HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 国際大学(IUJ)「日本型開発学プログラム」を新設

国際大学(IUJ)「日本型開発学プログラム」を新設

2018/02/09 [カテゴリ: IM ニュース, IR ニュース, クローズアップ, ニュース, 告知 ] [作成者:

国際大学(IUJ)では、1982年大学設立以来グローバル人材育成において実績をあげてきました。2018年9月より新たなプログラム「日本型開発学プログラム (Japanese Development Program: JDP)」を設置し、さらなる国際人の育成を目指します。

この「日本型開発学プログラム」は、本学の設置の趣旨に基づき、また本学がこれまで行ってきた時代のニーズに合ったグローバル人材育成の経験と実績に鑑み、日本の明治維新以降の経済的、社会的発展の経験とその背後にある論理を英語により学ぶことが出来るプログラムであり、また国際関係学研究科国際関係学専攻修士課程および国際経営学研究科国際経営学専攻修士課程に、本学が初めて共通の履修課程として導入する新たな国際人材育成プログラムです。

新たな科目として、「明治維新後の世界の中の日本」、「日本を取り巻く国際政治経済情勢」、「日本の国際関係と外交政策」、「日本の産業発展とその背後のイノベーション」、「日本の企業システムと日本型経営」、「日本の雇用慣行と人的資本の蓄積」などが予定されており、授与される学位は、国際関係学専攻においては、修士(国際開発学)、国際経営学専攻においては、修士(経営学)となります。

日本は明治維新以降急速な経済発展を遂げてきました。本プログラムは、日本の明治維新以後の経済発展をもたらした成功例、失敗例の両面、またその背後にある経験から、経済発展と企業成長の普遍的論理について学び、将来、国際場裡で活躍する学生にとって、自国の経済発展、企業成長の戦略を検討するうえで大いに役立つものとなります。さらに、日本人にとっては、英語で自国の歴史と文化、経済発展の論理やケースを考え学ぶことにより、グローバルな視野から日本という国を海外へ発信するための有益なプログラムであると確信しています。

~学長メッセージ~
国際大学(IUJ)は、日本の経済、社会、企業のこれまでの成長と発展の歴史的経験についての新しい修士プログラム「日本型開発学プログラム」を始めます。日本の経験をケース材料として使って国や企業の発展の普遍的論理を追求するプログラムです。日本の開発経験の論理と教訓は、海外からの学生が自分の母国で発展の戦略を考えるときに役立つでしょう。また、日本人の学生にとっても、日本の発展をきちんと海外で説明できるようになることは、国際人材としての活躍に役立つでしょう。

日本型開発学プログラム (JDP) の詳細は下記PDFをご覧ください
>>>日本型開発学プログラム

本プログラム出願については下記をご覧ください:
http://www.iuj.ac.jp/jp/admis/online/

 

お問い合わせ:
入学・就職支援室
Tel: 025-779-1104
Email: contact@iuj.ac.jp