HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2019/02/15
ニュース

Journalism(2月号)/ 「特集 憲法9条」に山口昇副学長・国際関係学研究科長のインタビュー記事が掲載されました

2019/02/14
IM ニュース

にいがた経済新聞(2月10日)/ 『県内大学 学長に聞く 国際大学 伊丹敬之 学長 成長セクター「アジア」「アフリカ」とつながる大学』の記事で、伊丹学長のインタビューが掲載されました にいがた経済新聞: https://www.niikei.jp/11049/

2019/02/01
IM ニュース

1月29日、日本経済新聞出版社より、伊丹敬之学長の新著書「平成の経営」が出版されました。 日本経済新聞出版社: https://www.nikkeibook.com/item-detail/32259

2019/01/22
Frontpage Article @ja

公益財団法人国際保険振興会(FALIA)による、2018年度外国人留学生向け懸賞論文コンテストで、国際開発学プログラム2年生Sohag Milonさんが第1位を獲得しました。 Milonさんは論文で、母国バングラデシュの生命保険制度の実態を分析し、日本の生命保険会社がバングラデシュ市場でどのように成功できるかを提案しました。 公益財団法人国際保険振興会(FALIA)懸賞論文ページ: https://www.falia.or.jp/j_essay_conpetition.html     Milonさん(左から3番目)、陣内悠介准教授(右)と審査員

2019/01/21
IM ニュース

日本経済新聞(1月19日)/ 「アジア情勢重視した大戦史」に、山口昇副学長・国際関係学研究科長の書評が掲載されました 日本経済新聞: https://www.nikkei.com/article/DGXKZO40174610Y9A110C1MY7000/

2019/01/16
IR ニュース

ラジオNikkei(1月8日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーで 解説しました テーマ:「2019年のグローバル経済と新興国」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_6407.html  

2019/01/16
IM ニュース

イベント: 説明会(東京) 日付: 2019年2月2日(土) 時間: PM 7:00  –  (PM 8:00) 場所: 国際大学(IUJ)東京事務所 国際大学(IUJ)は1982年に設立、日本で初めて全て英語による授業、9月入学制度を取り入れた私立の大学院で、国際関係学研究科と国際経営学研究科の2研究科を設置しています。現在129カ国4,300人以上の修了生が世界中で活躍しています。60か国・地域出身の学生が、キャンパスで共に暮らし、共に学ぶことで、授業での知識のみならず、互いの文化や習慣の違いをも知ることができます。多国籍な環境で活躍できるだけのコミュニケーション能力、リーダーシップ能力が自然に磨かれ、修了後も続く強固なネットワークも築くことができます。2018年2月には国際経営学研究科がAACSB国際認証を取得し、グローバルスタンダード教育が世界で認められました。 説明会では、IUJの環境、学生生活、入試や奨学金制度のご紹介、また、修了生による体験談、個別相談を予定しています。 多くの皆様の参加お申込みをお待ちしています。 ===== 《予定》** 13:30- 受付開始 14:00- スケジュール説明 14:05- IUJ DVD上映/IUJ及び各研究科の概要、入試・奨学金制度の説明 14:50- 修了生の体験談 休憩 15:00- Q & A / (個別相談)* ===== *ご希望の方には個別相談を承ります(15分程度)。 **スケジュールは若干変更になることがあります。 《会場》 IUJ 東京事務所 (東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル 2F) 詳しくは案内図をご覧ください。…

2018/12/26
ニュース

12月27日(木)~1月6日(日)まで、事務局冬期休業となります。 期間中にいただいたお電話、E-mail、FAXなどでのお問合せにつきましては、1月7日(月)から順次ご対応させていただきます。

2018/12/21
Radio

ラジオNikkei(12月18日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーで 解説しました テーマ:「米中覇権対立と2019年の新興国経済」 中国・インド・アフリカ各国の政策動向について http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_6363.html

2018/12/20
Frontpage Article @ja

2018年10月21日(日)、12月8日(土)の全2回にわたって行われた新潟県教育委員会主催「新潟県高校生グローバルセミナー」にて、Mohammed K. Ahmed国際大学国際経営学研究科特任教授が講師を、また本学の留学生11人がファシリテーターを務めました。 本セミナーは新潟県立高等学校及び県立中等教育学校後期課程に在籍する生徒を対象に、異文化コミュニケーション・多文化共生についての理解を深め、協働して英語で対話、議論することを通してグローバル社会において主体的に行動しようとする態度を育成することを目的とされ、これに意欲ある全36名が県内各地から参加しました。 ◆10月21日実施 セミナー1回目◆ 異文化理解についての講義が行われました。異なる文化と対面したときに人々はそれをどのように捉えているのか、具体的にどのような異文化間の認識差異が生じるのか、異文化を理解することでどのような利点があるのかなどを学びました。 ファシリテーターとして参加した本学留学生は、ミャンマー・インド・アルゼンチン・デンマーク・ジンバブエなど、異なる10カ国出身者であり、参加者は実際にファシリテーターに対して母国の慣習について質問を行い、世界のさまざまな文化を学ぶ機会となりました。 セミナーの後半には、1グループ3~4名が1人ずつ即興で短文を加えていき、起承転結のストーリーを作る活動発表を行いました。発表に向けて協働して英語で対話したことで活発なグループ活動が行われました。 ◆12月8日実施 セミナー2回目◆ 1回目のセミナーで得た知識をベースに、世界の国々についてグループプレゼンテーションを行いました。異なる文化についての知識を共有することによって、世界の文化的多様性を認識することを目的としました。Ahmed教授よりプレゼンテーションをする際の心得やコツが教示された後、グループごとにファシリテーターによって細かなアドバイスを行い、本番の発表後にはAhmed教授より一人ひとりに対して丁寧なフィードバックが行われました。 ファシリテーターからのアドバイス プレゼンテーション Ahmed教授よりフィードバック ファシリテーターの声… 「日本の次世代の若者に向けた良い取組みだ。日本は既にグローバル化が進んでいて、その将来のためにはこのようなセミナーが必要であると思う。ファシリテーターとして関わり、自分自身も日本や世界の異文化について学べたことは喜ばしいことだった。」 国際大学は、2014年に文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業の採択を受け、これまでの実績を基に更に先導的試行に挑戦しています。新潟県との連携をとおして、異文化を理解する心を持ち互いに協働して英語で対話・議論を行える次世代の担い手を育成していくことで、新潟県ひいては日本社会のグローバル化を牽引していきます。 ―――――――――――――――――――― スーパーグローバル大学推進室 Tel:025-779-1486  Mail: sgu@iuj.ac.jp ――――――――――――――――――――

2018/12/18
ニュース

イベント: 説明会(東京) 日付: 2019年1月16日(水) 時間: PM 7:00  –  (PM 8:00) 場所: 国際大学(IUJ)東京事務所 国際大学(IUJ)は1982年に設立、日本で初めて全て英語による授業、9月入学制度を取り入れた私立の大学院で、国際関係学研究科と国際経営学研究科の2研究科を設置しています。現在129カ国4,300人以上の修了生が世界中で活躍しています。60か国・地域出身の学生が、キャンパスで共に暮らし、共に学ぶことで、授業での知識のみならず、互いの文化や習慣の違いをも知ることができます。多国籍な環境で活躍できるだけのコミュニケーション能力、リーダーシップ能力が自然に磨かれ、修了後も続く強固なネットワークも築くことができます。2018年2月には国際経営学研究科がAACSB国際認証を取得し、グローバルスタンダード教育が世界で認められました。 説明会では、IUJの環境、学生生活、入試や奨学金制度のご紹介、また、修了生による体験談、個別相談を予定しています。 多くの皆様の参加お申込みをお待ちしています。 ===== 《予定》** 18:30- 受付開始 19:00- スケジュール説明 19:05- IUJ DVD上映/IUJ及び各研究科の概要、入試・奨学金制度の説明 19:50- 修了生の体験談 休憩 20:00- Q & A / (個別相談)* ===== *ご希望の方には個別相談を承ります(15分程度)。 **スケジュールは若干変更になることがあります。 《会場》 IUJ 東京事務所 (東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル 2F) 詳しくは案内図をご覧ください。…

2018/12/18
IR ニュース

西日本新聞(12月16日)/ 国際関係学研究科 特別招聘教授 林秀毅氏の記事「海外客対応から国内普及へ」が掲載されました 西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/opinion_view/article/473434/

2018/12/14
ニュース

朝日新聞(12月13日)/ 「スイーツもおこわもハラル仕様 国際大のイスラム留学生に試食会」にIUJで行われたハラル対応食品の試食会の様子が掲載されました

2018/12/10
Frontpage Article @ja

12月5日(水)、「(第四回)グローバル人材管理ゼミナール」を国際大学 東京事務所(六本木)にて実施しました。 研修名: グローバル人材管理ゼミナール 実施日: 2018年12月5日(水)18:30~21:30(全4回、9/19、10/17、11/14、12/5) 場所: 国際大学 東京事務所 ゼミナール講師: 伊丹敬之学長、横瀬勉国際経営学研究科教授 出席者: 18社/22名(グローバル・パートナ企業から人事担当者がご出席) 対象者:グローバル事業展開を担当する人事課長・グローバル人事担当など、海外展開を支援する人事部門の方で国際大学でのプログラムにご興味のある方 目的:本ゼミナールは、グローバル展開の戦略を実行していくために、グローバル戦略に関わる人事担当としてどのような視点で何をなすべきかを、大学院ゼミナール形式で議論することにより事業戦略と人事戦略の関連を理解し実行につなげるヒントを提供する。 今回のテーマ「参加者によるグローバル人材育成の課題(キーワード)」 内容:事前課題として参加者よりお持ちよりいただいた「グローバル人材育成の課題(キーワード)」を基に、伊丹学長・横瀬教授リードで「人事部門のグローバル化」「グローバル人材の育て方」を抽出して全体討議を行いました。出席者の方々の活発な意見交換が行われ、盛大に終了しました。 全4回のゼミナールは好評につき、来年1月に第五回目の実施を計画しています。 以上   お問い合わせ: 国際大学(IUJ)東京事務所 担当:寺門 03-5770-1711 cho-net@iuj.ac.jp

2018/12/07
ニュース

毎日新聞 新潟版(12月6日)/ 「小学生と留学生 ゲーム通じ交流」にIUJで行われた小学生との国際理解イベントと学生のコメントが掲載されました 毎日新聞: https://mainichi.jp/articles/20181206/ddl/k15/040/129000c

2018/12/07
ニュース

朝日新聞(12月6日)/ 「沖縄を考える 基地負担 フェアじゃない」に山口昇副学長・国際関係学研究科長の記事が掲載されました 朝日新聞: https://www.asahi.com/articles/DA3S13799993.html

2018/11/29
Frontpage Article @ja

11月14日(水)、「(第三回)グローバル人材管理ゼミナール」を国際大学 東京事務所(六本木)にて実施しました。 研修名: グローバル人材管理ゼミナール 実施日: 2018年11月14日(水)18:30~21:30(全4回、9/19、10/17、11/14、12/5) 場所: 国際大学 東京事務所 ゼミナール講師: 伊丹敬之学長、横瀬勉国際経営学研究科教授 出席者: 21社/21名(グローバル・パートナ企業から人事担当者がご出席) 対象者:グローバル事業展開を担当する人事課長・グローバル人事担当など、海外展開を支援する人事部門の方で国際大学でのプログラムにご興味のある方 目的:本ゼミナールは、グローバル展開の戦略を実行していくために、グローバル戦略に関わる人事担当としてどのような視点で何をなすべきかを、大学院ゼミナール形式で議論することにより事業戦略と人事戦略の関連を理解し実行につなげるヒントを提供する。 今回のテーマ「ナショナル・スタッフ育成、教育の実例」 内容:ご参加の2社による「ナショナル・スタッフ育成、教育の実例」をご紹介いただいた後、伊丹学長・横瀬教授リードで実例からトピックスを抽出して各社の課題・対応を含めて全体討議を行いました。出席者の方々の活発な意見交換が行われ、盛大に終了しました。 実例の紹介 リードする伊丹学長   以上 お問い合わせ: 国際大学(IUJ)東京事務所 担当:寺門 03-5770-1711 cho-net@iuj.ac.jp

2018/11/29
ニュース

新潟日報(11月28日)/ 「世界の文化Enjoy」にカルティフィエスタの紹介と国際関係学研究科・学生自治会副会長のMbali Sexwaleさんのコメントが掲載されました

2018/11/29
カテゴリーなし

国際大学元学長であられた山澤逸平(やまざわ・いっぺい)名誉教授が、2018年11月16日、ご逝去されました。享年81歳でした。生前のご功績に感謝するとともに、心より追悼の意を表します。 葬儀は、故人の遺志により近親者の方々のみにて11月20日に執り行われています。なおご家族からはご香典、お供え物などはご辞退されるとのお申し出を受けております。 山澤先生は、一橋大学教授、早稲田大学教授として教鞭を取られ、ジェトロ・アジア経済研究所長などを歴任し、2003年9月から2006年12月まで3年3か月、本学で学長を務められました。在任中は、本学最初の自己点検評価活動に取り組み、2006年に報告書をまとめあげられました。また、国際的人材育成への意欲から、東アジア経済・貿易論などの授業も担当し、留学生を中心に多くの学生を教授しました。長年にわたる教育研究への功績と我が国の学術振興の発展に寄与した功績を称えられ、2014年度春の叙勲にて「瑞宝中綬章」を受章されました。

2018/11/27
ニュース

11月24日(土)、学内イベント「Culti Fiesta(カルティ フィエスタ) 2018」が開催されました。このイベントは、GSO-EC(学生自治会)主催で行われる毎年恒例のイベントで、世界が集まるIUJのダイバーシティと文化を学生が披露します。毎年5月に開催しているインターナショナル・フェスティバルに次ぐ規模の大きなイベントです。 世界中の学生から成る18のグループが歌や踊りのパフォーマンスをステージで披露しました。開場には学生のみならず、学生の家族や友人、教職員も集まり、パフォーマンスを楽しみました。また、多くの修了生もイベントのためにキャンパスに戻って来られ、イベントを盛り上げてくださいました。 60か国・地域出身の学生たちが、文化や伝統を披露し、理解し合い、グローバルな視野がもてるのは、IUJで学ぶよさです。 このイベントを成功に導いた、学生自治会メンバー、パフォーマンスをした学生たち、イベントを盛り上げ、応援に駆けつけた皆さん、誠にありがとうございました。また、このイベントにご協賛いただいた八海酒造様には心より感謝申し上げます。 イベントの写真や動画はインスタグラム #cultifiesta2018でご覧いただけます。 参加したグループは下記の通りです。(パフォーマンス順) IUJ ミュージッククラブ ラオス 中央アジアチーム ミャンマー 太平洋諸国チーム インドネシア フィリピン カンボジア ベリーダンスクラブ アラブ諸国 モンゴル ベトナム マレーシア アフリカチーム アフリズム(八海醸造様グループ) タイ バングラデシュ 日本 その他、八海醸造様より日本のご提供あり。 以上 ===== 入学・就職支援室 広報担当 media@iuj.ac.jp 025-779-1539 =====