HOME > NEWS&TOPICS一覧

NEWS&TOPICS一覧

2017/10/23
Web

日経新聞(10月20日)/ 「春秋」に伊丹敬之学長の記事が掲載されました 日経新聞 春秋: https://www.nikkei.com/article/DGXKZO22488930Q7A021C1MM8000/

2017/10/23
Web

Al Jazeera(10月22日)/ 「Japan snap elections: All you need to know」に信田智人教授のコメントが掲載されました Al Jazeera: http://www.aljazeera.com/news/2017/10/japan-snap-elections-171018100325909.html

2017/10/20
Radio

BSN新潟放送(10月22日)/ 衆院選特番(ラジオ)に矢内勇生講師が出演をします 10:00PM~翌1:00AM BSN: http://www.ohbsn.com/senkyo2017/

2017/10/18
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)は、2017年10月28日(土)に開催される「国際協力キャリアフェア2017」に参加をします。 IUJのブースにて、大学院の説明、ご質問にお答えします。多くの皆様のお越しをお待ちしています。 ========================================= 「国際協力キャリアフェア2017」 主催:国際開発ジャーナル社 2017年10月28日(土) 10:00-17:00 会場:TKP赤坂駅 カンファレンスセンター13階 詳細は下記をご覧ください。 国際協力キャリアフェア2017: https://www.idj.co.jp/?page_id=4654 =========================================

2017/10/18
Web

SankeiBiz(10月13日)/ 「【勇気ある経営大賞】顕彰式 丸高工業、熟練技を見える化」に伊丹敬之学長のコメントが掲載されました SankeiBiz: http://www.sankeibiz.jp/business/news/171013/bsl1710130500001-n1.htm

2017/10/13
Frontpage Article @ja

第7回 国際大学(IUJ) CHOフォーラムが10月11日(水)、キャンパスにて下記の通り開催されました。本年は、「成長戦略とグローバルリーダーの育成」をテーマに、29社31名のご参加をいただきました。 槍田理事長は挨拶の中で、9月末に行われた「新入生歓迎の日」に触れ、本年は50カ国198名の新入生を迎え、マルチナショナルな環境で寝食を共にする中で、異文化理解やリーダーシップ能力を培っている国際大学のユニークな環境を紹介、また、国際大学の海外での取り組みとして、ベトナム及びミャンマーでの研修プログラムを紹介しました。 伊丹学長の講演は「日本企業のグローバリゼーションと現地経営人材の育成」と題し、備えなければならない二種類の現地経営人材として、現地ナショナルスタッフと現地で経営の実力を発揮できる日本人を挙げ、経営教育の必要性を呼びかけました。 ゲストスピーカーの株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役員 グローバル人事業務部長 宇田 真也様からは「<みずほ>における人事戦略 -グローバルベースの競争を勝ち抜くための次世代経営リーダーの育成-」と題した講演をいただき、不足している人材と育成プログラムの事例をご紹介いただきました。講演後には、参加者から積極的な質疑や意見交換が行われました。 参加者によるグループディスカッションでは、各社の事例や課題などの意見が交わされ、和気藹々とした盛り上がりをみせました。その後、各グループの代表者が、各社の抱える課題や意見などを発表し、参加者と共有しました。 フォーラム終了後には懇親会を行い、和やかな雰囲気の中で学生も交えて懇談や意見交換が行われました。 参加者からの感想: ・グローバル人材育成という観点から他社の考え方・施策の共有が出来てよかった ・みずほフィナンシャルグループ様の具体的な人材育成アプローチ、他社人事部の方々とのディスカッションができてよかった ・企業のグローバル対応が進められている中、みずほフィナンシャルグループ様の次世代リーダー育成の具体的な方法が参考になった ・各社とも経営のグローバル化、それに必要な人材育成がなかなか進んでいないことを改めて感じた 本フォーラムは、「グローバル人材パートナーシップ覚書」締結企業・機関55社を中心に、本学にご関心をお持ちの企業の人事責任者(Chief Human Resource Officer)にご案内、2011年から東京またはキャンパスにて開催しています。今後も、企業の課題解決と人的ネットワーク構築を通じて、グローバル競争に強い人材の育成、アジア及び世界経済の持続的発展に貢献していくことを目指し、同フォーラムを継続して開催していく予定です。(詳細:http://www.iuj.ac.jp/jp/social/gp/cho/) 伊丹学長による講演 株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役員 グローバル人事業務部長 宇田氏による事例発表 グループディスカッション後の発表 記 国際大学(IUJ)第7回CHOフォーラム 2017年10月11日(水)   「グローバルリーダーの戦略的育成と課題」 於 キャンパス 松下図書・情報センター3Fホール 13:40- 開会の挨拶 理事長(前 三井物産株式会社取締役会長) 槍田 松瑩 13:45- 「日本企業のグローバリゼーションと現地法人経営人材の育成」  学長 伊丹  敬之(2017年9月就任) 14:10- 「<みずほ>における人事戦略」 株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役員 グローバル人事業務部長…

2017/10/11
Web

PR Newswire(10月11日)/ 「国際大学(IUJ)が100人を超えるインドネシア人卒業生を再結集し、創立35周年を祝う」の記事をリリースしました PR Newswire プレスリリース: http://jp.prnasia.com/story/24022-3.shtml

2017/10/05
メディア掲載

市報みなみ魚沼(10月1日号)/ 「国際大学留学生 お国自慢コーナー ~boast of my country~」に、アルモティブ リーム アハメドエヌさん(サウジアラビア出身/国際経営学研究科2017年修了)の記事が掲載されました。 下記よりご覧いただけます。学生の記事は「3ページ」です。 市報平成29年10月1日号

2017/10/02
Frontpage Article @ja

国際大学(IUJ)は、2017年度新入生を歓迎するため、9月29日(金)、『新入生歓迎の日』を体育館にて開催しました。 2017年度迎えた新入生は、国際関係学研究科113名(博士後期課程10名を含む)、国際経営学研究科84名の計197名(50か国・地域)で、IUJの特色の一つとして、ミャンマー、ベトナム、カンボジアなどアセアン諸国からの学生が多く、また、アフリカからは22カ国から学生が集まりました。 伊丹敬之学長は、「真に世界が集まる場所」「日本、アジア、アフリカを日常の交流の中で学べる場所」「世界に広がる4,000人以上の修了生ネットワークを構築しているIUJは、アジア・アフリカ・日本の中枢であり、日本と世界を繋ぐ貴重な存在」とIUJを紹介し、「新入生のみなさんは今日からそのネットワークの一部」と期待を寄せました。 槍田松瑩理事長は、今年創立35周年を迎えたことに触れ、「修了生総数は122カ国4198名、修了生組織はほぼ全ての地球上の国々・地域に広がり、広範囲の職業に亘り、グローバル・リーダーの世界的なネットワークへと育っている」と述べ、新入生が、将来祖国やグローバル社会の各界で大活躍されることに期待を寄せました。また、IUJが位置する南魚沼のユニークな環境は、「日本の文化や価値で一杯」と述べ、日本・日本人を理解するためにも地域の人々との積極的な交流をすることを奨励しました。 新入生紹介は、司会のリチャード・スミス教授が、長い名前の発音に苦戦しながらも、ABC順の国ごとに新入生一人一人の名前を読み上げる和んだ雰囲気の中、とり行われました。紹介された学生はその場に立って笑顔で手を振り、中には持参した国旗を振る学生、合掌する学生、母国語で挨拶をする学生などがいて、出身国の文化がにじみ出ていました。また、母国の民族衣装や帽子を身にまとった学生も多く、会場はとても華やかでした。   新入生の皆さん、そして交換留学生の皆さん、IUJにようこそ。 ご入学おめでとうございます!  国名、名前が読み上げられ拍手で歓迎された ティーパーティでの乾杯 新入生集合   記 2017年9月29日(金)新入生歓迎の日スケジュール 於 国際大学(IUJ)体育館 歓迎行事 (14:00-15:00) 歓迎の挨拶 学 長  伊丹 敬之 理事長  槍田 松瑩 来賓ご紹介 新入生紹介 役職者紹介 学長 伊丹 敬之 教員紹介 国際関係学研究科 国際関係学研究科長 山口 昇 国際経営学研究科 国際経営学研究科長 リー・ウェンカイ 言語教育研究センター 言語教育研究センター長 リチャード・スミス ティーパーティ(15:00-16:00)

2017/10/02
メディア掲載

毎日新聞(10月2日朝刊)/ 国際大学広告を掲載しました 国際大学広告 毎日新聞10月2日朝刊