HOME > 研究科 > GSIR > プログラム一覧 >  国際開発学(IDP)  > 修了要件と科目

修了要件と科目

カリキュラム

「国際開発学」「経済学」いずれの専門領域も、1年次の秋学期と冬学期には、応用研究の礎となる必修科目を履修します。その後、国際開発学では、「リサーチ方法論」と「開発経済学」を必修科目として学びます。これらの科目を通じて、科学的な分析をするために必要となる様々なコンピュータ・ソフトの使い方も修得することができます。1年次後半から2年次のカリキュラムでは、必修科目で得た知識をもとに、選択科目を履修し、さらに高度な専門知識と実践的な理論を幅広く修得します。学生は、IDP のコースだけでなく、国際関係学(IRP) や公共経営政策分析(PMPP)、さらにMBA からも多彩な科目を履修することができます。

修了要件 *2017年入学者向け

修士(国際開発学)

指定必修科目 - 基礎科目18単位 ・ミクロ経済学Ⅰ,Ⅱ
・マクロ経済学Ⅰ,Ⅱ
・経済経営数学(A)
・統計学
・計量経済学
・リサーチ方法論
・開発経済学
指定必修科目 - 特別演習6単位 ・特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(論文指導)
選択必修科目 - 応用科目12単位 (推奨科目)
・農業経済論
・マクロ経済時系列分析
・計算可能な一般均衡モデル
・企業ファイナンス
・費用便益分析
・クロスセクション・パネルデータ分析
・開発計画論(他部門モデル分析)
・環境経済論
・環境政策
・労働経済学
・財務会計
・金融資本市場と金融のグローバル化
・市場構造と政策分析
・医療経済論
・医療政策
・産業組織と公共政策
・不平等と貧困:測定と応用
・国際金融論
・国際貿易論
・投資理論
・計量経済学Ⅱ
・上級マクロ経済学:政策分析
・金融経済論と政策分析
・貨幣と銀行システム
・プロジェクト発掘評価論
・行政学
・財政学
・公的予算と財務
・公共経営学
・公共政策プロセス
・公共経済論
・数量的意思決定論
・時系列分析
・都市地域計画学
選択必修科目 - 地域科目4単位 (推奨科目)
・現代日本産業史
・日本の銀行と金融システム
・日本のエネルギー政策と規制
・日本経済論Ⅰ
・日本経済論Ⅱ
自由選択科目 - 4単位 教員の指導のもと、語学科目を除く国際大学におけるすべてのコースから選択します。
修了要件単位 - 44 単位
指定必修科目 - 共通科目1単位 ・日本の歴史と文化概論

※「日本の歴史と文化概論」は必修科目ですが、取得した単位は修了要件単位数に含まれません。

修士(経済学)

指定必修科目 - 基礎科目14単位 ・ミクロ経済学Ⅰ,Ⅱ
・マクロ経済学Ⅰ,Ⅱ
・経済経営数学(A)
・統計学
・計量経済学
指定必修科目 - 特別演習6単位 ・特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(論文指導)
選択必修科目 - 14単位 ・農業経済論
・計算可能な一般均衡モデル
・企業ファイナンス
・費用便益分析
・クロスセクション・パネルデータ分析
・開発経済学
・開発計画論(他部門モデル分析)
・環境経済論
・労働経済学
・財務会計
・金融資本市場と金融のグローバル化
・市場構造と政策分析
・医療経済論
・産業組織と公共政策
・不平等と貧困:測定と応用
・国際金融論
・国際貿易投資論
・投資理論
・上級マクロ経済学:政策分析
・金融経済論と政策分析
・貨幣と銀行システム
・財政学
・公的予算と財務
・公共経済論
・数量的意思決定論
・リサーチ方法論
・時系列分析
自由選択科目 - 10単位 教員の指導のもと、語学科目を除く国際大学におけるすべてのコースから選択します。
修了要件単位 - 44 単位
指定必修科目 - 共通科目1単位 ・日本の歴史と文化概論

※「日本の歴史と文化概論」は必修科目ですが、取得した単位は修了要件単位数に含まれません。

履修例

●修士(国際開発学)

秋学期
9月~12月
冬学期
1月~3月
春学期
4月~6月


指定必修科目 経済経営数学(A) ミクロ経済学Ⅱ リサーチ方法論
統計学 マクロ経済学Ⅱ 開発経済学
ミクロ経済学Ⅰ 計量経済学Ⅰ 特別演習Ⅰ
マクロ経済学Ⅰ (修士論文執筆指導の開始)
選択必修科目 公共経済論 応用計量経済学Ⅰ
費用便益分析 日本経済論Ⅱ:戦後日本経済論
語学科目* 初級日本語Ⅰ 初級日本語Ⅱ 初級日本語Ⅲ
計 8 単位
計 10 単位
計 10 単位


指定必修科目 特別演習Ⅱ 特別演習Ⅲ (修士論文提出・審査)
選択必修科目 クロスセクション・パネルデータ分析 医療経済論 時系列データモデル分析論
企業ファイナンス
労働経済学
日本経済論Ⅰ:日本の行財政システム
語学科目* English for Thesis Writing Ⅱ
計 10 単位
計 4 単位
計 2 単位

修得単位数:44単位
※語学科目は修了要件単位数には含まれません。

●修士(経済学)

秋学期
9月~12月
冬学期
1月~3月
春学期
4月~6月


指定必修科目 経済経営数学(A) ミクロ経済学Ⅱ 特別演習Ⅰ
統計学 マクロ経済学Ⅱ (修士論文執筆指導の開始)
ミクロ経済学Ⅰ 計量経済学
マクロ経済学Ⅰ
選択必修科目 環境経済論 開発経済学
リサーチ方法論
語学科目* Academic EnglishⅠ Academic EnglishⅡ Academic EnglishⅢ
計 8 単位
計 7 単位
計 10 単位


指定必修科目 特別演習Ⅱ 特別演習Ⅲ (修士論文提出・審査)
選択必修科目 クロスセクション・パネルデータ分析 医療経済論 時系列分析
企業ファイナンス
労働経済学
日本経済論Ⅰ:日本の行財政システム
語学科目* English for Thesis Writing Ⅱ
計 10 単位
計 4 単位
計 2 単位

修得単位数:44単位
※語学科目は修了要件単位数には含まれません。

GSIR