学生寮(SD1・2・3、MSA)のごみ分別・排出について

                                     2013.1.1
総務室


南魚沼市(大和地区)のごみ収集・処理方法に適合させ、ごみの減量化とリサイクルの推進に協力するため、学生寮(SD1・2・3、MSA)のごみについては、各自次のとおり分別・排出して下さい。
 

1. 可燃ごみと不燃ごみの分別

寮室には、「Burnable Only」及び「Cans and Glass Bottles Only」のくずかごが備え付けられていますので分別に利用して下さい。可燃ごみと不燃ごみ(直径15cm以内のカン、ビン、瀬戸物、ガラス類、乾電池)は、確実に分別してダストルーム内に設置してある「可燃/Burnable」、「不燃/Unburnable」のそれぞれの専用容器に入れて下さい。明らかにカン、ビン等が混ざった袋をBurnable用の容器に投入している例が見受けられますが、このような状態では南魚沼市により収集を拒否されます。結果として大学で再分別作業が発生してしまうことをご理解下さい。可燃ごみと不燃ごみは必ず正確に分別して排出して下さい。
なお、キッチン、ラウンジ等の共用部に設置されているごみ容器にごみを排出する場合は、必ず「Burnable」又は「Unburnable」の表示に従い、それ以外のごみは絶対に入れないで下さい。
 

可燃ごみ

不燃ごみ

古紙等の資源ごみは、除いて分別

可燃ごみのみ

直径15cm以内のカン、ビン、瀬戸物、ガラス類、乾電池

可燃ごみ専用容器

不燃ごみ専用容器


 

2. 古紙等の資源ごみの分別

(a)ダンボール、(b)新聞、(c)牛乳パック、(d)その他(チラシ、雑誌、本、上質紙、コピー用紙、封筒等)の資源ごみ(古紙等)は、なるべく可燃ごみとしては排出せずに、(a)、(b)、(c)、(d)ごとに((c)牛乳パックは洗って乾燥させて折りたたんで)まとめて束ね、ダストルーム内の指定位置に搬出して下さい。
なお、ファイル等で金属やプラスチックが付属しているものは、そのままでは資源ごみとして排出できませんのでご注意下さい。
 

ダンボール

新聞

牛乳パック類

その他の古紙

ダンボールのみ

新聞のみ(チラシは必ず外すこと)

牛乳、ジュース類のカートンのみ

チラシ、雑誌、本、コピー用紙、その他の古紙

たたんでひもで束ねる

ひもで束ねる

洗って乾かし、開いてひもで束ねる

ひもで束ねる


 

3. 大型ごみの分別

大型ごみ(ただし、家電リサイクル法4品を除く)を排出する場合は、学寮管理人に事前に申し出て指示を受けて下さい。区分により処理方法と個人負担額が異なります。指定の方法をとらずに無断でダストルームに搬出されても処理されないうえ、他の学生の迷惑になりますので必ず学寮管理人の指示に従って行って下さい。
自動車のタイヤ、バッテリーは、南魚沼市による収集対象外ですので各自ガソリンスタンド等に持ち込んで廃棄して下さい(有料)。
 

大型ごみ

事前に学寮管理人に申し出て区分を確認し、指示を受ける

小物未満

小物

中物

大物

スキー、スノーボード、トタン、物干し竿、傘、座布団等の敷物で1uに満たないもの、照明器具、換気扇、編み機、釜、アンプ、プリンター、コード類、草刈りカマ、オノ、ナタ、針金ハンガー、鍋、一斗缶、直径10p以下で長さ150p以下の木の枝、その他同程度で袋に入るもの

畳、カーペット、布団、こたつ板、ガステーブル(2連以上)、こたつ、椅子、ストーブ、ファンヒーター、電子レンジ、餅つき器、オーブンレンジ、米びつ、作業用一輪車、自転車、乳母車、スノーダンプ、草刈り機、その他同程度のもの

ベッド(スプリングマットを除く)、ミシン(卓上型を除く)、オルガン、マッサージ機等運動用具、机、ソファー(二人掛け以上)、リヤカー(手押しを除く)、衣類乾燥機、その他同程度のもの

スプリングマット、バイク(50cc以下)、ドラム缶(200L以下)、その他同程度のもの

個人負担で処理券(\500)を貼付

個人負担で処理券(\1,000)を貼付

個人負担で処理券
(\2,000)を貼付

学寮管理人に手渡す
(大学が費用負担)

学寮管理人が
指示した時間と
場所に搬入する

学寮管理人が
指示した時間と
場所に搬入する

学寮管理人が
指示した時間と
場所に搬入する

なお、キャンパス居住学生の便宜をはかり、毎年6月の修了式前と後の1週間のみ限定で、大学負担による大型ごみの「期間限定引き受け」を行います。排出場所等具体的な方法は、その都度周知します。
 
 

4. 家電リサイクル法4品

家電リサイクル法(2001年4月1日施行)の定めにより、「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫」、「洗濯機」の4品目については、大型ごみとして廃棄できません。販売店に引き取りを依頼できる場合を除き、廃棄手続が極めて煩雑ですので、キャンパス居住学生用に次の実費相当額による大学独自のルールを設けました。家電リサイクル法4品を排出する場合は、学寮管理人に事前に申し出て指示を受けて下さい。

エアコン

5,000円

テレビ

2,000円

冷蔵庫

3,000円

洗濯機

4,000円

なお、家電リサイクル法4品は、大学負担による大型ごみ「期間限定引き受け」の対象とはなりません。
 
 

以上は、現段階におけるごみ分別・排出方法についてご協力をお願いするものです。リサイクル推進のため、今後はさらに南魚沼市による分別収集方法の細分化が予定されており、段階的に実施されます。大学としてもそれに適合させるため、その都度学内の処理ルールについて見直しを行いながら実施することになりますので、ご理解とご協力をお願いします。

ご不明の点は、総務室までお問い合わせ下さい。