HOME > 研究科 > GSIM > プログラム一覧 > MBA1年制プログラム > 修了要件と科目

修了要件と科目

修了要件

1年間(3学期)以上在学し、所定の単位 (32単位)を修得した上で、修士論文または特定の課題に関する研究成果の審査及び最終試験に合格すること。

2018/19年度

指定必修科目
基礎科目 13単位
• 財務会計学
• 国際経営
• マーケティング・マネジメント
• 組織行動論
• 経営戦略
• 企業財務
• 企業の社会的責任(CSR)論
指定必修科目
キャップストーン科目
3単位
• インターナショナル・キャリア開発
• リーダーシップ・ブートキャンプ
• 戦略シミュレーション
選択必修科目 8単位 注1) • 応用企業財務
• 応用統計学
• 経営史概論
• 日本のビジネスリーダー:その開発・発展へのインパクト
• ビジネス・プレゼンテーション
• 中国経営論
• 新興市場戦略論
• 消費者行動・消費者心理
• 企業戦略論
• 異文化コミュニケーション論
• 顧客関係管理(CRM)
• 負債ファイナンスと債券市場
• デリバティブズ
• 日本の産業発展とその背後のイノベーション
• デジタル・ビジネス・モデル
• 起業財務
• 環境政策と災害管理
• 基礎経済学
• 財務諸表と経営分析
• グローバル戦略マーケティング
• 人的資源管理とタレント・マネジメント
• イノベーションと新事業創出
• 情報政策管理
• 国際金融論
• 国際税務
• 日本の企業金融と金融システム:その開発・発展へのインパクト
• 日本の企業システムと日本型経営:その開発・発展へのインパクト
• 日本の雇用慣行と人的資本の蓄積
• リーダーシップ
• マクロ経済学 Ⅰ:所得理論
• 管理会計学
• マーケティング・リサーチ
• 日本のものづくり経営
• 交渉戦略
• オペレーションズ・マネジメント
• ポートフォリオ・マネジメント
• 応用財務会計学
• マーケティング・インテリジェンス
• プロジェクト・ファイナンシング
• 製品開発におけるプロジェクトマネジメント
• リスク・マネジメント
• サービス・マネジメント
• 日本の中小企業:その開発・発展へのインパクト
• データベースデザインと経営戦略
• Eガバメント
• ビジネスのためのモバイルアプリケーション
• デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション
• IT 戦略と政策立案
• 戦略的ブランド・マネジメント
• サプライ・チェーン・マネジメント
自由選択科目 本学が提供する全ての授業科目(語学科目及びIMBAの指定必修科目を除く)は自由選択科目として履修することができます。
指定必修科目-特別演習(修士論文/ 研究レポート指導)6単位  注2) • 特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

修了要件単位数 32 単位

上記履修区分毎の必要単位数を取得することに加え、所属研究科が提供する授業科目から合計30 単位以上を取得することが求められます。

注1 選択必修科目の必要単位数は修士論文を選択した場合(8 単位)と研究レポートを選択した場合(12 単位) で異なります。選択必修科目の中から自由に科目を選択できます。
注2 特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは指定必修科目で6 単位を取得することが求められますが、研究レポートを選択した場合は6 単位中2単位のみが、修士論文を選択した場合は6 単位全てが修了要件単位に含まれます。



2019/20年度

指定必修科目
基礎科目 13単位
• 財務会計学
• 国際経営
• マーケティング・マネジメント
• 組織行動論
• 経営戦略
• 企業財務
• 企業の社会的責任(CSR)論
指定必修科目
キャップストーン科目
3単位
• インターナショナル・キャリア開発
• リーダーシップ・ブートキャンプ
• 戦略シミュレーション
選択必修科目 8単位 注1) • 応用企業財務
• 応用統計学
• 経営史概論
• 日本のビジネスリーダー:その開発・発展へのインパクト
• ビジネス・プレゼンテーション
• 中国経営論
• 新興市場戦略論
• 消費者行動・消費者心理
• 企業戦略論
• 異文化コミュニケーション論
• 顧客関係管理(CRM)
• 負債ファイナンスと債券市場
• デリバティブズ
• 日本の産業発展とその背後のイノベーション
• 起業財務
• 環境政策と災害管理
• 基礎経済学
• 財務諸表と経営分析
• グローバル戦略マーケティング
• 人的資源管理とタレント・マネジメント
• イノベーションと新事業創出
• 国際金融論
• 国際税務
• 日本の企業金融と金融システム:その開発・発展へのインパクト
• 日本の企業システムと日本型経営:その開発・発展へのインパクト
• 日本の雇用慣行と人的資本の蓄積
• リーダーシップ
• マクロ経済学 Ⅰ:所得理論
• 管理会計学
• マーケティング・リサーチ
• 日本のものづくり経営
• 交渉戦略
• オペレーションズ・マネジメント
• ポートフォリオ・マネジメント
• 応用財務会計学
• プロジェクト・ファイナンシング
• 製品開発におけるプロジェクトマネジメント
• リスク・マネジメント
• サービス・マネジメント
• 日本の中小企業:その開発・発展へのインパクト
• 戦略的ブランド・マネジメント
• サプライ・チェーン・マネジメント
選択必修科目 E-biz科目
E-bizの学生は8科目の中から8単位以上
注2)
• データ分析と人工知能
• デジタル・ビジネス・モデル
• デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション
• 情報政策管理
• Eガバメント
• 経営科学
• IT 戦略と政策立案
• マーケティング・インテリジェンス
自由選択科目 本学が提供する全ての授業科目(語学科目及びIMBAの指定必修科目を除く)は自由選択科目として履修することができます。
指定必修科目-特別演習(修士論文/ 研究レポート指導)6単位  注3) • 特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

修了要件単位数 32 単位

上記履修区分毎の必要単位数を取得することに加え、所属研究科が提供する授業科目から合計30 単位以上を取得することが求められます。

注1 選択必修科目の必要単位数は修士論文を選択した場合(8 単位)と研究レポートを選択した場合(12 単位) で異なります。選択必修科目の中から自由に科目を選択できます。
注2 E-bizの場合、修士論文を選択した場合は選択必修科目(E-biz科目)の8科目から8単位を、研究レポートを選択肢は場合は12単位(内4単位は選択必修科目(IMBA共通科目)からの履修も可)を取得することは求められます。
注3 特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは指定必修科目で6 単位を取得することが求められますが、研究レポートを選択した場合は6 単位中2単位のみが、修士論文を選択した場合は6 単位全てが修了要件単位に含まれます。

GSIM