HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 2020年度 国際大学(IUJ)新入生歓迎を挙行しました

2020年度 国際大学(IUJ)新入生歓迎を挙行しました

2020/10/08 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, IM ニュース, IR ニュース, クローズアップ, ニュース ] [作成者:

 

10月2日(金)、国際大学(IUJ)は新入生歓迎の日を挙行し、新入生168名が新たな一歩を踏み出しました。本年度の新入生は世界46か国の出身者で構成されます。

 
今回の新入生歓迎の日は、新型コロナウイルスの影響で、実際に会場に集まることができた新入生は16名にとどまり、まだ来日できていない多くの新入生はオンラインで参加するという前例のない形式での開催となりました。

 
式典では冒頭に伊丹敬之学長が歓迎の挨拶を述べ(下記に全文掲載)、新入生紹介、教員紹介と続きました。

 
新学期を迎えたキャンパスはいつもより少人数でのスタートになりましたが、全ての学生が揃い、活気あふれるキャンパスが戻る日を、教職員一同心待ちにしています。

伊丹学長の歓迎の挨拶

はじめに、皆さんの入学をお祝いするとともに、何よりも、新型コロナウイルス感染症でさまざまな困難に見舞われる中、世界各地からこの浦佐の街に無事到着されたことに、心よりお祝い申し上げます。本日、入学する168名のうち、156名が日本国外の出身者、そして12名が日本出身者となっています。皆さんは合計46カ国を代表しています。
残念なことに、168名のうち、本日この入学式に出席できたのは16名のみとなりましたが、後日続々と到着されるよう願っております。また一部の入学生は母国からオンラインで入学式に参加してくれています。オンライン参加の皆さん、本日のご参加、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、私たちに大きな影響を及ぼしました。新入生の日本への入国が禁止されただけでなく、世界中の人々の移動が停止されました。国境管理は以前よりもはるかに厳格となり、当面はこの状況が続くでしょう。コロナ禍においては、人と人とをつなぐツールとして、デジタルコミュニケーションの重要性が高まりました。本学でも、昨年度の春学期はオンライン授業で対処しました。新年度においても、母国で足止めされている学生の皆さんには、オンライン学習の機会を提供する予定です。
しかし、それだけでは十分とはいえません。本学では、可能な限り対面での教育を提供することが基本方針となっています。したがって、秋学期はハイブリッド授業を試行します。これは、通学できる学生は対面授業に出席し、国外にいる学生はオンラインで同じ授業を受け、自由に議論に参加できるようにする形式の授業です。本学では、対面による出会いや交流は、授業面だけでなく、異文化の人と人とをつなぐ上でも最も重要だと考えています。実際に顔を合わせることにより、心の垣根を取り払い、国際協力をはぐくみ、グローバル化の促進へとつなげることができます。
皆さんもご存じのとおり、IUJ は小規模な大学院大学ですが、指導言語を英語とし、50 カ国以上から学生が集まり、寮生活を送っています。ここは世界が集う場所となっています。私たちはこの伝統を誇りに思うと同時に、世界が協力しあう場所へと高めていきたいと考えています。つまり、学内で国際協力が自然と生まれ、学生がどう協調すれば良いかを学べる場所を目指しています。
本学がある南魚沼は、東京からたった 90 分という立地ながら、自然と豊かな歴史に恵まれた土地です。ここは私たちに日本の原風景を思い起こさせてくれる場所です。皆さんはここで世界を学ぶと同時に、日本がどのように発展してきたかということを、英語で学ぶことができるのです。こうした国際理解が国境を越えた人脈をはぐくみ、それが国際協力のベースとなります。
さまざまなデジタルツールを効果的に活用し、真の意味で世界が協力しあう場所をつくるということ。これこそが、ポストコロナ時代において私たちが最も目指したい貢献です。今年度はその目標に向けた取り組みの始まりの年となります。皆さんもこの目標に取り組んでいただき、ともにより良い世界をつくることができればと願っています。

最後に、非英語圏の皆さんに向けて一つアドバイスをさせてください。多くの方が、IUJでの新生活で言語面の不安を抱いているかもしれません。私自身も、かつてアメリカの大学院に留学した時に同じ経験をしました。しかし、心配は無用です。本学の学内公用語は、英語ではなく、さまざまな訛りのブロークンイングリッシュです。あなただけではなく、他の多くの学生も同じです。

締めくくりとなりますが、新入生の皆さんに向けたメッセージは極めて単純明快です。それは、「よく学び、よく遊び、IUJを満喫してほしい」ということ。皆さんは極めて信頼できる大学職員と教員方に囲まれており、彼らは親身となって助けてくれることでしょう。
あらためて、入学おめでとうございます。そしてIUJへようこそ。

 

新入生歓迎の日の動画はこちらからご覧いただけます。
https://youtu.be/hDvDiNWxdxU

===
国際大学(IUJ)広報担当
025-779-1539
media@iuj.ac.jp
===