HOME > NEWS&TOPICS一覧 > ガーナ大学と大学間交流協定を締結しました

ガーナ大学と大学間交流協定を締結しました

2017/03/06 [カテゴリ: クローズアップ, ニュース ] [作成者:

2017年3月2日、Owusuガーナ大学副学長を国際大学東京事務所にお招きし、大学間交流協定調印式を執り行いました。
調印式には、ガーナ大学(UG)からOwusu副学長、Kayang畜産学教授、国際大学(IUJ)からは、加瀬学長、Cooray国際関係学研究科副研究科長、加藤国際関係学研究科教授、篠田事務局長、Roselyn Asanteさん(国際経営学研究科MBAプログラム2年生)が参加、加藤教授の司会により進められ、両大学代表による挨拶の後、協定書を取り交わしました。
Roselyn AsanteさんはUGの卒業生で、現在はアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)「修士課程およびインターンシップ」プログラム により国際大学に留学しています。

Roselyn Asanteさんのコメント
調印式に参加することができて光栄でした。両大学に縁のある私にとって、この度のMoUは感慨深いものでした。両大学が協力関係を築くことで、様々な可能性が広がり、互いに高め合うことができると確信しています。

国際大学は日本を代表する55社とグローバル人材パートナーシップを締結しています。
今後、この連携をさらに深めるとともに、日本の経済界が次のビジネス展開の場として注目するアフリカに、「アジアの次」として注力していきます。「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)」に代表される国家的な人材育成事業も、日本企業支援側面を強調しており、従来のような単なる発展途上国での人材育成だけではない、多面的なアプローチが行われています。
そのような状況を踏まえ、本学においてもアフリカへの戦略的展開を掲げています。
既に50名以上の修了生を排出しているガーナを中心に、約170名の修了生ネットワークがアフリカにて構築されています。
修了生の多くは、現役官僚、大学教員そして企業の将来を担う人材として活躍しています。
本学の質の高い修了生ネットワークを更に強化し、アフリカでの活動を展開していきます。

IMG_0655 IMG_0707

スーパーグローバル大学推進室
WEB: http://www.iuj.ac.jp/sgu/index.html