HOME > 研究科 > GSIR > プログラム一覧 >  国際開発学(IDP) 

 国際開発学(IDP) 

国際開発学プログラム(IDP: International Development Program)では、「国際開発学」「経済学」の2つの専門分野に関する教育を提供しており、学生は自己の関心・目的に応じていずれかを選択することができます。

「国際開発学」は、開発途上国の重要な政策課題を分析するための経済理論や統計手法を体系的に修得することにより、社会的・経済的開発に向けた経済政策、公共政策を策定し実行できるリーダーの育成を目指します。「経済学」では、特に財政政策や銀行行政を含むマクロ経済学の分野における専門知識を修得するために最新の経済理論を学び、それを現実問題に応用できる能力を集中的に養成します。すべての修了要件を満たした学生には、国際開発学または経済学の修士号が授与されます。

IDP はまた特別プログラムとして、マクロ経済政策プログラム(MPP: Macroeconomic Policy Program) を提供しています。MPP は、IMF(国際通貨基金)奨学生の中央銀行や財務省、国際機関、または民間金融機関などで働く職業人のためにデザインされたプログラムです。学生は経済理論に基づき、マクロ経済政策と公共金融、中央銀行業務と金融政策、金融市場政策等、マクロ経済に関する様々な諸課題について学びます。

GSIR