HOME > NEWS&TOPICS一覧 > SGU事業基幹サイト『アフターコロナにおける大学の国際化』に国際大学GLOCOM 櫻井美穂子主任研究員の研究が掲載されました

SGU事業基幹サイト『アフターコロナにおける大学の国際化』に国際大学GLOCOM 櫻井美穂子主任研究員の研究が掲載されました

2021/03/30 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, Web, カテゴリーなし, ニュース ] [作成者:

文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業(以下、「SGU事業」)では、Withコロナ・Afterコロナにおける大学の新しい取組が社会から強い関心を持って注視されていることを受け、採択校のポストコロナにおける国際化の取組を紹介するコンテンツ『アフターコロナにおける大学の国際化』を新たに制作し、SGU事業基幹サイトで公開いたしました。

この『アフターコロナにおける大学の国際化』(英語ページ)において、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)の櫻井美穂子主任研究員/准教授の研究『未知の脅威に対する社会のレジリエンス:COVID-19と自然災害からの教訓』が掲載されました。これは、2011年の東日本大震災の研究に基づき、感染症と自然災害という2つの異なる災害の共通性を定義し、そのうえで、未知なる脅威に対する社会のレジリエンス向上に寄与する情報システムの役割を明らかにするものです。

https://tgu.mext.go.jp/en/aftercorona/index.html

国際大学は新型コロナウイルスの流行によって社会が大きく変化する中、ニューノーマルを見据えた新しい国際化の取り組みに挑戦しています。