HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2024/05/23
ニュース

5月18日(土)に、「IUJむすびばカレッジ」を開催しました。今回の講演は、山口真一准教授(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM))が「蔓延するフェイク情報の実態と私たちができる対策」をテーマにお話ししました。 近年メディアで大変注目されている、フェイクニュースや生成AIについて実例をご紹介し、フェイク情報が真実の6倍という速さで拡散されてしまうこと、多くの人がフェイク情報を信じてしまう実態について研究成果のデータを元に解説しました。「with2.0フェイク時代」と表し、真実かどうかを見分けることが非常に難しいほど技術が発達している時代に、わたしたちが気を付けなければならないことは、「自分も騙される」ということを念頭に情報に対する判断能力を付けるという点でした。 参加者からの質疑応答では、「子供たちには信じてほしい、安心して良いと言いたい。大人として「疑え」ではなく、「信じましょう」とメッセージを発信するために何かできることはありますか。」という質問に対し、「信じていても豊かに生活できる社会を大人が築くしかない。そのためには、フェイク情報に対する強力な対抗技術を開発し、生成AIによるフェイク情報を撲滅させる。人間が作った情報か、AIが作った情報かを判別できるような解決策の導入を図っていく必要がある。」と回答しました。 当日は、上越新幹線遅延の影響で講演者が会場に来ることができず、急遽オンラインでの開催となりましたが、参加者からの積極的な問いかけから生まれるコミュニケーションが印象的でした。今後も、「IUJむすびばカレッジ」を通じて、地域とのさらなる連携強化や様々な話題の提供を目指し、より一層地域に溶け込んでけるよう取り組んでまいります。来月は国際経営学研究科 横瀬勉教授が登壇予定です。初めての方も気軽にご参加ください。               ★市民の皆様とのQ&Aコーナー★ <5月回講師よりご回答いただきました> 会場の皆様からいただいたアンケートの質問に講師がお答えします! 続きを読む… 当日の収録動画はこちらからご覧いただけます。   ≪≪次回のご案内≫≫ 2024年6月15日土曜日 15:00~(会場14:30) スピーカー:横瀬 勉教授 (国際大学国際経営学研究科) テーマ:「ジョブ型雇用は日本に根付くか」 詳しくは専用ウェブサイトをご覧ください。過去の記録動画もご覧いただけます。 ————– 「IUJむすびばカレッジ」とは… 国際大学の教員が自身の研究・教育分野の視点からみなさまの生活に身近なトピックについてお話をします。対話を通じて市民のみなさんに国際大学のことをもっと知っていただくための交流の場となることを目指しております。 毎月第3土曜日(8月・12月を除く)に南魚沼市事業創発拠点MUSUBI-BAにて開催しています。参加費用は無料、事前登録制です。 ————————————————— 国際大学 スーパーグローバル大学推進・地域連携室 —————————————————

2024/05/07
Frontpage Article @ja

2024年5月7日、国際大学は南魚沼市と「災害時等における避難所等の施設利用に関する協定書」を締結しました。 これにより地震等災害発生時に国際大学の体育館を近隣住民や市内在住の外国人の避難所として提供します。 協定後に署名後は南魚沼林市長、国際大学槍田理事長がそれぞれ代表者挨拶を行いました。 林市長からは国際大学が新たな指定避難所として締結出来た事に謝辞をいただき、槍田理事長は今回の避難所の協定のみならず、今後も南魚沼市と協力し国際大学の広大な土地を活用して参りたいと述べました。 (左)国際大学槍田松瑩理事長、(右)林茂男南魚沼市長

2024/05/07
Frontpage Article @ja

中部経済新聞(4月13日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)の寄稿記事が掲載されました 中部経済新聞 視点 「賃金と物価の好循環」を支えるもの

2024/05/07
Radio

ラジオNikkei(4月23日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーに出演しました。 ======== テーマ:中国とインド、違いは何か ======== 解説した内容: 1.中国では、不動産などの投資だけでなく、将来に不安を持つ個人の消費が伸び悩んでいます。一方、インドは政治・経済共に安定し、個人消費は堅調です。 2.世界では、米国の個人消費が依然堅調で、市場では高金利・ドル高が続いています。 3.こうした中、中国市場は政府による株式への梃子入れによって実力より上振れる一方、インド市場は個人消費の伸びにより貿易赤字拡大への懸念が生じやすいことに留意が必要です。 以上

2024/05/07
Frontpage Article @ja

第31回 国際大学 留学生 日本語発表・交流会を開催します。 2024年5月10日(金) 17:45-18:00 受付 18:00-19:30 発表会 19:30-20:30 交流会 会場:国際大学キャンパス 図書館3階ホール どなた様もご参加いただけます。 日本語を学んでいる留学生の学習の成果を見に、また、留学生と交流しに、お気軽にお越しください。 PDF版はこちら >>>日本語発表会2024 チラシ 国際大学の日本語プログラムについて >>

2024/04/22
ニュース

4月20日(土)に、「IUJむすびばカレッジ」を開催しました。今回の講演は、本学国際経営学研究科の2年生であるレタン・フーさんが「ベトナムにおける日系企業のサステナビリティ戦略について考える」をテーマにお話ししました。 講演では、まずベトナムの基本的な情報や歴史的背景について説明し、その後、ベトナムが急成長してきた要因や政策についても触れました。後半では、現在ベトナムに進出している日本企業の中でも、持続可能な社会を実現するための取り組みを行っているユニクロに焦点を当て、その成功事例や現地での支持について解説しました。 参加者との質疑応答では、「ベトナム人の平均賃金や失業率」、「日本の経済成長の鈍りから学ぶことはありますか」、「将来南魚沼をマネジメントするならどのようにしたいですか」といった積極的な質問が寄せられ、フーさんも丁寧に回答しました。 今回は、高校生、大学生など多くの若い世代の方々が参加し、サステナビリティに関する学びの機会となりました。交流会では、参加者がフーさんとの対話を楽しんでおり、有意義な交流の場となりました。今後も、「IUJむすびばカレッジ」を通じて、地域とのさらなる連携強化や様々な話題の提供を目指し、より一層地域に溶け込んでいけるよう取り組んでまいります。来月は本学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)から山口真一准教授が登壇予定ですので、初めての方も気軽にご参加ください。   ★市民の皆様とのQ&Aコーナー★ <4月分アップデートしました!> 会場の皆様からいただいたアンケートの質問に講師がお答えします! 続きを読む…   ≪≪次回のご案内≫≫ 2024年5月18日土曜日 15:00~(会場14:30) スピーカー:山口 真一 准教授 (国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)) テーマ:「蔓延するフェイク情報の実態と私たちができる対策」 詳しくは専用ウェブサイトをご覧ください。過去全12回の記録動画もご覧いただけます。 ————– 「IUJむすびばカレッジ」とは… 国際大学の教員が自身の研究・教育分野の視点からみなさまの生活に身近なトピックについてお話をします。対話を通じて市民のみなさんに国際大学のことをもっと知っていただくための交流の場となることを目指しております。 毎月第3土曜日(8月・12月を除く)に南魚沼市事業創発拠点MUSUBI-BAにて開催しています。参加費用は無料、事前登録制です。 ————————————————— 国際大学 スーパーグローバル大学推進・地域連携室 —————————————————

2024/04/18
Frontpage Article @ja

  2024年5月25日(土)、インターナショナル フェスティバルをキャンパスで開催します。 このイベントは南魚沼市と共催で毎年行われている大学祭です。世界65以上の国と地域が集まるIUJの国際環境を地域の皆様に楽しんでいただくためのイベントです。 フードブースでは、学生たちが母国の料理に腕をふるいます。 日本語と英語を使ってIUJの学生と国際交流をしてみませんか。 お子様連れのご家族もどなた様もぜひお越しください。 インターナショナル フェスティバル 2024 2024年5月25日(土) PM 2:00 – PM 6:00 入場無料 / 自由入退場 / 駐車場完備 フードブース 2:00 PM- 無くなり次第終了 学生たちが母国の料理をふるまいます。日ごろ味うことのないさまざまな国・地域の料理をお楽しみください。 出店予定国・地域グループ: インド/インドネシア/ウズベキスタン/ガーナ/キルギス/シエラレオネ/スリランカ/タイ/タンザニア/ナイジェリア/日本/東ティモール/フィリピン/ミャンマー ※ 料理はチケットと引き換えです。事前にチケット売り場でチケットをご購入ください。 ステージイベント 2:30 PM – 6:00 PM 学生たちが母国のミュージックを用い、ダンスや歌などパフォーマンスを披露します。 パフォーマンス予定国・グループ: 八海太鼓・阿波踊り、IUJ×KJ合唱隊、IUJミュージッククラブ、アフリカ、インド、インドネシア、日本、ラテンアメリカ、ミャンマー、パキスタン、スリランカ、タイ、東ティモール   ※当日ご来場いただけない方のために、ステージの様子をYouTubeでライブ配信します。ライブ配信をご覧になりたい方は、IUJの公式Youtubeチャンネルを是非ご登録ください。⇒  TubeIUJ…

2024/04/16
Frontpage Article @ja

国際大学にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。 説明会では、大学の特長や入試、給付型奨学金、キャンパスライフなど、大学スタッフがご説明します。使用言語は日本語です。 お気軽にお申し込みください。 オンライン説明会:2024年5月10日(金)12:10-12:40 参加お申込期限:2024年5月9日(月)11:59PMまでにお申し込みください。 ご参加方法 オンライン説明会には、アプリを利用した「ビデオ通話システム」を使用します。 ※インターネットにつながっているスマートフォン、タブレット、パソコンが必要です。 所要時間 30分 申し込み方法 ⒈ 申し込みフォームから事前予約 入力されたメールアドレスに、相談日時と「Zoom(ビデオ通話システム)」への招待メールをお送りします。 ⒉ アプリ「Zoom」をダウンロード(無料) スマートフォン・タブレットでオンライン相談を行うときは、無料通話アプリ「Zoom」が必要です。事前にダウンロードをお願いします。 >>アプリのダウンロードはこちら ⒊ イベント日時になったら、招待メールのURLにアクセス 事前にお送りする「招待メール」のURLをクリックすると参加できます。 国際社会起業家プログラム(ISEP)への出願を検討されている方で、個別の説明をご希望の方はお手数ですが、入学・就職支援室(contact@iuj.ac.jp)までご連絡いただきますようお願いいたしいます。   その他イベント オンライン個別相談もあります 大学職員があらゆるご質問のお答えします。 説明会の参加有無にかかわらず、疑問点がありましたらお気軽にお申し込みください。 詳しくはオンライン個別相談ページをご覧ください。   ================== お問い合わせ 入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp ==================

2024/04/10
ニュース

3月28日(木)、2010年Eビジネス経営学プログラム修了生Ganzorig, Vanchig氏をゲストにお迎えしinsightworXを開催しました。「IUJ insightworX」とは、スーパーグローバル大学創成支援事業の一環として、国内外の有識者やオピニオンリーダーを定期的にお招きし、世界が直面するグローバル・イシューについて議論を行うグローバルレクチャーシリーズです。 今回は、モンゴルダウン症協会会長を務めるGanzorig氏がご自身のご活動、経験について語りました。本学修了後、モンゴルにおいて多方面でご活躍する社会起業家としての信念、「3S」をご紹介し、Authenticity(信頼できること)、Acceptance(寛容な受け入れ)、Attitude(態度)の3点がご自身の活動を支えていることについて明かされました。多様性の社会で「自分らしく」いること、他人を受け入れる「寛容さ」の大切さについて語られ、参加した学生もGanzorig氏からの熱いメッセージに聞きいっている様子でした。 後半は、ダウン症の子どもを持つ親として長編映画製作に携わった『TRIO』を上映しました。モンゴルの大草原で強く生きる少年の姿や家族愛を感じる作品でした。本イベントを通して、本学修了生のご活躍を知る 機会となり、またダウン症、人権について理解を深める機会となりました。 モンゴル映画『TRIO』 (D・バトトゥムル監督・脚本・主演/2022年制作) 世界中の映画祭に招待され、すでに15ものアワードを獲得している注目の作品。 本年2月9日にはフランス・リヨンで毎年行われているFIFH(Festival InInternational Du Film Sur Les Handicaps)のオープニング作品として上映された。 《 人と自然・仏教・ダウン症 》 この三つのテーマを結び込み、モンゴルの豊かな自然の中で生きる少年とその母親の生涯を美しい映像表現で表した作品。今後日本各地での上映も決まっている。 『TRIO』紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=OPIFx4vzVdA&t=7s https://www.youtube.com/watch?v=mVmP3JADSiI&t=13s   ===== スーパーグローバル大学推進・地域連携室 025-779-1459 | sgu@iuj.ac.jp =====

2024/04/01
ニュース

2024年3月27日(水)、長岡向陵高等学校の1年生4名が当大学を訪れ、「食品ロス」をテーマに留学生にインタビューを行いました。 今回来学した高校生4名は、「総合的な探究の時間」の学習として「食品ロス」問題に取り組んでいます。その一環として、当大学のインド出身とフィリピン出身の留学生2名から、食品ロスに対する考え方や両国での取り組みについて「リアル」な声を聞くことを目的としていました。 留学生は高校生の質問に丁寧に答え、低所得者への食事提供の支援や、廃棄された食事を肥料として再利用する取り組みなどを分かりやすく説明しました。高校生は熱心にメモを取りながら、これまで接点のなかった異なる文化や視点からの食品ロスへの考えに耳を傾けました。 また、留学生にとっても普段かかわることが少ない高校生と日本語で交流し、有意義な時間を過ごす機会となりました。今後もさまざまな国・地域出身の学生が集まる当大学の教育資源を活用し、地域社会の国際化を推進していきます。           ※高校生たちの取り組みは、長岡で開催される市民講座で、7月末に発表される予定です。詳細は「まちなかキャンパス長岡」のウェブサイトでご確認ください。 ———————————————- 国際大学 スーパーグローバル大学推進・地域連携室 sgu@iuj.ac.jp ———————————————-

2024/03/27
ニュース

「IUJむすびばカレッジ」の第14回、第15回講演のお知らせです。 「IUJむすびばカレッジ」とは… 国際大学の教員や学生が自身の研究・教育分野の視点から地域のみなさまの生活に身近なトピックを取り上げ講話いたします。対話を通じて市民のみなさまに国際大学の教員や学生、研究分野等についてさらに知っていただくための交流の場を創出することを企図しています。相互の交流の機会を通して、国際理解や「内なる国際化」にも繋げていけることを期待しています。 ☑ 毎月第3土曜日 ☑ 会場は南魚沼市事業創発拠点 MUSUBI-BA(JR上越線六日町駅東口1階) ☑ 参加費無料 ☑ 事前登録制   ≪4月回≫ 【日時】2024月4月20日(土)15:00-16:30(14:30開場) 【タイトル】「ベトナムにおける日系企業のサステナビリティ戦略について考える」 【講演者】国際経営学研究科 在籍2年生 レ タン フー  フライヤーはこちら   ≪5月回≫ 【日時】2024月5月18日(土)15:00-16:30(14:30開場) 【タイトル】「蔓延するフェイク情報の実態と私たちができる対策」 【講演者】国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 山口 真一 准教授 フライヤーはこちら   詳しくは、「IUJむすびばカレッジ」ウェブサイトをご覧ください。 ———————————————- 国際大学 スーパーグローバル大学推進・地域連携室 sgu@iuj.ac.jp ———————————————-

2024/03/27
Frontpage Article @ja

石油化学新聞(3月25日)/ 橘川武郎学長のコメントが掲載されました。 「化学の力で持続可能な社会の実現を <座談会>カーボンニュートラルへの道」

2024/03/26
Frontpage Article @ja

中部経済新聞(3月16日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)の寄稿記事が掲載されました 中部経済新聞 視点 日本企業のグローバルサウス戦略

2024/03/21
Frontpage Article @ja

3月8日(金)、長岡市商工部産業立地・人材課、NPO法人長岡産業活性化協会NAZEならびに国際大学の共催で、「長岡市×国際大学キャリアミートアップ」を開催しました。 国際大学キャリアミートアップは、高度外国人材の活用や海外販路の開拓・拡大に興味・関心をお持ちの自治体や企業・事業者のみなさまと本学の留学生との双方向型の交流を通じて、新たな発見や繋がりを生み出すことを目的としています。今回は長岡市とのタイアップで実施しました。 当日は、日精サービス株式会社とアイビースタッフ株式会社による会社説明、NAGAOKA WORKER協議会加盟企業6社の紹介が行われ、留学生は熱心に耳を傾けていました。その後、各ブースに分かれて企業担当者と留学生が個別相談や意見交換を行いました。 真剣に話を聞く学生 企業ブースでの相談 個別相談会の様子 長岡市の企業と本学の学生は、同じ県内に存在しながら、これまでお互いを知る機会があまりなかったため、本イベントを通して相互理解を深める機会となりました。 今後も、新潟県内企業と留学生の交流を促進し、就職やインターンシップ等に限らず、新たなアイディアや機会を創出するために貢献していきます。 ===== 入学・就職支援室 就職支援担当 025-779-1518 | ccs@iuj.ac.jp スーパーグローバル大学推進・地域連携室 025-779-1459 | sgu@iuj.ac.jp =====

2024/03/19
ニュース

3月16日(土)に、「IUJむすびばカレッジ」を開催しました。今回のご講演は後藤英明教授(国際大学国際関係学研究科)が地域性における信頼度や忍耐強さが経済成長や学力にどのような影響を及ぼすのか、様々な統計をもとに分かりやすく解説しました。 著名な経済学者が世界価値観調査時に使用した実際のテストをいくつかご紹介し、他者をどのくらい「信頼」しているか、「忍耐強さ」に関する調査結果をもとに、国民性を知ることができました。結果によると、日本をはじめとするアジア諸国は他者に対する信頼度が高く、信頼度の変化が経済成長の推移にも関連していることが分かりました。また、個人主義・集団主義の測り方でみると日本人は集団主義を好む傾向があり、集団主義的な国々は稲作に適し、一方で個人主義的な国々(北米や豪州に多い)は小麦作に適している傾向があるなど、さまざまな調査結果が経済活動にも関連していることが分かりました。 講義の後半では、50年稲作に従事しているという参加者から、「昨年は高温・水不足に見舞われたが、農家同士が水位を分け合ったことで何とか収穫することができた。今日の話を聞いて、いかに集団主義的な傾向が稲作に合ってるか再認識することができた。」という感想もありました。 また今回、新聞日報掲載記事を見て遠方からお越しいただいた方がいらっしゃいました。IUJむすびばカレッジが南魚沼市を超え広く認知されてきたことを嬉しく思います。「IUJむすびばカレッジ」を通して、皆さんの関心のある様々な話題の提供や市民の皆様との交流をはかり、より一層地域に溶け込んでいけるよう取り組んでまいります。来月も開催しますので、初めての方も気軽にご参加ください。 今回の講義の公開予定はございません。ご了承ください。   —————– ★市民の皆様とのQ&Aコーナー★  会場の皆様からいただいたアンケートの質問に講師がお答えします! 続きを読む…   ≪≪次回のご案内≫≫ 2024年4月20日土曜日 15:00~(会場14:30) スピーカー:レ タン フー(国際大学国際経営学研究科 在籍2年生) テーマ:「ベトナムにおける日系企業のサステナビリティ戦略について考える」 詳しくは専用ウェブサイトをご覧ください。過去全12回の記録動画もご覧いただけます。 ————– 「IUJむすびばカレッジ」とは… 国際大学の教員が自身の研究・教育分野の視点からみなさまの生活に身近なトピックについてお話をします。対話を通じて市民のみなさんに国際大学のことをもっと知っていただくための交流の場となることを目指しております。 毎月第3土曜日(8月・12月を除く)に南魚沼市事業創発拠点MUSUBI-BAにて開催しています。参加費用は無料、事前登録制です。 ————————————————— 国際大学 スーパーグローバル大学推進・地域連携室 —————————————————

2024/03/15
Frontpage Article @ja

国際大学 国際経営学研究科は以下の要領で、海外居住者向け追加入試を実施いたします。 追加入試対象プログラム – MBAプログラム(1年制および2年制) – 日本・グローバル開発学プログラム(2年制) – デジタルトランスフォーメーションプログラム(1年制) 入試日程 出願締切 2024年4月23日(火) 数学テスト* 2024年4月30日(火) 面接* 2024年5月8日(水) 合格発表 2024年5月24日(金) 入学手続締切 2024年6月10日(月) *GMAT/GREスコアを持たない出願者は、GMAT/GREスコアの提出に代えてIUJ Math Testを受験することが出来ます。IUJ Math Test受験者には、英語による面接が課されます。   詳細は募集要項をご覧ください。 出願手続きはオンラインにてお願いいたします。   ご不明な点は下記までお問い合わせください。 国際経営学研究科入試担当:admgsim@iuj.ac.jp

2024/03/15
Frontpage Article @ja

新潟日報(3月13日)/ 新年度からスタートする新潟県と国際大学の連携事業が紹介されました 海外展開を目指す企業、国際大(南魚沼市)と新潟県が支えます!世界各地から集まる留学生の意見、商品開発や販売戦略に活用

2024/03/11
Frontpage Article @ja

時事通信(3月10日)/ 橘川武郎学長のインタビュー記事「東電、収益多角化で進展 柏崎原発は売却を」が掲載されました

2024/03/11
Frontpage Article @ja

日本経済新聞(3月9日)/ 「今を読み解く」に、橘川武郎学長の寄稿記事「脱炭素×原子力という難題 福島事故、能登地震で注目」が掲載されました

2024/03/11
Frontpage Article @ja

日本経済新聞(3月8日)/ 新年度からスタートする新潟県と国際大学の連携事業が紹介されました 企業の海外展開 後押し 新潟県と国際大、留学生と交流の場