HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 国際大学(IUJ)アフリカ出身学生が「Africa Day」を開催 2019年5月25日(土)

国際大学(IUJ)アフリカ出身学生が「Africa Day」を開催 2019年5月25日(土)

2019/05/22 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, IM ニュース, IR ニュース, ニュース, 告知 ] [作成者:

5月25日(土)、学生主体で、アフリカの文化や経済、人、今後の成長を考える「Africa Day」をキャンパスで開催します。
IUJでは、日本の大学で最も多くの、JICAアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブプログラム研修生(JICA Master’s Degree and Internship Program of African Business Education Initiative for Youth)を受け入れています。

イベントでは、アフリカ大陸を東・西・南・北・中央の5地域に分け、地域ごとに学生による発表やパネルディスカッションを通して詳しくアフリカ諸国を紹介していきます。

使用言語は英語ですが、日本語同時通訳があります。予約不要。

座学後はBBQを通してネットワーキングを予定しています。

皆様のお越しをお待ちしています。

=====
Africa Day
日時:2019年5月25日(土)午前11:00~午後1:30
場所:国際大学(IUJ)松下図書情報センター(MLIC)3Fホール
言語:英語(日本語同時通訳あり)

参加費無料。予約不要。
1:30~ キャンパス内BBQエリアでネットワーキングBBQあり
=====

–IUJアフリカコミュニティからのメッセージ–
IUJでは約60名のアフリカ出身学生が学んでいます。その多くは将来、祖国の行く末を担う人材として選抜されて来日しています。
この度、学生勇姿で、教授や外部関係者を招き、アフリカの文化や経済、人、そして今後の成長を考える”AFRICA DAY アフリカ・デー”を開催することにいたしました。
みなさんはアフリカについてどの程度ご存知でしょうか?
アメリカやヨーロッパ、中国、インド、そして日本を足し合わせたのと同じくらい広いアフリカの大地。世界平均3.1%を上回る実質GDP成長率3.4%のアフリカの経済、現在12.5億人から2050年には倍増し25億人に達するといわれる人口、54カ国に2,000の言語、3,000の民族。
IUJ初の試みとなる今回のイベントでは、アフリカを5地域に分けプレゼンテーションと複数のキーノートスピーチ、パネルディスカッションを通してアフリカについてご紹介します。
座学を通じて、あるいはその後のネットワーキングBBQを通じて、アフリカについての知識を深めてみませんか?

 

=====
お問い合わせ:
入学・就職支援室 広報担当
025-779-1539
media@iuj.ac.jp
=====