HOME > NEWS&TOPICS一覧 > ジャパン ビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド 2018 開催

ジャパン ビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド 2018 開催

2018/11/27 [カテゴリ: クローズアップ, ニュース, 社会連携 ] [作成者:

2018年11月24日(土)に国際大学に於いて、ジャパン ビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド 2018が開催されました。今年で4回目となる本大会は株式会社北越銀行、株式会社第四銀行及び南魚沼市地域産業支援連絡協議会(通称 ICLOVE)が主催し、新潟大学及び国際大学(IUJ)の共催により実施されました。

アイデアを競うビジネスモデルコンテストとは異なり、事業からの利益が上がるかどうか、ビジネスモデルにおける仮説及び検証をきちんと行っているか、起業がどれだけ現実的であるかに重点が置かれ、ビジネス経験豊富な現役の経営者や専門家、大学教授らの審査員により審査されます。本学からは伊藤晴祥准教授が審査員として、また、実行委員長代理としてリー ウェンカイ研究科長が参加しました。

県内の各大学から学生11チームが出場し、それぞれが約10分間のプレゼンテーションを行いました。
厳正な審査の結果、本学のマレーシアからの留学生である(Nur Adlin Binti Abu Bakar)が発表した「Ecoqua」が第四北越FG賞を受賞し、来年3月に東京で開催されるJBMC全国大会への出場権獲得と副賞として賞金10万円が贈られました。

今回発表したビジネスモデルに磨きをかけて、来年5月に米国で開催されるIBMC世界大会を目指して頑張って下さい。