HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2016/11/10
Frontpage Article @ja

2016年11月5・6日の2日間、横浜市立南高等学校1年生25名を迎え、異文化コミュニケーション研修を実施しました。 研修は、英語を「アウトプット」することに重点を置き全編英語で実施されました。1日目は、国際大学言語教育研究センター長モハメッド・アーメット教授によるCross Cultural Communicationの講義を受講、本学学生もファシリテーターとして講義に参加しました。講義では、日本の文化・慣習・考え方を他国と比較し、「なぜ、文化によって視点や考え方が違うのか。またその理由はどこから来ているのか。」について考え、ファシリテーターとのグループディスカッションや意見発表を行いました。2日目は、ファシリテーターによるキャンパスツアーやアクティビティーを実施、2日間を通して、英語での「アウトプット力」強化に努めました。 2014年文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の採択を受けて、国際大学はスーパーグローバルハイスクールとの連携を推進してきました。 横浜市立南高等学校は、平成27年度スーパーグローバルハイスクール指定校となり、「総合的な学習の時間」を中心に、東南アジア地域を主たるフィールドとして、持続性のあるソーシャルビジネスによって社会の課題を解決するアイデアを構想し、実践することができる次世代ビジネスリーダーの育成に取り組んでいます。 国際大学は、本学スーパーグローバル大学構想に基づき、日本社会並びに教育のグローバル化を牽引していきます。   国際大学  スーパーグローバル大学推進室 Tel: 025-779-1459 Email: sgu@iuj.ac.jp

2016/10/28
クローズアップ

志願者向けの説明会を東京事務所で11月11日(金)に、大阪会場で11月12日(土)に開催します。世界が集まるユニークな大学環境の紹介、修了生による在学時の体験談も聞けます。 是非ご参加ください。 【国際大学(IUJ) 説明会】 説明会内容 -大学紹介DVD上映 -大学概要、入試、奨学金等の説明 -修了生による体験談 -Q&A –東京– 日時: 2016年11月11日(金)19:00-21:00 会場: IUJ東京事務所(港区六本木6-15-11 ハークス六本木ビル2F) 東京会場へのお申し込みはこちら: https://www.iuj.ac.jp/admission/subscription/?action=i&language=j&id=135 –大阪– 日時: 2016年11月12日(土)14:00-16:30 会場: 大阪大学中ノ島センター 308教室 (大阪市北区中ノ島4-3-53) 大阪会場へのお申し込みはこちら: https://www.iuj.ac.jp/admission/subscription/?action=i&language=j&id=140   本年の説明会・オープンキャンパス・海外フェア日程: http://www.iuj.ac.jp/admission/opencampus/index.cfm?Language=J お問合せ 入学・就職支援室 949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地 TEL: 025-779-1104 FAX: 025-779-1188 E-mail:contact@iuj.ac.jp

2016/10/13
Frontpage Article @ja

言語教育研究センター日本語プログラムは、スーパーグローバル大学創成支援事業の一環として、外国人日本語学習者を対象に日本語教育アプリケーション「がんばってシャドーイング」を作成、App Storeにて世界各国に向けリリースしました。 シャドーイングとは、同時通訳の練習方法を第2言語習得の練習に応用したもので、音声を聞くとほぼ同時に影のように後から追いかけて同じ内容を口に出す練習方法です。発音だけではなく、リスニングやスピーキングの上達にもつながります。 教材には音声機能及び音声録音機能が搭載されており、シャドーイング後に学習者が自分の音声を確認することによって学習効果を高めることができます。 下記URLからダウンロードが可能です。 https://itunes.apple.com/jp/app/ganbatteshadoingu/id1158001878?mt=8 本学は2研究科を有する大学院大学であり、外国人留学生を対象とした「日本語」科目を除いて、すべての科目を英語で開講しています。そのため、日本語能力を有さない外国人留学生が数多く在籍していますが、異文化理解、日系企業への就職、地域社会との交流等要因に鼓舞され、多くの学生が日本語の修得に励んでいます。 【その他日本語教育教材】 ・ひらがな・カタカナ学習アプリケーション「がんばってかな」 URL: https://geo.itunes.apple.com/jp/app/ganbattekana/id1091966267?mt=8  “Introduction” “Practice” “Test”の3つのセクションから構成され、音声機能、音声認識機能及び手書き認識機能により、さまざまな方法でひらがな・カタカナの練習が可能。 ・日本語動画教材 URL: http://www.iuj.ac.jp/language/japaness_videoclips.html  初めて日本に渡航する外国人留学生を対象として、初級コミュニケーションと渡日時のトピックスを組み合わせた約5分間で学習できるeラーニング教材。 本学は、これらを用いて、アジア諸国でビジネスを展開する日本企業が求めている日本語や日本的ビジネスの運用・実行力を含めた実践的な日本語教育の提供し、教育的側面から日本企業を支援していきます。 言語教育研究センターウェブサイト:http://www.iuj.ac.jp/language/index.html スーパーグローバル大学創成支援事業:http://www.iuj.ac.jp/sgu/ 【本件に関する問合せ先】 国際大学 スーパーグローバル大学推進室 電話:025-779-1459 Eメール:sgu@iuj.ac.jp 担当:石坂・加藤

2016/10/12
Frontpage Article @ja

10月7日(金)、「第6回国際大学(IUJ) CHOフォーラム」が下記の通り、東京にて開催されました。今回は、「成長戦略とグローバルリーダーの育成」をテーマに、35社約40名の方からご参加いただきました。 槍田理事長は挨拶の中で、9月末に行われた「新入生歓迎の日」に触れ、今年も43ヵ国192名の新入生を迎え、派遣生の皆さんがマルチナショナルな環境で寝食を共にする中で、グローバルに活躍できる人材に育ってほしいと期待の言葉を述べました。 加瀬学長よりゲストスピーカーのテルモ株式会社取締役社長 新宅祐太郎氏と全日本空輸株式会社取締役執行役員 國分裕之氏のお二人をご紹介、各発表後には、参加者から積極的な質疑や意見交換が行われました。 新宅氏は、日本発のグローバル企業のリーダーに求められることとして、以下の3つを挙げられました。 1.知識、洞察力、気迫で負けないこと。(外国人の部下を持った場合に、ボスは自分だと言えること。) 2.世界のエリートに共通する礼儀作法(プロトコール)やコミュニケーション能力 3.プロフェッショナルな英語 國分氏は、「グローバル化とは”日本から海外へ”だけではなく、“海外スタッフにも日本を知ってもらう”ことでサービスの向上につながる」と述べました。また、海外赴任時の目標として、現地スタッフから「また一緒に働きたい」と思われて帰国することと述べられ、1.世界とたたかい、2.よく知られ、3.愛される を求めるグローバル人財像として挙げられました。 グループディスカッションでは各社の事例や課題など意見が交わされ、和気藹々とした盛り上がりをみせました。その後、各グループの代表者が、各社の抱える課題や意見などを発表し、参加者と共有しました。 閉会の挨拶で森副理事長は、企業の成長に関して、「成長戦略と人材育成をいかにリンクするか、いかにコアになるリーダーを育てていくか、人材育成は設備投資と同じくらい重要」と述べました。 フォーラム終了後は、同会場にて懇親会を行い、和やかな雰囲気の中で懇談や意見交換が行われました。 記 2016年10月7日(金) 国際大学(IUJ)第6回CHOフォーラム テーマ「成長戦略とグローバルリーダーの育成」 (於 GCA株式会社 セミナーホール) 14:00 挨拶 理事長 槍田 松瑩 ゲストスピーカー紹介 学 長 加瀬 公夫 14:10 「成長戦略とグローバルリーダーの育成」についての事例発表 テルモ株式会社 代表取締役社長 新宅 祐太郎 氏 Q & A 14:50 全日本空輸株式会社 取締執行役員 國分 裕之 氏 Q &…

2016/10/12
Frontpage Article @ja

  国際関係学研究科 熊谷奈緒子准教授の本「The Comfort Women: Historical, Political, Legal and Moral Perspectives(Translated by David Noble)」が出版されました。 こちらから詳細をご覧いただけます。 http://www.iuj.ac.jp/research/outputs/books.cfm

2016/10/06
Frontpage Article @ja

10月22日(土)、志願者向けの説明会を東京事務所で開催します。 世界が集まるユニークな大学環境の紹介、修了生による在学時の体験談も聞けます。 是非ご参加ください。 国際大学(IUJ)説明会 日時: 2016年10月22日(土)14:00-17:00 会場: IUJ東京事務所(港区六本木6-15-11 ハークス六本木ビル2F) http://www.iuj.ac.jp/ja/about/tokyo_office/ スケジュール: 13:30  受付開始 14:00  挨拶、資料説明 14:10  IUJ DVD 上映 14:20  IUJ概要・入試・奨学金等の説明 15:05  休憩 15:15  修了生による体験談 15:30  Q & A (17:00) 閉会 こちらのお申し込みフォームからお申し込みいただけます。 本年の説明会・オープンキャンパス日程はこちら。

2016/10/04
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)では、9月30日(金)、下記のとおり『新入生歓迎の日』を体育館にて行いました。 2016年の新入生は、国際関係学研究科106名(博士後期課程4名を含む)、国際経営学研究科86名の計192人(43か国・地域)となりました。IUJの特色の一つとして、ミャンマー、ベトナム、インドネシアなどアセアン諸国からの学生が多く、また、アフリカからは17か国の学生が集まり、今年は初めて南スーダンからも入学しました。 加瀬公夫学長より、「日本における真に国際的でユニークな教育機関」とIUJを紹介、学生生活を始めるにあたり3つの提案「1.精神的、身体的な准安静を構築すること、2.一生懸命勉強すること、3.異なる文化、考え、言語、宗教を持つ人にどのように敬意を払うべきかを学ぶこと」を述べ、期待を寄せました。 槍田松瑩理事長は、来年創立35周年を迎えることに触れ、115か国・地域以上の、地球上ほぼ全てに広がるIUJの修了生ネットワークは大変強固で、将来互いに助け合い、協力し合えるものであると述べました。また、田んぼと豪雪というIUJのユニークな環境に触れ、「自然に感謝し、見識を深め、自分自身の内面の世界を深める良い機会」であり、「皆さん全てが次世代のグローバルリーダーになれる可能性を持っている」と激励しました。 新入生紹介は、司会のリチャード・スミス教授が、長い名前の発音に苦戦しながらも、ABC順の国ごとに新入生一人一人の名前を読み上げるアットホームなものです。紹介された学生はその場に立って笑顔で手を振り、中には持参した国旗を振る学生や、合掌する学生などもいて、その国の文化がにじみ出ていました。また、母国の民族衣装や帽子を身にまとった学生達もいて、とても華やかでした。 新入生の皆さん、そして交換留学生の皆さん、IUJにようこそ。 ご入学おめでとうございます! ———————————————————————————————————————————————————————– 新入生のコメント: 国際経営学研究科 ネパール出身 アルジュン ライさん: 豊かな自然環境、フレンドリーな学生方、親切な教職員のおかげで新しい環境をもう楽しんでいます。立派なリーダーになれるよう、しっかり勉強していきたいです。 国際経営学研究科 千坂幸子さん: 40を超える様々な国の生徒とともに生活し、またともに勉強できることをとても楽しみにしています。 Study-hard, Play-hard な有意義な一年となるよう、共に助け合い励ましあいながら精一杯頑張りたいと思います。 ———————————————————————————————————————————————————————– 英語で祝辞を述べる加瀬学長 名前が呼ばれ合掌する新入生         賑わうティーパーティ   記 2016年9月30日(金)新入生歓迎の日スケジュール 於 国際大学(IUJ)体育館 歓迎行事 (14:00-15:00) 歓迎の挨拶 学 長  加瀬 公夫 理事長  槍田 松瑩 来賓ご紹介 新入生紹介 役職者紹介 学長 加瀬 公夫 教員紹介 国際関係学研究科 国際関係学副研究科長 クーレイ・ナーワーラゲ・S 国際経営学研究科 国際経営学研究科長 リー・ウェンカイ…

2016/10/03
Frontpage Article @ja

2016年8月26日から28日にケニアの首都ナイロビのケニヤッタ国際会議センターで開催されたTICAD VIジャパン・フェアに日本・アフリカ大学連携ネットワーク(JAAN)加盟大学として資料参加しました。 ブースでは、本学を含め15の日本・アフリカ大学連携ネットワーク(JAAN)参加校・機関ならびに日本アフリカ学会、文部科学省より提供された資料、ポスターを掲示・配布し、日本及びアフリカ諸国の政府、企業、大学、NGO関係者に対して、日本の大学における教育研究活動について紹介しました。3日間で約7,000名が来場し、8月27日には、安倍晋三内閣総理大臣がケニヤッタ・ケニア大統領及びその他のアフリカ首脳等とともにジャパン・フェアを視察に訪れました。 本学は、「スーパーグローバル大学創成支援事業」の取り組みの一つとして、アフリカ諸国での人材ネットワークの構築、人材育成を掲げています。先見性を持ってアフリカに進出することにより、日本経済界が次のビジネス展開の場として注目するアフリカにおいて、教育分野からの支援を可能にします。 今後は現地大学との連携強化、海外拠点の設立等アフリカ諸国において戦略的な展開を進めていきます。 ジャパン・フェア出展用に制作したリーフレットは下記URLからご覧いただけます http://www.iuj.ac.jp/sgu/pdf/InterviewforStudentandAlumnifromAfricanCountries.pdf ブースには日本・アフリカ大学連携ネットワーク(JAAN)加盟大学のポスターが掲示されました(上段中央 国際大学ポスター) リーフレットは好評を博しました ブースの様子 スーパーグローバル大学推進室 TEL 025-779-1489 E-mail sgu@iuj.ac.jp Web http://www.iuj.ac.jp/sgu/index.html

2016/09/29
クローズアップ

10月29日(土)に、オープンキャンパスを開催します。秋学期が始まり活気溢れるキャンパスにぜひお越しください。 多くの皆様のお申込みをお待ちしています。 2016年10月29日(土)オープンキャンパススケジュール 日時: 2016年10月29日(土)11:00-(16:00) 場所: 国際大学(IUJ)キャンパス 地図: https://www.iuj.ac.jp/jp/about/campus/ 新幹線ご到着の時間に合わせ、 浦佐駅改札口(一つ)よりご案内します。 (10:45) 浦佐駅東口(IUJバス停)発、キャンパスへ 10:55 キャンパス着 (お車をご利用の方は、正面玄関駐車場に10:50までにお越しください。) 11:05 国際大学(IUJ)概要、入試・奨学金等の説明、Q & A 12:00 学生との昼食懇談 13:15 キャンパス見学 14:15 各研究科教員及びスタッフとの個別相談 (個別相談後は自由) 16:00 キャンパス発、タウンツアー(30分) 16:30 浦佐駅着 お申込み期日: 2016年10月20日(木) こちらのWebsite内からお申し込みいただけます。 2016年度の説明会(東京・大阪)、海外フェアの情報はこちら。 ———————————————————————– JR 上越新幹線のご案内: 1.東京方面より 8:52東京駅発 10:38…

2016/09/15
IM ニュース

2017年度入試(修士課程)の出願受付を開始しました。 出願はオンラインでのみ受け付けております。 国際大学のホームページからご登録ください。 https://www.iuj.ac.jp/jp/admis/online/ 別途、成績証明書や推薦書等の郵送が必要です。 詳細は学生募集要項でご確認ください。 https://www.iuj.ac.jp/jp/admis/ 奨学金情報も同サイトからご覧いただけます。 国際関係学研究科博士後期課程への出願は郵送での受け付けとなります。 詳細は博士後期課程学生募集要項でご確認ください。 <お問い合わせ先> ・国際関係学研究科入試係(国際関係学、国際開発学、公共経営・政策分析、公共政策プログラム(1年制)、博士後期課程)  admgsir@iuj.ac.jp   Tel: 025-779-1200 ・国際経営学研究科入試係(MBA2年制、MBA1年制、Eビジネス経営学プログラム)  admgsim@iuj.ac.jp   Tel: 025-779-1500