HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2017/03/17
Frontpage Article @ja

4月8日(土)、東京事務所で志願者向けの説明会を開催します。 世界が集まるユニークな大学環境の紹介、修了生による在学時の体験談も聞けます。 多くの皆様のご参加をお待ちしています。 国際大学(IUJ)説明会 日時: 2017年4月8日(土)14:00-(16:00) 会場: IUJ東京事務所(港区六本木6-15-11 ハークス六本木ビル2F) 【スケジュール】 13:30  受付開始 14:00  挨拶、資料説明 14:05  IUJ DVD 上映 14:10  学校概要・入試・奨学金等の説明 14:50  休憩 15:00  修了生による体験談 15:15  Q & A および個別相談 (16:00) 閉会 【お申し込み】 https://www.iuj.ac.jp/admission/subscription/?action=i&language=j&id=174   【2017年度の説明会・オープンキャンパス情報】 http://www.iuj.ac.jp/admission/opencampus/index.cfm?Language=J *5月13日にオープンキャンパス・インターナショナルフェスティバル(学園祭)を開催します。国際色の豊かなキャンパスを体験できます。是非お越しください。 【お問い合わせ】 国際大学(IUJ) 入学・就職支援室 TEL: 025-779-1104…

2017/03/16
Frontpage Article @ja

Expansion MBA ランキングが発表され、国際大学(IUJ)国際経営学研究科MBAプログラムが世界トップ100中66位に入りました。 ランキングの詳細はこちら: http://expansion.mx/carrera/2017/03/01/las-mejores-escuelas-y-universidades-del-mundo-en-programas-de-tiempo-completo

2017/03/06
クローズアップ

2017年3月2日、Owusuガーナ大学副学長を国際大学東京事務所にお招きし、大学間交流協定調印式を執り行いました。 調印式には、ガーナ大学(UG)からOwusu副学長、Kayang畜産学教授、国際大学(IUJ)からは、加瀬学長、Cooray国際関係学研究科副研究科長、加藤国際関係学研究科教授、篠田事務局長、Roselyn Asanteさん(国際経営学研究科MBAプログラム2年生)が参加、加藤教授の司会により進められ、両大学代表による挨拶の後、協定書を取り交わしました。 Roselyn AsanteさんはUGの卒業生で、現在はアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)「修士課程およびインターンシップ」プログラム により国際大学に留学しています。 Roselyn Asanteさんのコメント 調印式に参加することができて光栄でした。両大学に縁のある私にとって、この度のMoUは感慨深いものでした。両大学が協力関係を築くことで、様々な可能性が広がり、互いに高め合うことができると確信しています。 国際大学は日本を代表する55社とグローバル人材パートナーシップを締結しています。 今後、この連携をさらに深めるとともに、日本の経済界が次のビジネス展開の場として注目するアフリカに、「アジアの次」として注力していきます。「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)」に代表される国家的な人材育成事業も、日本企業支援側面を強調しており、従来のような単なる発展途上国での人材育成だけではない、多面的なアプローチが行われています。 そのような状況を踏まえ、本学においてもアフリカへの戦略的展開を掲げています。 既に50名以上の修了生を排出しているガーナを中心に、約170名の修了生ネットワークがアフリカにて構築されています。 修了生の多くは、現役官僚、大学教員そして企業の将来を担う人材として活躍しています。 本学の質の高い修了生ネットワークを更に強化し、アフリカでの活動を展開していきます。   スーパーグローバル大学推進室 WEB: http://www.iuj.ac.jp/sgu/index.html

2017/03/02
Frontpage Article @ja

2017年2月26日(日) ジャパン・ ビジネス・モデルコンペティション(JBMC) 2017の決勝ラウンドが「みなとみらいInnovation & Future Center」(横浜市)にて開催されました。IUJからベトナム人留学生のHa PhungさんとChau Nguyenさんのグループが出場しました。彼女らのビジネスモデルはフリーマーケット商品をネット活用して情報交換する”Hanoi Zstore”というものでした。前日の2月25日(土)には、多摩大学大学院にて準決勝が行われ、各地区のラウンドで勝ち抜いた24チームが優れたビジネスモデルを発表しました。彼女らは、そのなかで上位8チームに選出され見事決勝ラウンドに進出しました。入賞こそ逃したものの大健闘しました。今回の出場を機に、ビジネスモデルの事業化に向け、今後のより一層の活躍に期待が持てます。IUJも地域の大学、企業や機関と共同してさらに起業家教育に推進して参ります。 【ジャパン・ ビジネス・モデルコンペティション(JBMC)とは】 2011年より米国で始まった学生によるビジネスモデルコンテストです。 これまでのビジネスのプラン競うコンテストとは異なりビジネスモデル(どのような仕組みで価値を提供し利益を上げるか)の立案と仮説検証に重点を置いたコンテストです。 関連リンク:http://japan-bmc.com/

2017/02/28
Frontpage Article @ja

2月25日(土)、市営八海山麓スキー場にて学生自治体(GSO-EC)によるIUJスキーデーが開催されました。 学生をはじめ、学生の家族、友人、教職員、修了生等計140名が参加し、お天気もよく、大盛況となりました。毎年、初めてスキーやスノーボードを体験するアフリカやアジア出身の学生が多く、午前中は経験者が初心者を教え、お昼にはおむすびとけんちん汁がふるまわれ、午後はフリーになります。最初は雪上を歩くのもおぼつかなかった学生も、午後にはリフトに乗れる人もいて、それぞれの楽しみ方で1日を満喫しました。 また、今年は池田記念スポーツ文化財団による「環日本海沿岸諸国とのスポーツ国際交流援助事業」補助金をいただき、イベントの運営の一部に充てさせていただきました。八海山麓スキー学校、スキー場スタッフ、レンタルショップの皆様にも、ご尽力・ご協力いただき、大変ありがとうございました。 学生のコメント 国際経営学研究科1年 南アフリカ出身 Mariam Januaryさん: スキーデーの翌朝、全身が筋肉痛で起きられませんでした。唯一、私の笑顔だけは無事でした。スキーデーはとても素晴らしい1日でした。スキーとスノーボード経験者のサポートも素晴らしく、斜面をなかなか滑り下りられない学生を根気よくサポートしている姿を何度も見ました。私自身も友人たちのサポートのおかげで、斜面を転ぶことなく下りることが一度出来たことはとても誇りに思っています。スキーとスノーボードが病みつきになることを知った今、来年のスキーデーには体力をつけて臨みたいと思います。GSO-ECの皆様、本当にありがとうございました。スキーデーは大成功です!                

2017/02/20
Frontpage Article @ja

NHK BS1の番組「クールジャパン」の出張収録が過日、南魚沼市内で行われ、国際大学(IUJ)外国人学生89人(38か国・地域)が参加しました。 今回のテーマは、「雪国」。 新潟に来て初めて雪を見た人も多く、様々な地域からの学生が、クールな新潟の「雪国」を発掘しました。 日本人とは違った視点で見た「雪国」。どんな発見があったでしょうか? 是非ご覧ください!! NHK BS1  COOL JAPAN 「雪国」~出張COOL JAPAN in新潟 放送日     3月5日(日)18:00-18:49 再放送日 3月8日(水)18:00 -18:49 番組ホームページ[予告動画が見られます!]:http://www6.nhk.or.jp/cooljapan/ 番組フェイスブック:https://www.facebook.com/cooljapan.NHK 海外約150ヵ国でも放送されます: 日本語http://www6.nhk.or.jp/cooljapan/how2watch/ お問い合わせ: 入学・就職支援室 広報係 025-779-1539 media@iuj.ac.jp

2017/02/17
IM ニュース

2月11日(土)第67回南魚沼市雪まつりの雪上特設ステージ上におきまして国際大学観光ウェブプロモーションコンテストの受賞式が開催され、南魚沼市の林市長よりコンテストで優秀な成績を収めた学生チームに表彰状と記念品が授与されました。   これは国際大学(IUJ)と南魚沼市との共同プロジェクトとして毎年行われ、南魚沼市が持つ素晴らしい観光資源の魅力を海外に向けて発信していこうという取り組みです。今回はEビジネス経営学プログラムの「ウェブテクノロジーの基礎」科目を学んでいる学生約30名、6チームが参加。 「外国人観光客にとって魅力的なパッケージツアー」をテーマとし、各グループがホームページとソーシャルメディアを融合した観光プロモーションウェブサイトを作成し、審査員の選考会を経て今回の表彰式となったものです。   授賞式には、IUJからは参加したすべての学生とジェイ・ラジャセラ副学長をはじめ、MBAプログラムの伊藤晴祥准教授、ノラ・シャーカシ講師とEビジネス経営学プログラムの ザウザウ・アウン講師が雪上ステージに招待されました。 ジェイ・ラジャセラ副学長は、このプロジェクトをサポートしてくれた南魚沼市観光部の方々をはじめ、すべての関係者に謝辞を述べ、学生には「最新テクノロジーを学んで行くのはとても大事ですが、それだけではなく地域と共に活動することの大切さや、日本の文化や歴史もいっしょに学んで下さい。」と述べました。  

2017/02/15
クローズアップ

2月13日(月)にガーナ共和国の首都アクラで、Alumni Reunion &Social Gathering in Ghana が開催されました。政府関係団体、日系企業、国際大学修了生併せて40名以上の参加があり、活発なネットーキング、意見交換が行われました。 本学は2014年9月に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」に採択されました。本事業の取り組みの一環として、アフリカ諸国での人材ネットワークの構築及び人材育成を掲げています。先見の明を持ち、アフリカ進出を推進することにより、教育分野からのアフリカ支援を行います。

2017/02/13
Frontpage Article @ja

公益財団法人国際保険振興会(FALIA)による、2016年度外国人留学生向け懸賞論文コンテストにて本学学生が受賞をしました。 2等: Roselyn Asanteさん(ガーナ出身、国際経営学研究科MBAプログラム2年) 努力賞: Ma. Goretti Misiano Novillaさん(フィリピン出身、国際関係学研究科国際開発学2年) 懸賞論文コンテスト受賞者リストと授賞式の詳細、また、2等を受賞したRoselynさんの論文がPDFで下記のURLよりご覧いただけます。 公益財団法人国際保険振興会(FALIA):http://www.falia.or.jp/j_essay_conpetition.html

2017/02/08
Frontpage Article @ja

浦佐駅東口側通路内に掲示されている国際大学(IUJ)の看板が新しくなりました! 桜の木の下に集う各国の学生達の写真の下に、地域の皆様にもIUJについて理解を深めていただけるよう、IUJの特徴と2つの研究科名を和英で記しました。 (全ての教育を英語で行う大学院大学、9月入学制、異文化環境下での学・住一体型教育、強固な修了生ネットワークなど) これまでに116ヵ国4,000人以上の修了生を輩出しているIUJ。 地域の方々への感謝と、これからも多くの方が本学で学び、世界で活躍していただきたいという願いを込めました。 (本看板は、改札口を出て左側の通路正面に掲示されています。) また、同通路両サイドの壁面に設置している掲示板のロゴも、リニューアルしました。 新しくなった看板(右)と掲示板(左)

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 20