南魚沼市とその周辺について

風景 国際大学(IUJ)は魚沼コシヒカリで有名な新潟県南魚沼市にあります。平成16年11月1日に六日町と大和町が合併して南魚沼市が誕生、その後平成17年10月1日に塩沢町も加わり、現在の南魚沼市となりました。人口6万2千人。平成21年のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続ゆかりの地でもあります。IUJの最寄り駅は上越新幹線、及び上越線の「浦佐駅」です。浦佐駅は越後湯沢駅と長岡駅の中間にあり、東京からは上越新幹線で90分です。

南魚沼市を含む魚沼地方は、東に越後駒ケ岳、中ノ岳、八海山の越後三山を、西に魚沼丘陵を望み、中央に魚野川が南北に流れる山紫水明の地です。四季折々の自然が美しく、移りゆく季節を肌で感じることができます。春は残雪を背景に咲く桜を愛で、夏は花火と「八色すいか」を堪能し、秋は山々の紅葉に圧倒され、冬は凛とした雪景色に身が引き締まることでしょう。

厳しい勉強の合間には、テニスやゴルフはもちろんのこと、登山やハイキング、夏は魚野川でのカヌー、少し遠出して海水浴、冬はスキー、スノボと、スポーツも一年中手軽に楽しめます。また、南魚沼市を始め、隣の魚沼市や湯沢町には、温泉旅館はもちろんのこと、手軽に楽しむことができる日帰り温泉がたくさんありますので、在学中にいろんなお湯を試してみてはいかがでしょうか。また、新潟は花火王国。柏崎市(海)、長岡市(川)、小千谷市片貝(山)の花火は三大花火として特に有名です。それ以外にも、各地で夏祭りの花火が打ち上げられますので、花火三昧はいかがでしょうか。頭と体が疲れたら音楽でリラックス。コンサートホールは、南魚沼市に「南魚沼市民会館」が、お隣の魚沼市には「小出郷文化会館」があり、優れた音響設備でクラシック等の一流の演奏を気軽に楽しむことができます。

IUJでの2年間、或いは1年間の自然に囲まれた生活を大いに楽しんでください。

関連リンク


このページの情報は役に立ちましたか?
はい いいえ

電子メール(任意):

コメント(任意):