HOME > NEWS&TOPICS一覧 > 国際大学(IUJ)新入生歓迎の日を開催しました

国際大学(IUJ)新入生歓迎の日を開催しました

2017/10/02 [カテゴリ: Frontpage Article @ja, ニュース ] [作成者:

国際大学(IUJ)は、2017年度新入生を歓迎するため、9月29日(金)、『新入生歓迎の日』を体育館にて開催しました。

2017年度迎えた新入生は、国際関係学研究科113名(博士後期課程10名を含む)、国際経営学研究科84名の計197名(50か国・地域)で、IUJの特色の一つとして、ミャンマー、ベトナム、カンボジアなどアセアン諸国からの学生が多く、また、アフリカからは22カ国から学生が集まりました。

伊丹敬之学長は、「真に世界が集まる場所」「日本、アジア、アフリカを日常の交流の中で学べる場所」「世界に広がる4,000人以上の修了生ネットワークを構築しているIUJは、アジア・アフリカ・日本の中枢であり、日本と世界を繋ぐ貴重な存在」とIUJを紹介し、「新入生のみなさんは今日からそのネットワークの一部」と期待を寄せました。

槍田松瑩理事長は、今年創立35周年を迎えたことに触れ、「修了生総数は122カ国4198名、修了生組織はほぼ全ての地球上の国々・地域に広がり、広範囲の職業に亘り、グローバル・リーダーの世界的なネットワークへと育っている」と述べ、新入生が、将来祖国やグローバル社会の各界で大活躍されることに期待を寄せました。また、IUJが位置する南魚沼のユニークな環境は、「日本の文化や価値で一杯」と述べ、日本・日本人を理解するためにも地域の人々との積極的な交流をすることを奨励しました。

新入生紹介は、司会のリチャード・スミス教授が、長い名前の発音に苦戦しながらも、ABC順の国ごとに新入生一人一人の名前を読み上げる和んだ雰囲気の中、とり行われました。紹介された学生はその場に立って笑顔で手を振り、中には持参した国旗を振る学生、合掌する学生、母国語で挨拶をする学生などがいて、出身国の文化がにじみ出ていました。また、母国の民族衣装や帽子を身にまとった学生も多く、会場はとても華やかでした。

 
新入生の皆さん、そして交換留学生の皆さん、IUJにようこそ。
ご入学おめでとうございます!

 国名、名前が読み上げられ拍手で歓迎された

ティーパーティでの乾杯

新入生集合

 

2017年9月29日(金)新入生歓迎の日スケジュール
於 国際大学(IUJ)体育館

歓迎行事 (14:00-15:00)

歓迎の挨拶
学 長  伊丹 敬之
理事長  槍田 松瑩

来賓ご紹介

新入生紹介

役職者紹介 学長 伊丹 敬之

教員紹介
国際関係学研究科 国際関係学研究科長 山口 昇
国際経営学研究科 国際経営学研究科長 リー・ウェンカイ
言語教育研究センター 言語教育研究センター長 リチャード・スミス

ティーパーティ(15:00-16:00)