HOME > 研究科 > GSIR > プログラム一覧 > 公共政策(PPP)

公共政策(PPP)

1年制修士課程:公共政策プログラム(PPP: Public Policy Program)は、急速に進展するグローバル化への対応が急務となっているわが国の社会において、近年最も必要とされている“国際社会に向けて日本を発信できる人材”の育成を目的とし、政府機関や地方自治体あるいは企業等において実務に就いている社会人を主な対象としたプログラムです。公共政策プログラム(PPP)は、原則として2 年以上の実務経験のある方を対象として、現在IUJ が2 年制修士課程として提供している3つのプログラム、国際関係学プログラム(IRP)、国際開発学プログラム(IDP)、公共経営・政策分析プログラム(PMPP)をベースとした3 つのコンセントレーションから構成されています。学生はいずれかのコンセントレーションを選択して、カリキュラムに取り組むことになります。
全ての修了要件を満たした学生には、修士(公共政策: Master of Public Policy)の学位が授与されます。

GSIR