学外ハウジング情報

住居

大学構内に世帯寮がありますが18室のみと数に限りがありますので、ご家族と一緒に住まわれる学生の多くは学外のアパートに居住しています。
キャンパス周辺地域や近隣の六日町、魚沼市には、のどかな田園地帯が広がり、四季折々の表情を感じることができます。
巨大なショッピングセンターやデパート等はありませんが、ジャスコ六日町店などのスーパー等が近隣にあり、普段の買い物に困ることはありません。また、子供が遊ぶには十分な広さの公園(八色の森公園<浦佐>・銭淵公園<六日町>・響きの森公園<小出>)もあります。自然豊かな環境での暮らしをぜひ満喫してください。

※ここでご紹介している学外ハウジングは、「学生寮」のページでご案内しているIUJ借り上げアパートとは異なります。契約等は不動産業者と直接交渉していただくことになりますのでご注意ください。

学生からのコメント
学外居住の在学生・修了生の経験談・アドバイスをご紹介します。

在学生Aさん

・居住地: 浦佐 ハイムグリュック
・住居タイプ: アパート、屋根付駐車場2台分
・家族構成: 妻・子供(小学生)
・間取り: 3LDK
・家賃: 5万円から7万円未満
・物件探し情報源: 不動産業者を直接訪問
・物件探しの開始時期: 3月(夏期英語集中講座の4ヶ月前)
・物件探しのポイント: IUJから近い、浦佐小学校から近い
・検討した物件数: 2件

浦佐ではなかなか物件が見つからないので、早めに物件をあたって確保された方がよいかと思います。

  1. インターネットの不動産情報では浦佐、六日町とも物件がほとんど掲載されておりません。現地の不動産会社を訪問されることをお勧めします。
  2. 冬の雪対策がなされているか確認された方がよいと思います。駐車場は屋根付きがベストです。また屋外駐車場の場合は駐車場に消雪パイプが入っているかどうかも重要です。
  3. ご家族で浦佐に住まわれる場合は駅周辺以外では車が2台必要になるかもしれません。特に冬季は買い物や通学も車でなければ難しいと思います。その場合、車2台分の駐車スペースがあるか確認が必要です。


2008年修了生Bさん

・居住地: 浦佐 カームコート
・住居タイプ: アパート・屋根付駐車場2台分
・家族構成: 妻・子供(2歳)
・間取り: 2LDK
・家賃: 7万円から9万円未満
・物件探し情報源: ウェブサイト
・物件探しの開始時期: 7月(夏期英語集中講座の期間中)
・物件探しのポイント: 新築物件、浦佐地域
・検討した物件数: 4件

大学に近い浦佐駅近辺が何かと便利ですし、ガソリン代を考慮しても浦佐がベストでしょう。
冬のことを考えると、屋根付き駐車場は必須だと思います。このアパートはテラスハウス(1階が駐車場、2階・3階が居住スペース)でしたが、以外に狭い上、階段の上り下りが煩わしかったり、子供には危険だったりして、使い勝手が悪いと感じました。また、光熱費が高く、管理費とは別に、冬期間に除雪費がかかることもありました。


2008年修了生Cさん

・居住地: 六日町 ハイムグリュック
・住居タイプ: アパート、屋根付駐車場2台分
・家族構成: 妻・長男(2歳半)・長女(6か月)
・間取り: 3LDK(72平米)
・家賃: 7万円から9万円未満
・物件探し情報源: 不動産業者を直接訪問
・物件探しの開始時期: 3月(夏期英語集中講座の4ヶ月前)
・物件探しのポイント: IUJから近い、小学校から近い
・検討した物件数: 2件

ご家族(特にお子さん連れ)で住まれる場合、六日町周辺の物件をお勧めします。生活環境が浦佐周辺より整備されており、ジャスコはじめ六日町周辺のスーパーなど、買い物には困りません。また保育園も多数あり、一時保育も充実しています。南魚沼市役所の横にある児童館も週末以外は利用出来るので、気軽に子供を遊ばせられます。また小児科、皮膚科などもあり、妻にとっては安心できる生活環境でした。
欠点は、大学から片道30分(車)かかるので、特に冬場は運転に苦労することです。また大学の仲間とキャンパス内で飲んでしまった時など、帰れなくなってしまうことも多々ありました。但し、浦佐駅から六日町までローカル電車も通っていますので(片道所要時間: 10分)、帰ろうと思えば帰れます。また救急を取り扱っている病院が浦佐及び小出のほうが多いイメージがあります。息子が怪我したときに、六日町周辺の病院に全て断られた記憶があります(結局30分以上かけて小出病院にいきました)。


このページの情報は役に立ちましたか?
はい いいえ

電子メール(任意):

コメント(任意):