HOME > 社会連携 > 大学とのパートナーシップ

大学とのパートナーシップ



IUJは各国の大学院や研究機関と協力的な関係を築いています。海外有名大学院との提携協定による交換留学プログラムをはじめ、共同研究、人的交流、協力体制強化のための覚書締結、リンケージ・プログラム等、様々なパートナーシップを結んでいます。


Early Spring campus scene

  • 交換留学プログラム

    アジアや欧米等の21カ国にある海外有名大学院約50校と提携協定を締結し、交換留学プログラムを実施しています。学生はこの制度を利用して、異なる文化環境・異なる教育方法のもとで学ぶ機会を得ています。また、提携校から受け入れる交換留学生は、留学プログラム終了後も特別修了生としてIUJ同窓会の一員となり、IUJのネットワークをさらにグローバルなものにしています。

    各研究科の交換留学プログラムの詳細については、ウェブサイトでご確認下さい。

  • IDPおよびPMPPリンケージ・プログラム

    国際関係学研究科(GSIR)の国際開発学プログラム(IDP)および公共経営・政策分析プログラム(PMPP)では、インドネシアにある3大学、インドネシア大学、ガジャマダ大学、パジャジャラン大学とリンケージ修士課程プログラムの協定を結んでおり、毎年約20名の学生を2年次生として受け入れ、修士論文指導も含めた教育を提供しています。IUJでの課程を修了したリンケージ学生には、派遣元大学の修士号と、国際開発学または公共経営学の修士号が授与されます。リンケージ学生は、インドネシア政府から上記3大学のいずれかに派遣されている学生の中から選抜されます。
  • MBAおよびE-Bizリンケージ・プログラム

    国際経営学研究科(GSIM)のMBAプログラムとEビジネス経営学プログラム(E-Biz)では、インドネシアのガジャマダ大学およびモンゴル科学技術大学とリンケージ修士課程プログラムの協定を結んでいます。
    各派遣元大学において1年の課程を修了した学生を、MBAまたは、E-Bizのリンケージ学生として受け入れており、IUJでの課程を終了したリンケージ学生には、派遣元大学の修士号と国際大学の修士号(経営学またはEビジネス経営学)が授与されます。

※IUJでは今後も、上記のような大学とのパートナーシップをさらに拡大したいと考えています。お問合わせはこちらまで。

国際大学 教務事務室
academic@iuj.ac.jp

 

社会連携