HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 公益財団法人日本保険振興会 2018年度外国人留学生向け懸賞論文コンテストで、Sohag Milonさんが第1位を獲得しました

公益財団法人日本保険振興会 2018年度外国人留学生向け懸賞論文コンテストで、Sohag Milonさんが第1位を獲得しました

2019/01/22 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, IM ニュース, IR ニュース, ニュース, 国際関係学研究科 ] [作成者:

公益財団法人国際保険振興会(FALIA)による、2018年度外国人留学生向け懸賞論文コンテストで、国際開発学プログラム2年生Sohag Milonさんが第1位を獲得しました。
Milonさんは論文で、母国バングラデシュの生命保険制度の実態を分析し、日本の生命保険会社がバングラデシュ市場でどのように成功できるかを提案しました。

公益財団法人国際保険振興会(FALIA)懸賞論文ページ:
https://www.falia.or.jp/j_essay_conpetition.html

 

 
Milonさん(左から3番目)、陣内悠介准教授(右)と審査員