HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2020/05/07
Frontpage Article @ja

Daily FT(5月5日)/ 国際関係学研究科  N.S. Cooray教授の記事が掲載されました。 記事「Sri Lanka needs 332 individuals for successful post-COVID-19 economic recovery」: http://www.ft.lk/columns/Sri-Lanka-needs-332-individuals-for-successful-post-COVID-19-economic-recovery/4-699724  

2020/04/28
Frontpage Article @ja

YAHOO ニュース(4月24日)/ 伊丹学長の著書「場の論理とマネジメント」が引用されました。 記事「テレワーク下で新入社員が現場配属、「画面越し」にどう受け入れればいい?」: https://headlines.yahoo.co.jp/

2020/04/22
IR ニュース

ラジオNikkei(4月14日)/ 国際関係学研究科 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ===== テーマ:「コロナショックと新興国経済」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_7875.html ===== 欧米の感染波及にピークアウトの兆しが見える一方で、今後最も懸念されることは、人口が多く都市に貧困層を抱えるインド・ブラジル・南アフリカなど、かつてBRICSと呼ばれ脚光を浴びた新興国への本格的な感染拡大であると林 特別招聘教授は考えています。

2020/03/30
IR ニュース

ラジオNikkei(3月24日)/ 国際関係学研究科 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ===== テーマ:「新型肺炎と新興国経済」 http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200324130000 ===== 昨年の「米中貿易戦争」は、貿易と各国経済のデカップリングと言われる影響が生じ、新興国についても国内消費など経済規模が大きい国が成長を維持しましたが、今回は人と物の動きが制約を受け、中国にかぎらず、ほぼ全ての新興国の生産と消費サービスの双方に、直接的な打撃を与えたのではというご自身の考えに基づき解説しました。

2020/02/28
IR ニュース

ラジオNikkei(2月25日)/ 国際関係学研究科 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ===== テーマ:「新型肺炎とサプライチェーン」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/date/20200225/ ===== 新型肺炎・コロナウィルスが、日本企業のグローバルなサプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)にどのような影響を与えるか、生産体制の効率性と柔軟性のバランスという観点から、解説しました。

2020/02/20
Frontpage Article @ja

2020年2月19日、JICAの招聘により来日したアフリカ地域13か国(南アフリカ、ニジェール、モザンビーク、ザンビア、マラウィ、コートジボワール、ナイジェリア、タンザニア、ブルキナファソ、セネガル、南スーダン、コンゴ民主、ルワンダ)より13名の政府関係者(局長、課長など)が国際大学(IUJ)を訪問しました。 今回の訪問は、アフリカ地域の政府の政策担当者に日本のODAやJICAの留学事業、またJICA開発大学院連携プログラムとそのパートナー大学の教育内容や留学生の受入体制などについて理解を深めてもらい、各国の開発に必要な人材育成のためにJICA留学生事業を戦略的に活用してもらうことを期待して行われたものです。 IUJでは、伊丹敬之学長から歓迎のあいさつと大学の概要説明が行われ、次いで国際関係学研究科ミョー・マウン・アウン研究科長及び国際経営学研究科リー・ウェンカイ研究科長から、各研究科の教育内容について説明が行われました。その後、IUJの留学生受入体制などについて、信田グレチェン 学生センター室長が説明を行い、全員による質疑応答が行われました。 <IUJ概要、特色を説明する伊丹学長> 昼食時には学内の研究所ラウンジにて、IUJのアフリカ地域からの留学生を交えた昼食懇談会が行われ、留学生、大学関係者との交流を深めました。 <懇談会での訪問団と在学生> 午後、一行はキャンパスを視察し、その後、国際関係学研究科加藤宏教授による日本のODA及びJICA留学事業による日本とアフリカの協力関係をテーマにしたレクチャーとディスカッションに参加しました。 加藤教授からは講義の最後に若手エリートの留学先として日本は重要な国であり、留学希望者には最適な留学先を選択してもらいたいと述べ、訪問団からは、IUJとアフリカの大学との活発な交流を望む声などが上がりました。 <加藤教授による講義> IUJキャンパス訪問後、一行は地域の中核病院、スーパーなど、留学生の生活環境を視察し、滞在先である東京に戻りました。 IUJでは、今回のような各国政府の政策担当者に本学の教育内容、特色、留学生受入体制などを直接見ていただくことは大変重要な機会ととらえており、今後も積極的に留学生を受入れ、アフリカの人材育成に貢献していくことを目指しています。 学長戦略室  

2020/01/24
IR ニュース

ラジオNikkei(1月21日)/ 国際関係学研究科 林秀毅 特別招聘教授が「新興国情報」コーナーにて解説しました。 ===== テーマ:「新興国からみた世界の十大リスク」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/date/20200121/ ===== 著名政治アナリスト、イアン・ブレマー氏の「世界の十大リスク」について、新興国に焦点を当て解説しました。 米国との対立が貿易から先端技術に重点を移すだろう中国、経済改革途上で宗教対立が表面化したインド、経済・政治両面で不安定化するラテンアメリカ、米国との対立が暴発には至らないが根深いイラン、独裁的な政治の指導力低下が懸念されるトルコなどについて述べ、最後にこれらすべての国が現状、日本と友好的な関係にあることから、日本外交の役割について触れました。

2020/01/08
Frontpage Article @ja

Daily News Paper (12月31日) 国際関係学研究科 Cooray, S. Nawalage教授の記事 「W. D. Lakshman教授がスリランカ中央銀行の第15代目総裁任命について」が掲載されました 記事: http://www.ft.lk/columns/ http://www.dailynews.lk/2019/12/31/

2020/01/06
IR ニュース

ラジオNikkei(12月24日)/ 林秀毅国際関係学研究科特別招聘教授が「新興国情報」コーナーにて解説しました ===== テーマ:「今後の世界情勢と新興国経済への影響」 http://market.radionikkei.jp/marketpress/post_7532.html =====

2019/12/10
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)は、「2020年度 国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択されました。 これは、新たに海外から我が国の大学に留学する国費外国人留学生を優先的に配置することにより、各大学において優秀な留学生を獲得する仕組みの構築を促進することを目的とした事業です。 選定されたプログラムの概要は次の通りです。   「日本の発展経験をグローバルに活かす人材育成MBAプログラム」 本学のMBAプログラムは、特に新興国の発展に寄与することに重点を置き、グローバル・ビジネスの発展と社会的リーダーシップに貢献できる、社会的責任感を持つ聡明な人材を養成することを目的としています。従来のMBAプログラムに加えて、2018年に新設した日本・グローバル開発学プログラム(Japan-Global Development Program (JGDP)では、近代日本の経済発展と企業成長を主なケース教材として、普遍性のある発展と成長の理論を政治・経済・経営の分野にまたがって学びます。 興味がある方は是非、2020年2月13日(月)までに出願ください。 出願サイト:https://www.iuj.ac.jp/admis/ 国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」選定結果について http://www.mext.go.jp/   入学・就職支援室 025-779-1104 contact@iuj.ac.jp