで、相手をより知ることができる、というお話がありました。 Ahmed教授は、このようなことは異なる国の人とコミュニケーションをするときだけでなく、同じ国の人との間でも重要であると強調しました。 バングラデシュ人と日本人は違うけれど、同じ日本人でも大阪の人と東京の人では異なります。(なぜ、関東と関西ではエスカレーターで立つ側が違うのでしょう?) このような問題について、さらに気づきや理解を促すために、Ahmed教授はいくつかの印象深いTed x Talksを紹介して下さいました。参加者の多くは、スクリーンに映し出された情報を熱心に写真に収めていました。 講義の後は、ネットワーキングと情報交換の時間が続きました。イベント終了の時間が過ぎると、参加者の皆さんは、立ち去りがたい気持ちで、会場を後にしました。 このような継続教育の機会が年に3~4回位あると嬉しい、という声を多くの方からいただきましたので、今後も継続して企画していきたいと考えています。 最後に、講義をしてくださったAhmed教授、協力いただいた国際大学のスーパーグローバル大学推進室、国際大学同窓会の皆さんに感謝申し上げます。 国際大学 同窓会事務局

2019/08/13
Frontpage Article @ja

産経新聞(8月11日)/ マハティール首相 国際大学名誉博士号授与式が掲載されました 記事「国際大がマハティール首相に名誉博士号 福岡で授与式」: https://www.sankei.com/region/news/190811/rgn1908110004-n1.html

2019/08/13
Frontpage Article @ja

読売新聞(8月10日)/ 「官僚機構の統率 源泉 長期政権 語る」に信田智人教授の記事が掲載されました

2019/08/09
Frontpage Article @ja

ミャンマー政府国境省職員研修プログラムを以下の通り実施いたしました。 ・研修名:Training Program for Capacity Development for Leadership Potential for Government Officials at the Ministry of Border Affairs in Myanmar ・日 程:2019年5月~2019年7月 ・主会場:ヤンゴン (ミャンマー) 国境省研修所、及び国際大学キャンパス・東京 ・対 象:ミャンマー連邦政府国境省中級幹部職員 本研修プログラムは、国境省職員の英語によるコミュニケーション及びリーダーシップ能力向上、公共経営に関わる能力開発のため、公益財団法人日本財団からの助成を受けて実施しております。 閉会式 (於 ヤンゴン) 講義 (於 国際大学) 視察(於 国会議事堂) 修了式(於 日本財団)    

2019/08/09
Frontpage Article @ja

日本経済新聞(8月7日)/ マハティール首相 国際大学名誉博士号授与式が掲載されました 記事「国際大、マハティール首相に名誉博士号」: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48319740X00C19A8L21000/

2019/07/30
Frontpage Article @ja

進研アド「大学院へ行こう!『先輩の声』」/ 2018年度MBA1年制プログラム修了生熊谷陽介さんの記事が公開されました。 http://www.daigakuin.ne.jp/schools/kokusai-grad/senpai-01.html

2019/07/22
IM ニュース

Eduniversal Best Masters Ranking 2019が発表され、国際大学の3つのプログラムがランクインしました。 国際関係学研究科 -公共経営・政策分析プログラム 11位(極東アジア200中・国内2位) -国際開発学プログラム(経済学)  18位(極東アジア200中・国内4位) 国際経営学研究科 -MBAプログラム  12位(極東アジア200中・国内3位) Eduniversal Best Masters & MBAs Worldwide Ranking 2019: http://www.best-masters.com/ 国際大学のプログラム http://www.best-masters.com/search.php?query=international+University+of+Japan ===== お問い合わせ 入学・就職支援室 広報担当 media@iuj.ac.jp 025-779-1539 =====

2019/07/22
Frontpage Article @ja

日本経済新聞(7月18日)/ 「ドローン活用で変わる紛争リスク」に、山口昇副学長・国際関係学研究科長のコメント「戦争の境目見えづらく」が掲載されました 記事はこちらをご覧ください。 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47571070Z10C19A7EA2000/

2019/07/11
Frontpage Article @ja

2019年6月25日(火)、国際大学の学生25名が新潟県燕三条地域の企業見学ツアーに参加しました。本スタディツアーは、「金属加工の町」「ものづくりの町」として知られる燕三条地域にて、その産業振興や観光客誘致の拠点となっている燕三条地場産業振興センターが主催。国際大学と長岡技術科学大学の学生を対象に、世界に通用する燕三条地域の企業の魅力を知ってもらうことが目的とされました。 本学からは16ヶ国出身25名の学生が参加し、刃物製造企業、除雪機・草刈機製造企業、スケール製造企業を訪問。各企業での企業説明や工場見学をとおして、伝統技術及び最新技術を学びました。参加した学生は日本の産業という大きな枠組みから、各企業の経営方針や国内及び海外市場における戦略に関心をもち、企業幹部との活発な質疑応答を通し、ローカルでありながらグローバルに活躍する地元企業の魅力に迫りました。 本学の学生の多くはアジアやアフリカ諸国の政府機関や国際機関でのキャリアを持ち、現在は本学で国際関係学や国際経営学を学んでいます。このスタディツアーを機会に、企業と外国人留学生との人脈が構築され、インターンシップの受け入れや企業の海外展開を促進・支援することも期待されます。自国の産業との比較や市場の拡大・需要の可能性について考察し、学生にとって有意義な一日となりました。      

2019/07/10
Frontpage Article @ja

2018年度MBAプログラム修了生志村昭徳さんの記事が、リクルート社会人大学院「在校生・修了生インタビュー」に掲載されました。 IUJ進学の動機、IUJでの学びを通して得たもの、オススメ科目等が掲載されています。 記事はこちら https://www.keikotomanabu.net/college/0001764511/0001858696.html ===== 入学・就職支援室 media@iuj.ac.jp =====

2019/07/10
Frontpage Article @ja

2019年度国際関係学プログラム修了生森田舞さんの取材記事が、リクルート社会人大学院「在校生インタビュー」に掲載されました。 IUJ進学の動機、IUJでの学びを通して得たもの、オススメ科目等が掲載されています。 記事はこちら https://www.keikotomanabu.net/college/0001764518/0001858697.html ===== 入学・就職支援室 media@iuj.ac.jp =====

2019/07/10
IM ニュース

2019年度MBAプログラム修了生ヌエン トゥイ ズオンさんのメッセージ動画が、留学生向けサイトJapan Study Supportで公開されました。 ===== 入学・就職支援室 広報担当 media@iuj.ac.jp =====

2019/07/01
Frontpage Article @ja

この度新潟県受託事業として新潟県内企業向け異文化マネジメント研修を以下の通り実施しました。 ・日 程:2019年6月27日(木)~2019年6月29日(土) ・会 場:国際大学キャンパス ・参加者:9名(新潟県内企業8社より) ・国際大学留学生ファシリテーター:7名(ベトナム、ウズベキスタン、ネパール、バングラデシュ、マダガスカル) ・主な科目:異文化理解・体験、各国概要・歴史、ダイバーシティ&チームマネジメント、動機付け、異文化コミュニケーション、国際的競争優位、国際化へ向けたアクションプラン作成・発表 本研修は、海外進出・展開を検討している新潟県内企業を対象とした3日間の短期プログラムです。国際大学の多様性に満ちた教育環境の下、主にアジアの新興国への参入や、国際的な競争優位性を獲得するための知識やスキルを身に付けることを目的としています。また、アジア・アフリカを中心とした将来のトップリーダーとの交流と通じて、企業が海外へ進出し活動する際の人脈構築にも繋げます。 異文化コミュニケーション/ Cross-Cultural Communication 国際化に向けたアクションプラン発表/ Action Plan for global business (Team presentation)

2019/06/28
IR ニュース

ラジオNikkei(6月18日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーで 解説しました テーマ:「インドとミャンマーの経済動向」 総選挙を終え政治・経済共に安定感を増しているインドと、その隣に位置し 最近再び日本企業による直接投資が活発になってきたミャンマーについて紹介し、 今後の両国の経済関係の緊密化についても注目 http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_6922.html

2019/06/28
Frontpage Article @ja

6月22日(土)、2019年度国際大学修了式が小出郷文化会館(魚沼市)で挙行されました。 式典では、最初に伊丹敬之学長の式辞がありました。IUJのユニークな点は、 「日本にありながら公用語が英語であること、大学院大学であること、世界中から集まる学生がいること、自然豊かな田舎に立地すること」を挙げました。 「これらのユニークな特徴が異文化交流と素晴らしい学業環境を作り上げている」と述べ、「IUJが再び訪れたい場所であることを願っている」と結びました。 続いて、今年、AACSB Influential Leaders賞を受賞した、1992年度国際経営学研究科修了生・株式会社富士ゼロックス総合教育研究所代表取締役社長 小串記代様より祝辞をいただきました。 この賞は、AACSB認証校の優秀な修了生を表彰するもので、小串様は800を超える学術機関からの候補者の中から選ばれた33人の受賞者のうちの1人でした。本修了式で小串様の受賞を正式に表彰し、また、祝辞をいただきました。 祝辞では、主に3つのトピックを取り上げました。 •人生はラーニング・ジャーニー •学ぶ姿勢としての謙虚さと勇気 •これからのリーダーの役割 小串様は、「現代は変化と複雑性、不確実性に満ち、自ら変化に適応していくためには、常にラーニングとアンラーニングを繰り返し、自己変革することが求められる」こと、「リーダーとしての謙虚さ、謙虚である為の勇気」「謙虚に耳を傾け、議論を鼓舞し、判断の幅を広げ、勇気を持って決断していくことがこれからのリーダーとしての皆さんの役割」と述べられました。 両研究科の学事報告がなされた後、学位記授与が修了生一人ひとりに行われました。 最初に学位記が授与されたのは、IUJの歴史の中で第2番目の博士号取得者となったYin Yin Monさんです。続いて、国際関係学研究科100名、国際経営学研究科79名が学位記を授与されました。全員に学位記が授与された後、学位帽のトスが行われました。 修了生謝辞が3名よりあり、最初に国際関係学研究科国際開発学プログラムMai Thuy Linhさんが登壇しました。「国際大学はまさに『世界が集う場所』で、さまざまな経験、国、民族、宗教の人々がいる唯一無二の多様な環境。私たちはともに暮らし、互いに学びあい、互いに助け合った」と述べました。また、キャサリン・パルシファーの「卒業とは、ひとつの章の結末であり、別の章の始まりである」を引用し、「私たちは難しい課題に取り組む準備ができている。それはIUJで学んだこと」と述べました。 続いて、国際経営学研究科MBAプログラムEl Mehdi Er Raquabiさんが登壇しました。MehdiはIUJの豊かな学業環境について述べました。様々な視点を持てるクラスでの討論、 学業の傍らのスポーツや地域社会とのつながりを含むイベントについても述べました。IUJを「第二の故郷」とし、在校生、大学関係者によりよいIUJを作り上げるよう奨励し、「IUJアンバサダーとして、IUJで身に付けた卓越性や独自性、価値を維持していくことが私たちの任務」と述べました。 最後に国際関係学研究科経済学クラスターYin Yin Monさんが登壇しました。 「IUJは、様々な国の学生が知識や経験を共有し、多様性の観点から異文化を学ぶべく交流する絶好の場」であり「グローバル・ヴィレッジで生活する機会そのもの」と述べ、「様々な言語を話し、極めて多様な職業・人生経験を持つ、バラエティに富んだ学生集団であり、真に『世界が集まる場所』」「所属先は違っても、皆このIUJコミュニティの一員」と述べました。 式典の後、祝賀会が開かれました。 修了記念樹除幕式は悪天候のため室内で行われましたが、多くの学生が集まりました。 毎年、修了生の森には国際関係学研究科、国際経営学研究科それぞれ1本ずつ記念樹が植樹され、森は年々緑豊かになっています。 植えた木がたくましく育っていくように、修了生たちも新しい環境で強く生き、成功されますことをお祈りいたします。

2019/06/25
Frontpage Article @ja

スリランカ政府職員及び大学関係者向け 研修プログラムを以下の通り実施いたしました。 ・日 程:2019年5月28日(火)~2019年6月4日(火) ・会 場:国際大学キャンパス・新潟・群馬・東京・神奈川 ・対 象:スリランカ政府職員・大学関係者 本研修プログラムは国際大学での大学院プログラムを通してスリランカの教育システム及び行政機能の構築・発展へ繋げることを目的としています。 講義風景(於 国際大学) 視察(於 国会議事堂) ======= 入学・就職支援室 研修企画チーム 025-779-1524 ndp@iuj.ac.jp =======

2019/06/21
IM ニュース

国際大学(IUJ)は、7月6日(土)に開催される日本学生機構(JASSO)主催イベント「外国人学生のための進学会」に参加します。 大学院進学をお考えの方は是非IUJブースにお越しください。教職員が大学概要、入試、奨学金等をご説明します。 多くの皆様のお越しをお待ちしています。 IUJは、世界60か国・地域出身の集まる大学院大学です。キャンパスでの常用語は英語です。世界から集まる学生と共に学び共に暮らす在学中に、世界にネットワークが築けます。 国際経営学研究科は、MBAプログラム、MBA1年制プログラム、日本・グローバル開発学プログラムを置き、2018年2月には、世界的な認証評価機関AACSBより国際認証を取得し、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認められました。 イベントのPDF版チラシはこちら >>> 外国人学生のための進学説明会 本学ブースにお越し予定の方は、資料準備のため事前にお申込みください。 お申込みフォームはこちらです。 お問い合わせ 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学です。 ◇日本で初めて100% 英語による授業を導入した大学院大学 ◇国際経営学研究科が2018年にAACSB国際認証取得 ◇真に国際的な学習環境:アジア・アフリカを中心に世界約60か国・地域から約340名(日本人比率約15%)が原則キャンパスに住み、クラス内外で共に学ぶ。 ◇修了生は129か国・地域出身。強固なネットワークを構築。 ◇平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業(タイプB)に採択 ◇授業料半額免除制度あり こちらからIUJパンフレットをご覧いただけます。 在学生・修了生のプロフィールがオフィシャルInstagram #meetiujstudents からご覧いただけます。

2019/06/21
IM ニュース

国際大学(IUJ)は、7月21日(日)に開催されるアゴスジャパン主催イベント「アジアMBA夏祭り」に参加します。 アジアのトップビジネススクールが集まるイベントです。進学をお考えの方は是非お越しください。 IUJのブース(15:00~17:00)では、学校説明、修了生から体験談が聞けます。 多くの皆様のお越しをお待ちしています。 IUJは、世界60か国・地域出身の集まる大学院大学です。真の国際的なキャンパスでは、常用語は英語です。世界から集まる学生と共に学び共に暮らす在学中に、世界にネットワークが築けます。 国際経営学研究科は、MBAプログラム、MBA1年制プログラム、日本・グローバル開発学プログラムを置き、2018年2月には、世界的な認証評価機関AACSBより国際認証を取得し、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認められました。 第7回 アジアMBA夏祭り  ~アジアのトップMBA校が一堂に集結!50名を超える各校卒業生が人気上昇中のアジアMBAでの学び×生活×卒業後のキャリアについて語る~ ◇日時: 2019年7月21日(日) 13:30-17:00 ◇会場: AP渋谷道玄坂渋東シネタワー ◇参加費: 無料 イベント詳細はアゴス・ジャパン ウェブサイトをご覧ください。   本学ブースにお越し予定の方は、資料準備のため事前にお申込みください。 お申込みフォームはこちらです。 お問い合わせ 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学です。 ◇日本で初めて100% 英語による授業を導入した大学院大学 ◇国際経営学研究科が2018年にAACSB国際認証取得 ◇真に国際的な学習環境:アジア・アフリカを中心に世界約60か国・地域から約340名(日本人比率約15%)が原則キャンパスに住み、クラス内外で共に学ぶ。 ◇修了生は129か国・地域出身。強固なネットワークを構築。 ◇平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業(タイプB)に採択 ◇授業料半額免除制度あり こちらからIUJパンフレットをご覧いただけます。 在学生・修了生のプロフィールがオフィシャルInstagram #meetiujstudents からご覧いただけます。

2019/06/20
IM ニュース

国際大学(IUJ)では、志願者向けオンライン説明会を開催いたします。 インターネットにアクセスできる環境があれば、世界中どこからでも参加することができます。 オンライン説明会の中で参加者はチャット形式で質問が可能です。お申込み後、参加方法の詳細をメールにてお送りさせていただきます。 ※参加者はWebカメラ、マイクは不要です。 オンライン説明会 ======================== 7月20日(土) 10:00AM~11:00AM 内容:国際大学プログラム概要・入試情報の説明など 言語:日本語 ======================== ご参加の方はこちらのお申し込みフォームにご登録ください。 志願者向けイベントスケジュール; <説明会(東京事務所・六本木)> 8月24日(土)14:00-16:00 9月11日(水)19:00-20:00 <オンライン説明会> 8月21日(水)19:00-20:00 <オープンキャンパス> 7月30日(火)11:00-(15:00)夏期英語集中講座の授業見学あり <アゴスジャパンMBA祭> 7月21日(日)13:30-17:00 上記イベントへの参加お申し込み、年間イベントスケジュールはこちらをご覧ください。 お問い合わせ: 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ======================================== 国際大学(IUJ)について: 国際大学(International University of Japan、略称IUJ)は、世界に通用するグローバル・リーダーを育成するため、1982年に財界が中心となって設立した大学院大学で、現在2つの研究科で下記の修士プログラムを提供しています。2018年に国際経営学研究科がAACSB国際認証を取得、また、両研究科ジョイントプログラムの「日本・グローバル開発学プログラム」を開始しました。 ◇国際経営学研究科 ・MBAプログラム ・MBAプログラム(1年制: 原則として職歴5年以上の方が対象) ・日本・グローバル開発学プログラム ◇国際関係学研究科 ・国際開発学プログラム ・国際関係学プログラム…

2019/06/19
Frontpage Article @ja

  この度、6月11日以来、各報道機関から発表されております本学における人種的な問題につきまして、皆様に多大なご迷惑おかけしておりますこと、改めて心よりお詫び申し上げます。   3月11日、大学の設置する投書箱に一部特定地域の学生に対する体臭に問題がある、対応するようにとの匿名の投書があり、同日、本学の担当職員が投書と合わせて、その学生の名前を教えてほしい内容の文書を掲示しました。   この掲示を見た一部特定地域の学生から、特定地域名が明記された投書を掲示板に貼り出すことは人種的偏見につながるとのクレームがありました。たしかにこれは大学側のミスでしたので、翌12日に掲示を外すとともに、本学担当職員は不適切な対応であったことを深く反省し、一部特定地域の学生に対するお詫び文を掲示板、メール、フェイスブックで出しました。   さらに3月22日に一部特定地域の本学学生団体が本職に対して「張り出された投書の内容と投書を受けての大学側の対応は人種問題に対する感受性に欠けるところがある、大学として何らかの対応を望む」、という趣旨の抗議文が出されました。   本職は、本学担当職員に対して対応が不適切である旨の厳重注意を行い、4月2日に一部特定地域の本学学生団体代表7名と面談、「あってはならない人種的問題が本学にあったことを大変残念に思う、また投書の掲示は間違っていた。さらに、大学としての対応を考える。」とその場で謝罪を致しました。   同日、本学倫理委員会委員長から全学生に対し人種的偏見などについての注意喚起メールを発信しました。(なお、本メールはシステムの関係で一部学生には届いていないことが後日判明したため、6月17日に全学生向けに再送信をしております。)   その後、再発防止のため4月中に多文化理解をテーマにワークショップを3回開催し、延べ約8割の学生が参加しました。   世界60カ国からの学生が集う本学におきまして、人種的偏見は一番あってはならない問題として細心の注意を払っておりましたが、このような事象が発生したことを反省し、今後同様な問題がおきないよう、人種的平等や相互理解の促進に一層の注意をはらうとともに、学生・教職員へのワークショップ、人種問題についてのガイドラインの作成などの啓蒙活動を行ってまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。   国 際 大 学  学長 伊丹 敬之