HOME > 研究科 > GSIR > 研究科概要 > 3ポリシー

3ポリシー

修士課程
●教育研究上の目的
国際関係学研究科は、時代の潮流を見通す長期的なビジョンと多様な価値観を認識し理解できるグローバルな視野を有し、国際社会が抱える広範囲で多様な課題に対して高度な分析能力と問題解決能力を発揮できるプロフェッショナルを養成することを目的とする。
●アドミッションポリシー
◎学生受入れに係る理念
広く門戸を開き、国内及び国外から、専門の如何を問わず、多彩な背景を持つ人材を受入れ、学生間の相互交流を通じて実践的学識の充実を期待する。
◎入学者選抜の方法
入学者の選抜は、学生受入れの理念に基づき、国内居住者と海外居住者について行う。
◎選抜基準
キャンパスの国際的な知的環境の創造に寄与し、重要な政策課題を共に学び、国際場裡で実践活用できる人材を養成することを主眼とし、下記の基準に照らして選抜します。
1. 大学院で学ぶ動機(モチベーション)が明確であること。
2. 学部での学業成績が本学での教育・研究活動に必要な水準を満たしていること。
3. グローバル化が進む組織を牽引するリーダーとなる意欲と資質をもっていること。
4. 本学における高い教育研究過程に耐えうる人間的成熟度をもっていること。
5. 様々な国籍・背景を持つ本学学生の一員として、社会人としての健全な価値観を持ち、異文化を理解し、コミュニケーションを図り、世界的な人的ネットワークを築く意欲と資質をもっていること。
6. 教育・研究活動に必要な英語能力を習得していること。
●カリキュラムポリシー
(1)多様な価値観に対応し、またグローバルな視野を持ち、政治・経済・経営分野における広範囲な課題に対する問題発掘能力・分析能力・問題解決能力を有する有為な人材を養成すること。
(2)各プログラム固有の基礎科目を「必修科目」として位置付けたうえで、多様な専門科目を「応用科目」、「地域科目」として各プログラムで共通とし、絶えず変化する国際社会の諸課題に対し柔軟に対応すること。
(3)日本およびアジア地域における経験を有効に活用すること。
さらに、公表に値する高度な修士論文作成を重要な柱と考えており、多様な修士研究課題に対応する研究指導評価体制の提供も教育課程編成方針のひとつである。
●ディプロマポリシー
所定の修業年限在学し、各プログラムにおいて定められた授業科目の履修により所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえ学位論文及び最終試験に合格すること。

 

博士後期課程
●教育研究上の目的
博士後期課程では、時代の潮流を見通す長期的なビジョンと多様な価値観を認識・理解できるグローバルな視野を有し、かつ国際社会が抱える広範囲で多様な課題に対して自立して研究活動を行い、また高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を備えた人材を養成することを目的とする。

◎経済学クラスター
数理、統計的分析手法を包含した経済学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関その他の組織体において経済開発・経済政策に関連した業務に従事する高度専門的職業人を養成する。

◎公共経営学クラスター
公共経営学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関で効率的な経営管理などの業務に従事する高度専門的職業人を育成する。

◎国際関係学クラスター
安全保障など複雑性を増している国際関係学の高度な研究能力及び専門的な学識を有する研究者又は、そのような研究能力と学識を有し国際機関や行政機関で外交や安全保障政策の立案・執行などの業務に従事する高度専門的職業人を育成する。

●アドミッションポリシー
国内外に広く門戸をひらくという建学の理念に沿い、国内居住者と海外居住者とに分けて入学者を選抜し、本学修士課程出身者のみならず、広く国内外から入学者を受け入れる。
選抜は書類審査及び面接試験により行い、次の能力等を有している者を受け入れる。

〇博士後期課程の高度な研究に必要な研究能力や研究計画を有している者
〇博士後期課程の高度な研究を英語で遂行するために必要な英語能力を有している者
〇博士後期課程コースワークに必要な経済学、公共経営学、あるいは国際関係学の修士レベルの専門知識又はそれに準じる知識を有している者。

●カリキュラムポリシー
博士後期の教育課程は、「共通選択必修科目」及び「博士論文特別演習(研究指導科目)」の区分により体系的に編成される。共通選択必修科目は、博士の学位に相応しい高度な専門知識と学識の修得及び研究遂行能力の醸成を目的とする。博士論文特別演習は、博士論文執筆のための指導を目的とする。
共通選択必修科目は、専門分野に応じてクラスター毎に開講される。学生は1年次に専門とするクラスターを選択し、その開講科目をクラスターの指定必修科目として履修し、高度な専門知識を修得し、研究遂行能力を醸成する。また学生は、他のクラスター開講科目から必ず1科目以上履修しなければならない。これは、複数の専門分野に関連する研究課題にも対応できる研究能力の醸成の場を提供するとともに、博士の学位に相応しい学識として関連分野における素養を涵養することも狙いとしている。このようなカリキュラム編成とクラスター横断的な履修方法により、国際関係学の包括的な枠組みの中で学際的な教育を行い、グローバルな視野を持った人材養成を行う。
博士論文特別演習は、博士論文の指導を行うため、1年次から3年次まで配当される。1年次は、上述の共通選択科目の履修により高度な専門知識と学識の修得及び研究能力の醸成を目指しつつ、博士論文特別演習Ⅰを履修し、博士論文の指導を受ける。そして1年次に修得した知識と学識及び醸成した研究能力を2年次に配当される博士論文特別演習Ⅱ、3年次に配当される博士論文特別演習Ⅲで更に発展させ、博士論文執筆に取り組む。
●ディプロマポリシー
以下の要件を満たした場合に、「長期的なビジョンと多様な価値観を認識・理解できるグローバルな視野を有し、かつ国際社会が抱える広範囲で多様な課題に対して自立して研究活動を行い、また高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を備えた人材」という養成の目的に合致する者として、博士の学位を授与する。

◎博士後期課程に3年間在籍し、必要な研究指導を受けた上、次の要件を満たすこと。

〇共通選択科目必修科目より各クラスター3科目(6単位)を含む4科目(8単位)を履修し合格すること。
〇博士論文特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(各3単位、計9単位)を履修し合格すること。
〇博士後期課程1年次終了時に行われる博士候補認定試験に合格すること。
〇研究論文1編以上が査読付学術誌において掲載が受理された上で博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。

GSIR