HOME > 研究科 > GSIM > プログラム一覧 > MBA1年制プログラム > 修了生メッセージ

修了生メッセージ

キャンパスから世界へ

 

人一倍勉強して、倍以上遊ぶ自信のある方、国際大学のMBA1年制プログラムを検討されてみてはいかがでしょうか?

Voices

DSC_4095

MBA1年制プログラムと2年制プログラムの大きな違いは、如何にして1年間という限られた時間の中で2年制とほぼ同じ量の勉強をしながら外国人留学生と国際交流を図って楽しむのかということに尽きます!
1年制は2年制と比べて、勉強面では単純に1.5倍の授業数を取る必要があり、更に授業以外ではグループ・ミーティングやプレゼンテーション準備、宿題、タームペーパー、研究レポートを書き上げる必要があります。国際大学は在学生の内、80%以上が約40か国から来ている外国人留学生で、ほぼ全員が寮生活という絶好の環境ですので、私生活では所属プログラムに関係なく国際交流が積極的に行われます。また、留学生との交流を通じて、各国の政治、文化、宗教、生活などをより深く理解していくことができます。しかしながら勉強や課題等に時間を要することも多く、勉強と国際交流の両立は時間との戦いになります。特に、様々な国籍の学生と行うチームプロジェクトは、互いを理解しながらの作業にかなりの時間を要し、マネジメント能力が求められます。日常的な交流以外にも、各国料理が振る舞われる夜の食事会や、週末イベント等に参加するために、普段は図書館や自習室に籠って深夜まで勉強をする必要があります。このように、1年制の学生は自らを律し、効率よく物事を進める能力を、普段の生活を通して身につけることができます。
学生の立場からすると、2年制のほうが、より深く国際交流を図り、人間関係を構築することができます。しかし企業の立場からすると、1年間でMBAを取った方が効率的という考えは当然です。人一倍勉強して、倍以上遊ぶ自信のある方、国際大学のMBA1年制プログラムを検討されてみてはいかがでしょうか?1年間でMBAを取得でき、遊びも十分に満喫できて、更に日本にいながら国際感覚を身につけることができる、大変有意義な1年間を過ごせますよ!

加古 真一

全日本空輸株式会社

GSIM