HOME > NEWS&TOPICS一覧 > ラジオNikkei(9月21日)/ 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました

ラジオNikkei(9月21日)/ 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました

2021/09/24 [カテゴリ: Radio, ニュース ] [作成者:

ラジオNikkei(9月21日)/
林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。

========
テーマ:アフガニスタン情勢とインド経済
========

「8月末、アフガニスタンから米軍が完全撤退し、タリバンが実権を握りました。
タリバンはパキスタンと関係が深く、パキスタンは従来から中国と親しい関係にあります。
中国は現在、タリバン政権とも関係の構築を進めており、国内のインフラなどを急いで再建したいタリバンにとって好都合です。
以上のように、この地域で中国の影響力が深まることは、政治・経済の両面で中国と対立するインドにとって大きなマイナスになると考えられます。

さらに今般、中国はTPP(環太平洋パートナーシップ)に加盟申請しました。このことは、中国から見れば、対米国だけでなく、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)交渉にさえ加わらないインドへのけん制ともなり得ます。インドでは、国内のコロナ禍がよ
うやく落ち着き始め、今後は製造業の育成による貿易収支の改善などに取り組み、対外的には自由貿易政策を進めるといった改革が必要になるでしょう。」