修了要件と科目

カリキュラム

国際関係学プログラム(IRP)では、まず国際関係学の基礎を修得するため、9つの基礎科目のうち5つを選択します。さらに、29の応用科目と地域科目を提供しており、学生は、国際関係をあらゆる局面から理解するために必要とされる基本概念や実証的知識、分析力等を習得できます。同時に、地域研究や様々な主題を学際的に扱う国際関係学の幅広い領域をカバーする選択科目群が用意されており、学生は自己の関心・目的に合致した科目を選択可能です。2年間という修学期間において、学生は各自の学問的目標達成がかなえられる柔軟性を、IRP は備えています。

修了要件 *2019年入学者向け

修士(国際関係学)

                                                                 選択必修科目   
                          18単位以上または22単位以上(基礎科目 / 応用科目 / 地域科目の合計)   (注1)
基礎科目
10単位以上
・比較政治論
・現代国際安全保障論
・対外政策決定論
・国際関係史
・国際人権論:文化、ジェンダー、平等
・国際経済論
・国際機構論
・国際政治経済論
・国際政治学
応用科目
4単位以上
・異文化コミュニケーション論
・外交と国家
・外交概論
・環境・持続可能な開発と人間の安全保障
・基礎経済学
・国際市民社会論:市民と民主主義
・グローバル・イシュー*
・国際紛争処理と平和構築
・国際法
・貧困と人間の安全保障
・難民・移民と人間の安全保障
・リサーチ方法論
・安全保障と戦略:国家と国際関係からの視点                   *1単位の科目
地域科目
4単位以上
・アメリカ対外政策論
・中国外交論
・現代日本経済論
・国際政治経済と日本発展の軌跡
・日本の国際関係と外交政策
・ユーラシアにおける国際関係
・東南アジアにおける国際関係
・中東における国際関係
・世界の中の近代日本
・日本の対外援助政策
・日本の安全保障政策
・日本の財政と行政
・80年代までの戦後日本経済
・戦後の日本政治
・現代日本における社会問題:モダンとポストモダン
                                                   選択必修科目 – 基本専門科目
                                                   各分野から少なくとも2単位 計8単位以上
政治学分野
(GSIR提供科目)
・比較政治論
・現代国際安全保障論
・対外政策決定論
・国際人権論:文化、ジェンダー、平等
・公共組織経営
・行政学
経済学分野
(GSIR提供科目)
・ミクロ経済学 I:価格理論
・マクロ経済学 I:所得理論
・費用便益分析
・開発政策とグローバル化
・基礎経済学
・国際経済論
経営学分野
(GSIM提供科目)
・財務会計学
・国際経営
・マーケティング・マネジメント
・オペレーションズ・マネジメント
・組織行動論
・経営戦略
                                                              自由選択科目
教員の指導のもと、国際大学が提供するすべての授業科目(含語学科目)から選択します。但し、修了要件単位に含めることのできる語学科目の単位数は上限4単位です。
                                                          指定必修科目 (注2)
                                                                       特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
                                                      修了要件単位:40単位

上記履修区分毎の必要単位数を取得することに加え、所属研究科が提供する授業科目から、合計30単位以上を取得する
ことが求められます。

(注1) 選択必修科目の必要単位数は、修士論文を選択した場合(6単位)と研究レポートを選択した場合(10単位)で
異なります。
(注2) 特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは指定必修科目で6単位を取得することが求められますが、研究レポートを選択した場合は
6単位中2単位のみが、修士論文を選択した場合は、6単位全てが修了要件に含まれます。

GSIR