LANGUAGE

グローバル・リーダーの育成

国際大学では、37年前の開学当初から「グローバル・リーダーの輩出」を目的とした教育・研究活動を行い、
他の大学に類を見ない国際的な環境を実現し、優秀な教授陣と経済界による強力な支援によって、
世界129ヵ国4,360人の修了者を輩出してきました。これまでの実績を基に、本構想で更に発展させ、
世界のリーダーとなり得る人材を育成し、世界に貢献できる大学を目指していきます。

Establishing a New Global Standard from Asia

国際大学SGU事業ロジックモデル

国際大学が目指す未来

多文化社会におけるグローバル・リーダーを育成

高等教育の分野における国や地域を越えた競争や調和に向けた動きが加速しています。世界中から優秀な研究者や学生を集め、異なる文化への寛容性を持って地球規模課題の解決や未来の創造に貢献しグローバルに活躍する人材、グローバルな視点を持って豊かな地域社会の創造に積極的に貢献しようとする志を持った人材を育成するとともに、世界の高等教育マーケットにおける存在感を発揮し、大学自体の体制や組織文化そのものの国際通用性を高め、国際競争力を向上させていきます。

本構想における取り組み
  • 即戦力となる
    グローバル・リーダーの育成

    優秀な教授陣、強靭な修了生ネットワーク、ビジネススクール国際認証AACSBの取得により、アジアを中心とした世界の卓越した大学のダブル・ディグリー・プログラムを拡充。優秀で多様な学生を受け入れ、海外大学への送り出しを行うことで、国際的な視野をもつ人材を育成します。

  • アフリカ諸国での
    人材ネットワークの構築

    アフリカ諸国での人材ネットワークの構築では、ABEイニシアティブによる学生受入、ガーナを中心としたアフリカでの修了生ネットワークの構築、トップ大学との留学協定締結、大学説明会の開催、協定校での本学教員による短期プログラムの実施を行います。

  • 国際協力人材
    育成プログラムの拡充

    新たに「日本・グローバル開発学プログラム(JGDP)」を開始し、日本の開発経験(日本の近代化経験や戦後のドナーとしての知見)を英語で学ぶことで、国際協力分野ならびに国際ビジネス分野において母国発展に寄与する開発途上国のトップリーダーを育成、また海外において日本を積極的に発信できる人材を育成します。

  • 日本企業の
    海外進出支援

    教育的側面からの支援として、『日本・グローバル開発学プログラム(JGDP)』による専門教育、研究科横断型の言語教育研究センター新設とそれに伴うe-learning教材の作成/ブレンデッド学習の導入、海外拠点を活用した日本企業のナショナルスタッフ研修ならびにビジネス日本語教育により、国内外から日本企業の海外進出を強力に支援する人材を育成します。

これまでのグローバル養成と32年の実績(2014年採択時実績)
  • 外国語による授業科目(166科目)

    100

  • TOEFL等外部試験の入試への活用

    100

  • 外国語のみで修了できるプログラムの割合

    100

  • 奨学金支給の入学許可時の伝達

    100

  • シラバスを英語化している授業科目

    93.4

  • 外国人教員等の割合

    87.5

外国人教員の出身地域割合

男女共同参画
外国人教職員の雇用拡大

ガバナンス改革

教員と職員の拡充

教員

職員

即戦力となるグローバル・リーダーの育成

アジアへの日本人学生送り出し 2013年度 2016年度 2019年度 2023年度
ダブル・ディグリー・プログラム履修者数 0人 6人 10人 12人
国際協力人材育成 2013年度 2016年度 2019年度 2023年度
日本・グローバル開発学プログラム(JGDP)の日本人受講者数 0人 0人 10人 15人
日本・グローバル開発学プログラム(JGDP)の履修者数 0人 0人 50人 100人

アフリカ諸国での人材ネットワークの構築

アフリカでの基盤作り 2013年度 2016年度 2019年度 2023年度
アフリカ協定校数 0校 3校 5校 5校
アフリカにおける大学説明会参加者数 0人 150人 250人 400人
アフリカからの留学生数 9人 15人 25人 40人

日本企業の海外進出支援

教育的側面からの日本企業支援 2013年度 2016年度 2019年度 2023年度
日本・グローバル開発学プログラム、ナショナルスタッフ教育及び日本語教育の受講者数 0人 100人 300人 500人
受講者数に占める修了者数の割合 0% 50% 60% 70%
受講者が現地日本企業へ就職した数 3人 20人 20人 25人