新規検索

1046 検索結果:

来賓スピーチ

2022年度国際大学(IUJ)修了式 祝辞(和訳) ご丁寧にご紹介をいただきありがとうございます。私は麻生太郎です。 今日、私は大変幸せです。周りを見渡すと、皆さん一人ひとりが幸せそうに、とても幸せそうに見えるからです。 ミャンマーからの留学生はどこにいますか?ベトナムからは?インドネシアからは?スリランカからは? いいですね! 今日は140人以上の修了生がいるのですよね。 どうですか?幸せですか?もっと大きな声で言ってください! もう一度聞きますよ、あなたは今、幸せですか? 私も今日は幸せです。なぜなら、今日は皆さんにとって最も幸せな日だからです。   皆さんはコロナ禍を勝ち抜いた人たちです。そしてZOOMの達人でもあります。多くのことがオンラインで行われ、直接会うことが少なかったのですよね。それはとても悲しいことですよね? それでも、そのような状況でも、皆さんはたくさんの友達を作り、友情を育みました、永遠の友情を。   学位は何ですか?修士号ですか?博士号ですか? それはあなたのダイヤモンドです。貴重なものです。ご両親に見せるためのものです。 しかし、友情はもっと重要です。もっと貴重なものです。 友情はあなたの心に残り、これから50年、60年と、あなたが落ち込んでいるときにあなたを温めてくれます。   修了生の皆さん! 誇りを持って、背筋を伸ばしてください。皆さんは、最悪のパンデミック、最悪の環境の中で、多くのことを成し遂げてきたのですから。   40年前の1982年にIUJは設立されました。その実現に尽力した二人の人物がいました。銀行家の中山素平氏と、彼の生涯の友であり、戦時中にアメリカの強制収容所で苦難を味わった日系アメリカ人のジョージ・イシヤマ氏です。 中山氏は、パナソニックの創業者である松下幸之助氏をはじめ、多くの人たちから支援を受けるために努力しました。ジョージ・イシヤマ氏はいつも 中山氏を助けてくれました。中山氏とイシヤマ氏の友情が、この学校をゼロから作り上げました。 これは40年前のことです。当時、日本には英語だけで授業をする学校はありませんでした。二人にはビジョンがありました。そして、そのビジョンは実を結びました。現在、IUJはアフガニスタンからジンバブエまで、バングラデシュからザンビアまで、各国の将来のリーダーが集まる拠点となっています。   この度修了される皆さんに、私は次のように申し上げたいと思います。あなたたちは日本で成功したのですから、将来どこに行っても成功することができます。高すぎる山なんてない、と言われるように、自信を持ち、自分を信じてください。   皆さんの母国で木を育てるには10年、20年、30年かかるでしょう。あなたが誇れる木、あなたの子供や孫が誇りに思えるような木です。 根気よく、本当に辛抱強く、自分の一歩がどんなに小さくても、いつか大きな一歩になると信じて育てるのです。 もし、あなたが無理なら、あなたの子供が、その子供の子供たちが、そうしてくれるでしょう。それしかありません。それが、木を育てる唯一の方法です。 そして、その木こそが民主主義なのです。 簡単なことではありません。それはわかっています。しかし、やってみる価値はあります。だから、やってみるのです。   首相と財務大臣としての私の仕事は 世界経済を救うことでした。そしてルールに基づく秩序を維持することでした。   私が首相になったのは2008年、リーマン・ショックから9日後でした。 世界中の市場が凍りつき、市場は機能しなくなったのです。…

国際大学シンポジウム「南魚沼から世界へー豊かに生きるまちづくりと未来の創造-」8/24(水)開催のご案内

国際大学スーパーグローバル大学創成支援事業シンポジウム ~ IUJ 40th Anniversary ~ 南魚沼から世界へ -豊かに生きるまちづくりと未来の創造- 主催:国際大学  共催:南魚沼市 人口減少、労働力不足、経済活動の縮小、地域社会の活力の低下など、南魚沼市が抱える課題は我が国そのものの維持に関わっています。しかしながら、他の地域にはない、南魚沼が誇るべき地域資源は豊富にあり、それを上手く活用すれば、これらの課題克服に繋がるかもしれません。 一方で、ここにはない、外部からの人材や知識としての資源を安易に拒まず、地域に取り入れ、共にこの地域を創ることは、日本、はたまた世界の資源を循環させ、新たな価値やビジョンを創造するかもしれません。 本シンポジウムでは『地域振興』『グローバル化』『多文化共生』『事業創発』というキーワードの下、産官学民よりさまざまな立場の方をお呼びし、その経験から学び、人々が豊かに生きるまちづくりについてみなさまと一緒に考えます。   ◇日時:2022年8月24日(水)14:00~17:30 (13:30開場) ◇会場:南魚沼市民会館 大ホール (Zoomウェビナーによるオンライン配信も行います) ◇言語:日本語(英語同時通訳あり) ◇対象:ご興味・ご関心のある方はどなたでもご参加いただけます。 ◇参加費:無料 ◇参加申込:本サイト下部のお申込みフォームよりお申込みください   プログラム < 開会 >【14:00】 開会挨拶  国際大学学長 伊丹敬之 < 講演 >【14:05頃~】 講演① 「南魚沼市がめざす持続的な開発と地域の未来」南魚沼市長 林茂男氏 平成28年11月に第2代南魚沼市長に就任し、「若者が帰ってこられる 住み続けられる 南魚沼(ふるさと)に!」を掲げて、持続可能なまちづくりに取り組んでいる。豪雪地帯である当市に、大量に降り積もる雪を雪氷熱エネルギーとして雪室や空調などに利活用することで脱炭素を推進する事業に取り組んでいる。また、クマやイノシシなどによる農作物や人身への被害が全国各地で発生しており、里山の整備・再生により被害を低減するとともに、美しく豊かな森を涵養する取り組みを進めている。将来にわたり、人と自然が共生する社会をめざしている。 講演②「デスティネーション・マーケティング」株式会社 Intheory代表取締役 村木智裕氏 持続可能な地域づくりに欠かせない旅行者等の交流人口増加。その実現において重要となるのは、地域の観光需要を高めるための戦略的かつ継続的な地域単位の取組。これをデスティネーション・マーケティングと言う。国内外の成功事例を通じてそのセオリーとも言える世界標準の戦略を紹介し、今後南魚沼市や新潟県で実践可能な取組を考える。ポイントは国内にとどまらないグローバルな評価を勝ち取るとともに、デジタルの活用による効果的なマーケティングの仕組みを構築すること。「グローバル+デジタル」の視点で今後の展望を描く。=============================================================================================================================== 村木智裕氏: 1998年広島県庁入庁。財政課や県議会事務局などを経験したのち、2013年からせとうちDMOの設立を担当し2020.3までCMOを務める(2018.3広島県退職)。 現在、自治体やDMOの運営・マーケティングのサポートを行う株式会社IntheoryとインバウンドマーケティングやDXシステムを提供する合同会社Tourism Exchange Japan…

ラジオNikkei(7月26日)/ 林秀毅 特別招聘教授が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました

ラジオNikkei(7月26日)/ 林秀毅 特別招聘教授(国際関係学研究科)が「新興国マーケット情報」コーナーにて解説しました。 ======== テーマ:スリランカ情勢とインド太平洋戦略 ======== 「1.ウクライナからの穀物輸出をめぐるロシアとの交渉難航は当面続き、世界の新興国経済に大きな打撃。 2.スリランカは元々、中国に依存した過大投資とコロナ禍による観光収入の減少があり、現在、経済が破綻状態に。 一方、太平洋諸国間の政治対立に乗じ、中国がこの地域との関係強化を模索。 3.どちらも背景には、経済支援によりインド太平洋において、政治的な存在感を高めようとする中国の意図が。」

専任職員(学生募集業務等)募集

専任職員募集の詳細は次のとおりです。応募される方は「応募方法」をご覧ください。 事業所名 学校法人 国際大学 所在地 〒949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地 電話番号 025-779-1111(代表) FAX番号 025-779-4441 事業内容 大学院教育(教育・研究) 職種 大学事務(学生募集業務等) 雇用期間 雇用期間の定めなし 令和4年11月1日~ 年齢制限 あり 59歳以下 就業時間 8:30~17:00 休憩時間 60分 時間外労働 あり(月平均10時間) 給与(基本給) 154,500円~343,940円 〇基本給は年齢・経験を加味し決定します。 賞与 あり 前年度実績 年2回 休日・休暇 土日・祝日・年末年始(6日間)・創立記念日(5/14)・年次有給休暇 加入保険等 雇用 労災 健康 厚生 財形 傷害保険 退職金制度:あり 通勤手当 実費支給 上限あり 月額40,000円 採用人数 1人…

南魚沼から世界へ―豊かに生きるまちづくりと未来の創造―

Please scroll down for the English version   2022年8月3日更新 国際大学 国際大学スーパーグローバル大学創成支援事業シンポジウム ~ IUJ 40th Anniversary ~ 南魚沼から世界へ ―豊かに生きるまちづくりと未来の創造- 主催:国際大学  共催:南魚沼市 人口減少、労働力不足、経済活動の縮小、地域社会の活力の低下など、南魚沼市が抱える課題は我が国そのものの維持に関わっています。しかしながら、他の地域にはない、南魚沼が誇るべき地域資源は豊富にあり、それを上手く活用すれば、これらの課題克服に繋がるかもしれません。 一方で、ここにはない、外部からの人材や知識としての資源を安易に拒まず、地域に取り入れ、共にこの地域を創ることは、日本、はたまた世界の資源を循環させ、新たな価値やビジョンを創造するかもしれません。 本シンポジウムでは『地域振興』『グローバル化』『多文化共生』『事業創発』というキーワードの下、産官学民よりさまざまな立場の方をお呼びし、その経験から学び、人々が豊かに生きるまちづくりについてみなさまと一緒に考えます。   ◇日時:2022年8月24日(水)14:00~17:30 (13:30開場) ◇会場:南魚沼市民会館 大ホール(Zoomウェビナーによるオンライン配信も行います) ◇言語:日本語(英語同時通訳あり) ◇対象:ご興味・ご関心のある方はどなたでもご参加いただけます。 ◇参加費:無料 ◇参加申込:本サイト下部のお申込みフォームよりお申込みください   プログラム < 開会 >【14:00】 開会挨拶  国際大学学長 伊丹敬之 < 講演 >【14:05頃~】 講演① 「南魚沼市がめざす持続的な開発と地域の未来」南魚沼市長 林茂男氏 (講演概要)…

国際経営学研究科 修了生総代スピーチ

  謝辞 – 2022年度 修了生総代 国際経営学研究科 MBAプログラム Dangol, Mukesh 来賓の皆様、槍田理事長、伊丹学長、研究科長、教員の皆様、職員の皆様、そして親愛なる友人と家族の皆さん。おはようございます。   2022年度修了生の皆さん、おめでとうございます。私たちはやり遂げました。私達は人類史上最も過酷な時代のひとつに直面した学生たちです。2022年度国際経営学研究科の修了生を代表して、このような素晴らしい式典に参加できることを大変光栄に思います。   私はここにいる修了生全員を誇りに思います。私たちは本当によく頑張りました。学業成績や研究業績に対して誇りを感じるのはもちろんですが、それ以上に、私たちが本当に誇りに思うべきは、困難を克服し、この旅を共に歩み、今日の日をむかえることができたことです。   昨年の6月、IUJの春学期の終わり、私は課題の提出に追われていました。そんな時、母国の友人、Jeevanから「日本を楽しんでる?」とメッセージが届きました。「楽しんでるよ、でも今は課題のことで頭がいっぱいだよ」と返信したのが今から1年前のことです。Jeevanは、私がこれまでに会った中で最も面白い男の一人です。彼はいつも素晴らしい一発芸を披露してくれました。彼は私の高校の後輩ですが、私たちは一緒に遊び、成長してきました。特に、私たちは隣人同士だったので、サッカー、水泳、ランニングなど、思い出に残る放課後を共に過ごしました。   しばらくして、私がケースメモを書いていると、またJeevanからメッセージが飛び込んできました。「Mukesh、聞いてくれ、日本で変な風呂に入ったという話を聞いたんだ」「試したことある?もし試したことがないなら、行ってみてくれ。」と。それは明らかに、「温泉」のことでした。私は翌日、「OK、Jeevan、試してみるよ」と返事をしました。   そんなやりとりから時は流れ、晩夏の夕暮れ時、Jeevanは私達が子供のころ一緒に遊んだ近くの公園で散歩していた時突然倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。Jeevanがこの世を去ったことを告げるネパールからの電話を受け、私は衝撃を受けました。20代後半でまだ未婚でした。私の愛する後輩、兄弟、友人、隣人が突然この世から居なくなってしまったのです。   人生は予測不可能であり、何が待ち構えているか分からない。だからこそ、私たちは、精一杯生き、それぞれの瞬間を楽しまなければならないのです。   新型コロナウィルスの世界的な大流行となったこの2年間、皆さんの中には同じように身近な人を失った人もいたでしょう。中には、故郷で複雑な問題が発生したり、IUJでも幾度となく試練を経験したことと思います。しかし、私たちはそれを信じがたいほどの忍耐力と努力で乗り越えてきました。今私は、IUJで出会い、成長を共にした友人達、先輩や後輩たちのことを思い起こしています。そして、クラスメートのみなさん、あなたたちは、本当に素晴らしい。もう一度言いますが、私はあなた達を誇りに思います。   私は、このクラスの修了生総代として皆さんの記憶に残ることを望んでいません。それよりも、このクラスで学んだ努力、忍耐力、チームワークが私にとっての財産であり、そしてここで得た友情は、私の人生の中で何よりも大切なものです。ここで身に着けた資質は、今の私の一部であり、私の人生に喜びと目的を与えてくれます。 それは私達みんなに共通することではないでしょうか。   私たち一人ひとりはIUJで素晴らしい思い出を作りました。サイクリング、サッカー、バレーボール、ハイキング、水無川での水泳など、素晴らしい友人や先輩、後輩たちとの様々な活動が思い出されます。そして何より、IUJのミュージックルームで演奏した音楽やメロディーを忘れることはありません。ストレスの多い日々を送る私にとって、音楽室はストレス発散の場であり、癒しの場でもありました。さらに、Maurya先生のご自宅で行われたスピリチュアルなイベントについても触れておきたいと思います。私たちが一緒に歌った献身的な歌は、これからも私たちの心にいつまでも残り続けます。至福の時をありがとうございました。   さて、この場をお借りして、皆様の貴重なご支援とご協力に感謝の意を表したいと思います。常に私に夢を追いかけるように仕向けてくれた最愛の母、Nakali Dangolに心からの感謝の気持ちを捧げたいと思います。シングルマザーであるあなたにとって、私を育てることは簡単なことではなかったはずです。今の私があるのは、すべてあなたのおかげです。いつもありがとう、母さん。また、妻のSujataの変わらぬサポートと、息子のSumitの無邪気な励ましに感謝したいと思います。   IUJでの留学の機会を与えてくれたネパール政府、JICA、JDSにこの場を借りてお礼を申し上げます。私の指導教員であるChow先生は、研究活動のみならず学問の範囲外に至ることまで私をサポートして下さり、深く感謝しています。私は、Chow先生の指導学生の一人であることを大変誇りに思っています。初めてお会いしたとき、「マケシ、あなたは成績のために競争しているの?」と聞かれたのを覚えています。「成績は副産物にすぎません」と私が答えると、「それを聞けて嬉しい、最高の答えだ」と先生はおっしゃいました。先生はいつも、私が高い目標を目指して走り出す原動力になってくれました。ありがとうございました。   私達はユーモアを込めてIUJのことを “International University of Jail(国際刑務所大学)”、“Isolated University…

1 2 3 4 5 105